竹内康博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけうち やすひろ
竹内 康博
本名 竹内 康博
生年月日 (1969-03-08) 1969年3月8日(50歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県
身長 170 cm
職業 スタントマン俳優スーツアクター
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1987年 -
配偶者 高橋恵美子
事務所 ジャパンアクションエンタープライズ
主な作品
1996年激走戦隊カーレンジャー』ブルーレーサー役 など
テンプレートを表示

竹内 康博(たけうち やすひろ、1969年3月8日[1][2][3][4][5][6] - )は、日本スタントマン俳優スーツアクターである。愛知県出身[1][2][3][4][5][6]ジャパンアクションエンタープライズ(JAE)所属。主にスーパー戦隊シリーズスーツアクターとして活躍[4]

妻は『特救指令ソルブレイン』でソルジャンヌのスーツアクトレスを担当した高橋恵美子。身長170cm。

人物[編集]

JAC(現JAE)第16期生[6]。同期には高岩成二がいる[6]

光戦隊マスクマン』より特撮の現場に参加[6][7]。『超獣戦隊ライブマン』での戦闘員役を経て、『高速戦隊ターボレンジャー』からは怪人役を担当[7]。『特捜エクシードラフト』のドラフトキース役(アクション用)でヒーローをレギュラーで担当する[7]。『超力戦隊オーレンジャー』のオーブルー役以降は、スーパー戦隊シリーズでレギュラーを務めている[4][7][5][6]。『天装戦隊ゴセイジャー』のゴセイレッドで初めて戦隊レッド役を担当[1][2][4][6][7][注釈 1]

体操の経験があったことから、トリッキーなアクションを得意とする[8][7]。竹内自身は、アクション監督が自身の適正をみて決めると自然にそうなったと述べている[7]

スーパー戦隊シリーズではグリーン役を多く担当している[1][2]。配色自体は、レッド・ブルー・イエロー・ブラックなど幅広く経験している[6]。動物的なキャラクターも得意としており、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』でゲキレッドを演じた福沢博文は竹内にレッドをやってもらいたかったと述べている[9]

筋肉質な体型をしており、竹内が演じるキャラクターの変身前を演じる俳優が同じスーツを着用する際はジャージ3-4枚を重ね着しなければならない[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮テレビドラマ[編集]

テレビスペシャル[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

ネットムービー[編集]

舞台[編集]

  • 後楽園遊園地「スーパーヒーローショー」(1987年) - バイオハンターシルバ[6]
  • 後楽園遊園地「地球戦隊ファイブマンショー」(1990年)- ファイブブラック(後期)[7]
  • 後楽園遊園地「鳥人戦隊ジェットマンショー」(1991年) - イエローオウル[6][7]
  • JAC presents「GEKITOTSU -幕末異聞- 服部半蔵VS坂本龍馬」(1997年) - 中村半次郎
  • JAE presents「忍伝 -ツルギ-」(2001年)
  • Shocking SHOCK(2004年)
  • 劇団☆新感線髑髏城の七人 -アカドクロ-」(2004年) - 関東髑髏党・鉄機兵/他
  • 劇団☆新感線「髑髏城の七人 -アオドクロ-」(2004年) - 関東髑髏党・鉄機兵/他
  • JAE Presents「白鎧亜 -HAKUGAIA-」(2010年) - 日替わり出演「天と地」及び、トーク

バラエティ[編集]

CM[編集]

イベント[編集]

  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)
  • パワーレンジャーイベント(2014年)
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 竹内は、変身前を演じる千葉雄大の身長に合わせたものと推測している[7]
  2. ^ a b クレジット表記無し

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 豪快演義 2012, pp. 114-115, 「SUITS ACTOR INTERVIEW_04 竹内康博」
  2. ^ a b c d e f トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 46-49, 取材・構成 豊田朋久「TOQGER Suit Actor's TALK_02 高田将司×五味涼子×竹内康博×野川瑞穂×浅井宏輔」
  3. ^ a b c 「NINNINGER SUIT-ACTORS TAlk_02 中田裕士×竹内康博×五味涼子×高田将司」『手裏剣戦隊ニンニンジャー公式完全読本 天下無敵』ホビージャパン、2016年6月25日、45-48頁。ISBN 978-4-7986-1248-5
  4. ^ a b c d e f g 「Zyuohger Suits-Actor Cross Talk 02 五味涼子×竹内康博×下園愛弓×高田将司」『動物戦隊ジュウオウジャー公式完全読本 野生解放』ホビージャパン、2017年6月24日、36-39頁。ISBN 978-4-7986-1472-4
  5. ^ a b c d 「KYURANGER Suits-Actor CROSS TALK_02 竹内康博×大林勝×岡元次郎×五味涼子×日下秀昭」『宇宙戦隊キュウレンジャー公式完全読本 KYURANGER THE GREAT LUCKY VOYAGE』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK 888〉、2018年9月20日、67-69頁。ISBN 978-4-7986-1776-3
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq 仮面俳優列伝 2014, pp. 71-80, 「第2章 昭和から平成へ仮面の下のイノベーション 06 竹内康博」
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 「スーパー戦隊制作の裏舞台 竹内康博」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 vol.14 烈車戦隊トッキュウジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年8月25日、32頁。ISBN 978-4-06-509525-6
  8. ^ a b 獣電戦隊キョウリュウジャー 「ブレイブ6 ストップ!うたうキャンデリラ」”. 獣電戦隊キョウリュウジャー|[東映]. 2013年3月17日閲覧。
  9. ^ 仮面俳優列伝 2014, pp. 23-35, 「第1章 Mr.平成ライダー&Mr.レッドの軌跡 02 福沢博文」(東映ヒーローMAX vol.44掲載)
  10. ^ 「[座談会]中尾暢樹×柳美稀×南羽翔平×渡邉剣×立石晴香」『宇宙船』vol.152(SPRING 2016.春)、ホビージャパン、2016年4月1日、 pp.61-63、 ISBN 978-4-7986-1218-8
  11. ^ 真剣検討・・・。”. 「motoブログ」 (2013年7月13日). 2014年3月14日閲覧。
  12. ^ ジェットマン!”. 「motoブログ」 (2011年9月5日). 2011年9月5日閲覧。
  13. ^ 『特命戦隊ゴーバスターズ キャラクターブック MISSION START!』、東京ニュース通信社、2012年、26頁。
  14. ^ 特選!!思い出の名場面「第十二回 特撮監督 佛田洋のチョイス」”. 東映ヒーローネット. 2011年7月9日閲覧。
  15. ^ 激走戦隊カーレンジャー 第33話”. 東映. 2011年7月9日閲覧。
  16. ^ 電磁戦隊メガレンジャー 第10話”. 電磁戦隊メガレンジャー 東映公式サイト. 2011年7月9日閲覧。
  17. ^ 星獣戦隊ギンガマン 第50話 こぼれ話”. 東映. 2011年7月9日閲覧。
  18. ^ 朝日ソノラマ「宇宙船 YEAR BOOK 2001」p.47
  19. ^ 特集・『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』”. 東映ヒーローネット. 2011年7月9日閲覧。
  20. ^ 東映ヒーローネット「塩谷瞬インタビュー」”. 2011年7月9日閲覧。
  21. ^ 魔法戦隊マジレンジャー 第27話”. 魔法戦隊マジレンジャー 東映公式サイト. 2011年7月9日閲覧。
  22. ^ 轟轟戦隊ボウケンジャー 第8話”. 轟轟戦隊ボウケンジャー 東映公式サイト. 2011年7月9日閲覧。
  23. ^ a b 「スーツアクター座談会」『PiKaPiKa』 pp.58 - pp.61。
  24. ^ 「スーツアクター座談会」『炎神戦隊ゴーオンジャーキャラクターブック Let's GO-ON!!!!!!!』東京ニュース通信社、2009年3月1日、36-37,66-67頁。ISBN 978-4-86336-042-6
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 公式プロフィールより。
  26. ^ 『侍戦隊シンケンジャー公式読本 真剣勝負!』グライドメディア、2010年。ISBN 978-4813080626
  27. ^ 「特撮ニュータイプ」2010年10月号、角川書店、2010年。
  28. ^ カ~レンジャー!”. motoブログ(中川素州オフィシャルブログ) (2011年5月22日). 2011年7月9日閲覧。
  29. ^ 豪快演義 2012, p. 113, 「SUITS ACTOR INTERVIEW_03 蜂須賀祐一」.
  30. ^ 豪快演義 2012, p. 95, 「LEGEND COMMENT_05 和田圭市」.
  31. ^ HYPER HOBBY』2012年3月号、徳間書店[要ページ番号]
  32. ^ 『東映ヒーローMAX VOL.48』辰巳出版、2014年2月1日。ISBN 978-4777812776
  33. ^ 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第1話”. 手裏剣戦隊ニンニンジャー 東映公式サイト. 2015年2月15日閲覧。
  34. ^ 手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド』パンフレットより
  35. ^ 動物戦隊ジュウオウジャー 第1話 どきどき動物ランド”. 東映. 2016年2月7日閲覧。
  36. ^ PRE01 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年1月20日閲覧)
  37. ^ #1 世間を騒がす快盗さ (2017年2月4日閲覧)
  38. ^ 騎士竜戦隊リュウソウジャー ケボーーーンなキャスト大発表〜‼ パート2”. 東映オフィシャルサイト. 東映. 2019年2月24日閲覧。
  39. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.31、辰巳出版、72頁。
  40. ^ or07pyqyzfg5xwqのツイート(1200823632928239616)
  41. ^ 『東映ヒーローMAX』 Vol.27、辰巳出版、2008年、54項
  42. ^ シールドの向こう側”. 「hiroshiのブログ」(前田浩公式ブログ) (2013年9月10日). 2013年9月16日閲覧。
  43. ^ 豪快演義, p. 115, SUIT ACTOR INTERVIEW_04 竹内康博.
  44. ^ 愛蔵版仮面ライダーZO超全集[要ページ番号]
  45. ^ 出演情報|株式会社ジャパンアクションエンタープライズ”. 2011年7月9日閲覧。
  46. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 88-90, 「GAIM SUIT-ACTOR'S TALK 03 今井靖彦×岡田和也×藤田慧」.
  47. ^ a b アクション・スタントならJAE 株式会社ジャパンアクションエンタープライズ”. 2019年7月27日閲覧。
  48. ^ ジャパンアクションエンタープライズ|出演情報|仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション”. ジャパンアクションエンタープライズ (2019年12月10日). 2019年12月9日閲覧。
  49. ^ 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える - Movie Walker
  50. ^ 竹内康博 - Movie Walker
  51. ^ OPクレジットより。
  52. ^ 『東映ヒーローMAXスペシャル 侍戦隊シンケンジャー INTERVIEW BOOK』辰巳出版、2009年。ISBN 978-4-7778-0690-4
  53. ^ 『『スーパー戦隊祭 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!』公式ガイドブック 武士道フルスロットル』角川書店、2010年1月30日。ISBN 978-4-04-854459-7
  54. ^ a b c 『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕 公式ガイドブック 一筆、天装!』角川書店、2011年。ISBN 978-4048545884
  55. ^ しいはし「緊張で死にそう」御茶男とゴーカイジャーが共演”. ナタリー. 2011年7月9日閲覧。
  56. ^ 「出演者・スタッフインタビュー」『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 劇場パンフレット』東映 事業推進部。
  57. ^ 『東映ヒーローMAX』vol.38、辰巳出版、2011年。
  58. ^ 公式パンフレット「横浜流星インタビュー」より
  59. ^ a b c 映画パンフレットより。
  60. ^ 東映HM59 2019, pp. 66-75, 「CROSS TALK 伊藤あさひ×結木滉星×濱正悟×横山涼×工藤遥×奥山かずさ×元木聖也」.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
福沢博文(12代目)
2006年、『ボウケンジャー』 - 2009年、『シンケンジャー』)
スーパー戦隊シリーズ
歴代レッド役スーツアクター
竹内康博(13代目)
2010年、『ゴセイジャー』)
次代:
福沢博文(14代目)
2011年、『ゴーカイジャー