劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー
未来からのメッセージ from スーパー戦隊
監督 竹本昇
脚本 香村純子
原作 八手三郎
出演者 中尾暢樹
柳美稀
南羽翔平
渡邉剣
立石晴香
國島直希
西川俊介
松本岳
中村嘉惟人
矢野優花
山谷花純
多和田秀弥
寺島進
矢柴俊博
音楽 亀山耕一郎
山下康介
製作会社 「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」製作委員会
配給 東映
公開 2017年1月14日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!
手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド(シリーズ前作)
次作 仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦
テンプレートを表示

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』(げきじょうばん どうぶつせんたいジュウオウジャーたいニンニンジャー みらいからのメッセージ フロム スーパーせんたい)は、2017年1月14日に全国東映系映画館で封切りで公開された映画特撮テレビドラマスーパー戦隊シリーズ』の『動物戦隊ジュウオウジャー』と『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のコラボ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの1つ。

キャッチコピーは「2017年スーパー戦隊大進撃!」、「本能覚醒・無限の忍タリティで最強アメイジングバトル開幕!」。

概要[編集]

本作品ではタイトルの2戦隊のほか、『秘密戦隊ゴレンジャー』から『烈車戦隊トッキュウジャー』までの歴代スーパー戦隊のレッドを始め、追加戦士を加えた全メンバーや合体ロボのイメージ[注釈 1]も登場する。歴代レッドを代表して、『ジュウオウジャー』と同じ動物をモチーフにしている[1]超獣戦隊ライブマン』のレッドファルコンの声を、オリジナルキャストの嶋大輔が2001年の『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』以来15年ぶりに担当する[2][注釈 2]

さらに、『ジュウオウジャー』の次作品『宇宙戦隊キュウレンジャー』もテレビ放送に先駆けて登場する[3][2]

スーパー戦隊VSシリーズでは「VS」と付きながら両戦隊が直接は戦わないことが多いが、本作品では両戦隊の本格的な戦いが描かれているのが特徴である[1]。監督の竹本昇は、ニンニンジャーが能動的に動き、ジュウオウジャーが巻き込まれるという形とすることで両者の特徴を強調している[1]

あらすじ[編集]

山中でキャンプを満喫していた動物戦隊ジュウオウジャーの前に5人の色とりどりの忍者が現れた。その忍者は、かつて牙鬼軍団と戦った手裏剣戦隊ニンニンジャーの初期メンバーだった。ニンニンジャーは、ジュウオウジャーを妖怪呼ばわりし、攻撃を仕掛ける。ジュウオウジャーも変身し、応戦する。

激突する風切大和 / ジュウオウイーグルと伊賀崎天晴 / アカニンジャーの前に天晴の息子を名乗る一人の少年、伊賀崎快晴と出会う。

ニンニンジャーは、ルンルンという異生物に寄り添っており、ルンルンに「正義のフリをして、自分の一族を殺したジュウオウジャーを倒して欲しい」と頼まれていた。天晴以外のニンニンジャーは、ジュウオウジャーを倒すために門藤操/ジュウオウザワールドを捕まえ、囮にしようとする。同じ頃、ニンニンジャーに苛立ちを募らすジューマンのみのジュウオウジャーは、偶然出会ったキンジ・タキガワ/スターニンジャーを捕まえる。

大和と天晴は、快晴から「明日、ジュウオウジャーとニンニンジャーが倒れ、スーパー戦隊の歴史が終わる」と告げられる。これを聞いた2人は和解し、他のメンバーに説明しようとするが、通信できない。

翌日、お互い6人目の戦士を囮にした大和以外のジュウオウジャーと天晴以外のニンニンジャーが大和と天晴の制止を無視して戦いを始めてしまう。

登場人物[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

伊賀崎快晴いがさきよしはる / アカニンジャー(子)[4][注釈 3]
伊賀崎好天のひ孫で、伊賀崎天晴の息子で、伊賀崎旋風の孫で、伊賀崎風花の甥。12歳。アカニンジャーになることを目標に忍術修業に励んでいる。
ルンルンの策略によるジュウオウジャーとニンニンジャーの戦いを止めるため、忍術を使って、12年前に赴く。未来を変えることが出来た後、新たに誕生したアカニンジャーシュリケンを使って、念願のアカニンジャーに変身[注釈 4]。父と祖父との三世代アカニンジャー[4]で幻月を倒した。ギルマーダとの戦いが終わった後、未来に帰還。
名乗りフレーズは「本日快晴かいせい!」。
ルンルン
ナリアによってデスガリアンへと招致された宇宙生物。
一見可愛い雰囲気だが、その本性は凶暴で卑劣漢。自分の一族をジュウオウジャーに殺されたと偽り、ニンニンジャーにジュウオウジャーの打倒を依頼し、両戦隊を戦わせることで自滅させることが目的。
通信を妨害する花粉を放ったり、植物を使った拘束能力、自身の意思に関係ない言葉を発する植物製マスクを作ることもできる。
ギルマーダ
ルンルンの正体。数々の星でその星のヒーローたちを抹殺してきた「ヒーロー始末人」。
巨大な花のような風貌をしており、自身の身体から生やした根を地中に這わせることで「闇の使い[注釈 5]」を生み出すことができる。
闇の使いを全て倒され、自身も2大戦隊のジュウオウニンニンファイナル爆裂砲に敗れた後、ナリアから預かった5枚のコンティニューメダルを使用し超巨大化[注釈 6]。下半身を巨大な植物へと変貌させ、無数の触手によってワイルドトウサイドデカキングとキングシュリケンジンを合体解除へと追い込むが、歴代スーパー戦隊の繋がりの力によって誕生したワイルドトウサイシュリケンキングのジュウオウニンニン・スーパー戦隊バーストに敗れる。

戦力[編集]

レーナニル・マンオパ
アオニンジャーが使用した魔法。ジュウオウエレファントをパオンマルへと変身させた。
手裏剣忍法・動物変化の術
モモニンジャーがパンダマル、シロニンジャーがビャッコマルに変身し相手に突撃する技。
術を解いた後にはそれぞれパンダと白虎の着ぐるみを着用した状態になっていた。
野性解放忍烈斬
女性戦士4人による合体技。シロニンジャーとジュウオウタイガーがすれ違いざまに相手を切りつけ、モモニンジャーとジュウオウシャークが飛び上がり回転しながら切り裂く。
親子三代忍烈斬
天晴、快晴、旋風の三世代アカニンジャーによる一斉・忍烈斬。
ジュウオウニンニンファイナル爆裂砲
ジュウオウジャーとニンニンジャー12人がホエールチェンジガンにパワーを込めて放つ必殺技。
ワイルドトウサイシュリケンキング
歴代スーパー戦隊のエールを受けたジュウオウジャーとニンニンジャーのパワーで誕生した合体忍シュリケンが、ワイルドトウサイキングと動物手裏剣大合体した形態。ジュウオウジャーに加え、ニンニンジャーも乗り込む。
胸に装備した合体忍シュリケンにはニンニンジャーの手裏剣マークとキューブイーグルの1の文字が描かれている。この忍シュリケンを発射し分身させながら敵を攻撃したり、回転させる事で攻撃を防ぐ手裏剣シールドとしても使用できる。
必殺技は40大スーパー戦隊の戦士と歴代戦隊ロボ[注釈 7]のパワーを忍シュリケンに結集し、歴代戦隊のエンブレムをかたどったビームを発射するジュウオウニンニン・スーパー戦隊バースト[5]
ジュウオウキング 1・2・4[6]
ジュウオウワイルド 6・5・3[6]
ジュウオウキングとジュウオウワイルドの標準形態からライオンとエレファントを入れ替えた派生形態。

キャスト[編集]

伊賀崎快晴役の石川樹はオーディションで起用され、監督の竹本昇は石川の演技力やアクションを評価している[1]。ルンルンの声役の福原遥は、竹本が監督した『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』に出演した縁で起用された[1]

『動物戦隊ジュウオウジャー』
  • 風切大和 / ジュウオウイーグル(声)/ ジュウオウゴリラ(声)/ ジュウオウホエール(声) - 中尾暢樹
  • セラ(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウシャーク(声) - 柳美稀
  • レオ(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウライオン(声) - 南羽翔平
  • タスク(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウエレファント(声) - 渡邉剣
  • アム(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウタイガー(声) - 立石晴香
  • 門藤操 / ジュウオウザワールド(声) - 國島直希
  • バド(人間態) - 村上幸平
  • 森真理夫 - 寺島進
『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
  • 伊賀崎天晴 / アカニンジャー(声) - 西川俊介
  • 加藤・クラウド・八雲 / アオニンジャー(声) - 松本岳
  • 松尾凪 / キニンジャー(声) - 中村嘉惟人
  • 伊賀崎風花 / シロニンジャー(声) - 矢野優花
  • 百地霞 / モモニンジャー(声) - 山谷花純
  • キンジ・タキガワ / スターニンジャー(声) - 多和田秀弥
  • 伊賀崎快晴 / アカニンジャー(声) - 石川樹
  • 伊賀崎旋風 / アカニンジャー(声) - 矢柴俊博

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌
「レッツ!ジュウオウダンス with NINJA」
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:谷本貴義(Project.R) / 歌:大西洋平(Project.R) / コーラス:ヤング・フレッシュ
挿入歌
「忍ぶどころか、本能覚醒!」
作詞・作曲:高取ヒデアキ、大西洋平 / 編曲:大橋恵(Project.R) / 歌:Project.R(高取ヒデアキ、大西洋平)
動物戦隊ジュウオウジャー
作詞:藤林聖子 / 作曲・歌:高取ヒデアキ(Project.R) / 編曲:籠島裕昌(Project.R) / コーラス:ヤング・フレッシュ / 演奏:Z旗

映像ソフト化[編集]

2017年3月22日発売。Blu-ray / DVDでリリース。

  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊 [ブルーレイ+DVDセット]通常版(2枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典(ディスク1、ディスク2共通)
        • 劇場予告編
        • 本編後付け映像
        • ノンスーパーED
  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊 DVD通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 劇場予告編
      • 本編後付け映像
      • ノンスーパーED
  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊 [ブルーレイ+DVDセット]コレクターズパック(3枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray([ブルーレイ+DVDセット]と共通)
    • ディスク2:本編DVD(通常版と共通)
    • ディスク3:特典DVD
      • メイキング
      • 完成披露上映会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶
      • PR集
      • ジュウオウデータパーク
      • ポスタービジュアル
    • 初回限定特典
      • 貼ってはがせるジュウオウシール
      • 特製スリーブケース
  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊 DVDコレクターズパック(2枚組)
    • ディスク1:本編DVD(通常版と共通)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 完成披露上映会舞台挨拶
      • 公開初日舞台挨拶
      • PR集
      • ジュウオウデータパーク
      • ポスタービジュアル
    • 初回限定特典
      • 貼ってはがせるジュウオウシール
      • 特製スリーブケース

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 監督の竹本昇は、自身が監督した『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』との差別化として合体形態のロボットを登場させている[1]
  2. ^ 『ライブマン』を視聴していた世代が現在の保護者世代となっていることも想定している[1]
  3. ^ 雑誌『宇宙船』では、名称をアカニンジャー(快晴)と記述している[2][5]
  4. ^ たすきの部分は金色になっている。
  5. ^ 登場したのは牙鬼幻月、蛾眉雷蔵、晦正影、ジャグド、バングレイの5体。
  6. ^ 『宇宙船YEARBOOK 2017』では、名称を超巨大ギルマーダと記述している[5]
  7. ^ バリドリーン、スカイエース、バトルフィーバーからマスクマンの1号ロボ、スーパーライブロボ、スーパーターボロボ、スーパーファイブロボ、グレートイカロス、究極大獣神、牙大王、スーパー隠大将軍、バスターオーレンジャーロボ、VRVロボ、ウイングメガボイジャー、超装光ギンガイオー、マックスビクトリーロボ、タイムロボシャドウα、ガオイカロス、リボルバー天雷旋風神、オオアバレンオー、スーパーデカレンジャーロボ、マジレジェンド、アルティメットダイボウケン、サイダイゲキファイヤー、エンジンオーG12、サムライハオー、ハイパーゴセイグレート、カンゼンゴーカイオー、グレートゴーバスター、ギガントキョウリュウジン、トッキュウレインボー、覇王シュリケンジンの40機。全て過去作のスチールを流用。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g パンフレット 2017, 「INTERVIEW 監督 竹本昇
  2. ^ a b c 宇宙船155 2016, pp. 54-57, 「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」
  3. ^ スーパー戦隊41作目「キュウレンジャー」は宇宙×星座モチーフ!史上初9人組スタート - シネマトゥデイ
  4. ^ a b パンフレット 2017, 「手裏剣戦隊ニンニンジャー」
  5. ^ a b c d 宇宙船YB 2017, p. 23, 「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」
  6. ^ a b パンフレット 2017.
  7. ^ 「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」に歴代レッド40人、ライブマン嶋大輔も - 映画ナタリー
  8. ^ 「キュウレンジャー」 - テレ朝公式ページ
  9. ^ a b パンフレット 2017, 「加藤・クラウド・八雲役 松本岳」

参考文献[編集]

  • 『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』パンフレット 2017年1月14日発行 構成・文:用田邦憲 発行所:東映事業推進部
  • 宇宙船ホビージャパン
    • 『宇宙船』vol.155(WINTER 2017.冬)、ホビージャパン、2016年12月29日ISBN 978-4-7986-1360-4
    • 「宇宙船vol.156特別付録 宇宙船YEARBOOK 2017」、『宇宙船』vol.156(SPRING 2017.春)、ホビージャパン、2017年4月1日ISBN 978-4-7986-1434-2

外部リンク[編集]