押川善文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おしかわ よしふみ
押川 善文
本名 古家 善文
生年月日 (1977-09-05) 1977年9月5日(40歳)
出生地 日本の旗 日本宮崎県
身長 182 cm
血液型 A型
職業 スーツアクタースタントマン
活動期間 1999年 - 2015年
事務所 ジャパンアクションエンタープライズ
主な作品
仮面ライダーシリーズ
炎神戦隊ゴーオンジャー』(ゴーオンブルー役)
侍戦隊シンケンジャー』(シンケンブルー役)
獣電戦隊キョウリュウジャー』(キョウリュウレッド役)

押川 善文(おしかわ よしふみ、1977年9月5日[1] - )は、日本の元俳優、元スタントマン。本名、古家 善文(ふるや よしふみ)。宮崎県出身。元ジャパンアクションエンタープライズ所属。身長182cm、血液型はA型。

来歴[編集]

クレジットのある役としては1999年『傷だらけの女スペシャル』の誘拐犯役で初出演[2]。スタントとしては『SMAP in ガッチャマン』を担当した後[2]2001年の『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーギルス役からヒーロー役で出演するようになる[2]

2005年の『仮面ライダー響鬼』では仮面ライダー威吹鬼役以外に、俳優としてショウキ役で顔出し出演もしている。また、『仮面ライダー龍騎』OP映像のモザイクのかかった男も押川である。
また、銃を主な武器とするライダーを演じる事が多かったことでも有名。

2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』より、主な活躍の場をスーパー戦隊シリーズに移し、2012年の『特命戦隊ゴーバスターズ』以降は以前までレッドを演じていた福沢博文がアクション監督に転向したことでレッド役を演じることになり、『烈車戦隊トッキュウジャー』までの3作品で主役戦士のスーツアクターを担当した。3作品のレッドについて押川は、それぞれキャラが異なっていたので助かったと述べている[3]

2015年2月4日、ライブコミュニティサイトスティッカム内番組であるウィークエンドネットスクールで、2015年2月をもって現役引退を発表した。映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(デネブ役・仮面ライダーギャレン役)の撮影を最後に引退した[3]

公開順ではオリジナルビデオ『行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号』の方が後であるためこちらも引退作と称される[4]。同作品では押川はトッキュウ1号役のほかに教師役で顔出し出演し、押川に縁のある高岩成二岡元次郎渡辺淳らが戦闘員役で立ち回りに参加するなど、記念作品としての一面もある[5]

人物・エピソード[編集]

空手初段の有段者[2]。趣味はサッカー[2]。好きな俳優は松田優作[2]。ダンスは苦手としている[3]

撮影現場では放浪する癖があり、出番間近に押川を探す関係者らを隠れて見ていることもあったという[3]

仮面ライダー電王』において桜井侑斗を演じた中村優一は、雑誌のインタビューにて「最終回のシーンは自然と涙が出た。押川さんともう会えなくなっちゃうんだ、と思って…。押川さんが本当に暖かい人なんで…」と語っている[6]。その後、『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』で再共演した時は押川も再会を喜んだことを語っている[3]

引退の理由は、自身の考えたアクションと実際の演技に違いが出るようになってアクションの仕事を楽しんで行うことが出来ず、自身の実力も見えたためとしている[3]。押川は『烈車戦隊トッキュウジャー』を最後のレギュラー作品と決めていたが、結果として想い入れが強すぎて空回りを感じたことを述懐している[3]

出演[編集]

※特記のない限り2010年以前のものは『JAE NAKED HERO』「LIST OF WORKS 押川善文」より[7]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

ネットムービー[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • JAC第2回プロデュース公演「NOBUNAGA-戦国異聞」(1998年、東京芸術劇場)
  • JAC第3回プロデュース公演「HIJIKATA」(1999年、東京グローブ座) - 新撰組隊士 役ほか
  • 救急戦隊ゴーゴーファイブショー(1999年、後楽園ゆうえんち野外劇場) - 使い魔インプス[8]
  • JAE Presents「白鎧亜 -HAKUGAIA-」(2010年、日替わり出演「天と地」及び、トーク)

イベント[編集]

  • チューブコンサート(1998年)
  • JAEスペシャルイベント 俺たち参上!!(2009年、シアターGロッソ)メインキャスト
  • MASKED RIDER LIVE&SHOW 〜十年祭〜(2009年、国際フォーラム)ゲスト出演

脚注[編集]

  1. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 101-111, 「09 押川善文」(東映ヒーローMAX vol.38掲載)
  2. ^ a b c d e f 宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 15頁、 雑誌コード:01843-05。
  3. ^ a b c d e f g h トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 44-45, 「Suits Actor's TALK_01 押川善文」
  4. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 45、77.
  5. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 45、62、77.
  6. ^ a b 『仮面ライダー電王キャラクターブック02 クライマックスは続くよどこまでも』 朝日新聞出版2008年3月30日ISBN 978-4-02-213820-0
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 「LIST OF WORKS 押川善文」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、123頁。ISBN 978-4-7783-1210-7
  8. ^ a b c 『東映ヒーローMAX』vol.38、辰巳出版、2011年
  9. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第4話 何のための仲間|東映[テレビ]”. 2011年7月16日閲覧。
  10. ^ 特命戦隊ゴーバスターズ|東映[テレビ]”. 2012年2月5日閲覧。
  11. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー 「ブレイブ2 ガブリンチョ!カミツキがったい」|東映[テレビ]”. 2013年2月17日閲覧。
  12. ^ 『東映ヒーローMAX VOL.48』 辰巳出版、2014年2月1日ISBN 978-4777812776
  13. ^ 『ニュータイプ10月号増刊 Newtype THE LIVE Extra 仮面ライダー龍騎 THE SPECIAL』、角川書店2002年10月1日、 109頁、 ISSN T1107010100580
  14. ^ a b 押川《ドレイク》善文さんの悲哀?”. 仮面ライダーカブト(東映公式) (2006年4月30日). 2011年7月16日閲覧。
  15. ^ 「スーツアクター対談&座談会」『仮面ライダーオーズ/OOOキャラクターブック VOL.2 Happy Birthday......』 東京ニュース通信社2011年9月9日、57頁、58頁。ISBN 978-4863361669
  16. ^ 『EPISODE RED』映画パンフレットより。
  17. ^ a b 劇場パンフレットより記載。
  18. ^ エンタミクス 2015 4月号 No.78
  19. ^ 仮面ライダーぴあ 2015, pp. 14-105, 「白倉伸一郎as「仮面ライダー」シリーズ・チーフプロデューサー」
  20. ^ 東映HM51 2015, p. 29, 「Cast Interview 中村優一」.
  21. ^ a b 公式プロフィールより
  22. ^ 『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 公式ガイドブック 一筆、天装!』 角川書店、2011年ISBN 978-4048545884
  23. ^ しいはし「緊張で死にそう」御茶男とゴーカイジャーが共演”. ナタリー. 2011年7月16日閲覧。
  24. ^ キョウリュウジャー公式完全読本 2014, p. 85, 「suits actor CROSS TALK01 押川善文×竹内康博×高田将司×浅井宏輔×野川瑞穂×大藤直樹
  25. ^ a b c d e 映画パンフレットより。
  26. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 46-49, 取材・構成 豊田朋久「TOQGER Suit Actor's TALK_02 高田将司×五味涼子×竹内康博×野川瑞穂×浅井宏輔」.
  27. ^ キョウリュウジャー公式完全読本 2014, pp. 66-69, 「director INTERVIEW02 竹本昇

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
福沢博文(14代目)
(2011年、『ゴーカイジャー』)
スーパー戦隊シリーズ
歴代レッド役スーツアクター
押川善文(15代目)
2012年、『ゴーバスターズ』 - 2014年、『トッキュウジャー』)
次代:
藤井祐伍(16代目)
2015年、『ニンニンジャー』)