未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパー戦隊Vシネマ
VSシリーズ
第6作 救急戦隊
ゴーゴーファイブ
VS
ギンガマン
2000年3月10日
第7作 未来戦隊
タイムレンジャー
VS
ゴーゴーファイブ
2001年3月9日
第8作 百獣戦隊
ガオレンジャー
VS
スーパー戦隊
2001年8月10日

未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ』は、2001年3月9日に発売されたオリジナルビデオ作品。『未来戦隊タイムレンジャー』のオリジナルビデオ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの一つ。

概要[編集]

『未来戦隊タイムレンジャー』と『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊Vシネマ第7弾。『タイムレンジャー』がスーパー戦隊Vシネマに登場したのは本作が唯一となっている[1]

両戦隊が原始時代、江戸時代、西部開拓時代それぞれにタイムスリップする。また『ゴーゴーファイブ』での敵幹部・ピエールも登場する。『ゴーゴーファイブ』本編終盤でベイエリア55は水没し、ビクトリーロボも破壊されているが、本作ではロボが健在な1999年当時から召喚するという手段で再登場を果たし、タイムロボやブイレックスとの協力によるオリジナル技「プレッシャープロミネンス」を見せる。

ゴーゴーファイブはタイムレンジャーのことを知っており、現場に急行した際に言及している。タイムレンジャー側も現代人である竜也と直人の2人がゴーゴーファイブ及びビクトリーロボのことを知っていた旨の発言をしている。さらにロンダーズファミリーも災魔一族を知っている。また、タイムレンジャーの特別編『スーパー戦隊大集合』で本作のことを取り上げている。また本作ではタイムレッドがゴーゴーファイブの名乗りを一部担当している。

時系列が明確にされていない作品の多い本シリーズとしては珍しく、時系列が明確に設定されている[2]作品となっている。

EDにはOP『JIKU〜未来戦隊タイムレンジャー〜』の英詞版『Beyond time and space』が使用された(OP・EDのクレジットは無し)。

本作品よりディスクメディアレーザーディスクからDVDへ移行し、本作品の発売に前後して『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』から『救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン』までのDVDも発売された[3][4]

あらすじ[編集]

ロンダー囚人のボリバルに立ち向かうタイムレンジャー。しかし、災魔一族の生き残りであるピエールの力でボリバルはパワーアップしてしまう。

ロンダーズファミリーに加ったピエールは、タイムレンジャーに逮捕された囚人たちの親族も強化。タイムレンジャーはゴーゴーファイブと共にロンダーズに立ち向かうが、各自別々の時代に飛ばされてしまう。

オリジナルキャラクター[編集]

メイン囚人[編集]

殺人ボクサー・ボリバル
未来世界で500人もの人を殴り殺した罪で圧縮冷凍にされていた囚人で宇宙最強を自称。
タイムレンジャーを誘き寄せるべく、都市で火災を引き起こす(この時の火災はゴーゴーファイブの巽兄弟が対処)。タイムレンジャーとの戦闘では連続攻撃に押され、ブレスリフレイザーの直撃を受けるが、ピエールから与えられた闇のパワーで圧縮冷凍を跳ね除け、右腕に闇のパワーの手甲が装着され、パンチ力が向上した上、パンチからのビームの発射も可能となった。ピエールがロンダーズに正式加入してからは、剣も使うようになる。ピエールの力で2度目の強化が施された際には、パンチで時空の穴を開け、2大戦隊を様々な時代に飛ばした上、変身システムも麻痺させた。自身はレアルと共に竜也とマトイを追って、原始時代に赴くが、変身可能となった2人の反撃に遭い、他の囚人たちが圧縮冷凍された後、ピエールと合体して、ボリピエールになる。
合成災魔ボリピエール
ピエールの魔術と呪文で、ボリバルとピエールが合体した合体災魔闘士。ボリバル同様、パンチと剣を主としており、どちらからもビームを放つ。
タイムロボαとタイムシャドウを同時に相手にしても互角以上の実力を持ち、タイムロボシャドウαのブリザードスラッシュを剣で受け止めた後、剣からのビームで合体も解除させて、タイムシャドウを戦闘不能に追い込んだ。タイムロボαとビクトリーロボのダブルソード攻撃でダメージを受けた後、ブイレックスも加えた合体技・プレッシャープロミネンスを受けて合体が解除され、ボリバルは圧縮冷凍。ピエールは空の露と消え、これにより、災魔一族は完全に滅び去った。
デザインは、体色が白から黒にすることで変化を明確にしている[5]。肩の形状などがピエールを意識している[5]

囚人軍団[編集]

ピエールがロンダーズに加入した直後に参戦。シリング以外は『タイムレンジャー』本編に登場したロンダーズ囚人の親族で構成されている(ドモン曰く「一族揃って犯罪者かよ」)。30世紀時代は、どの様な犯罪をしていたかは語られない。タイムレンジャーを誘き寄せるために町を襲撃し、ピエールによって、闇のパワーを加えられ、パワーアップを果たす。ボリバルと共にタイムレンジャーとゴーゴーファイブを過去の時代で苦しめるが、変身可能になった2大戦隊の反撃に遭い、現代に帰還後、ブレスリフレイザーで全員巨大化しないまま圧縮冷凍された。

なお、名称は、ロンダーズファミリー幹部(ドルネロ、ギエン、リラ)と同じく、世界各国の通貨単位から取っている[6]

レアル
本編第33話登場の悪徳金融業者ドゴールの双子の弟。ボリバルと共に原始時代に赴き、竜也とマトイと交戦。
名前の由来は、ブラジルの旗 ブラジルの通貨単位「レアル[6]
ルピア
本編第15話登場のスナイパー・レイホウの姉。レーザーガンが武器。ディナールと共に西部時代に赴き、アヤセ、ユウリ、ナガレ、マツリと交戦。
名前の由来は、インドの旗 インドの通貨単位「ルピア[6]
バーツ
本編第10話登場の傭兵オーグの叔父。シリングと共に江戸時代に赴き、ドモン、シオン、ショウ、ダイモンと交戦。
名前の由来は、タイ王国の旗 タイの通貨単位「バーツ[6]
ディナール
本編第12話登場の恐喝犯ゲーマルクの又従兄弟。マシンガンが武器。ルピアと共に西部時代に赴き、アヤセ、ユウリ、ナガレ、マツリと交戦。
名前の由来は、アラビア諸国の通貨単位「ディナール[6]
シリング
本編第20話登場のヘルズゲート囚ブラスター・マドウの隣人(「隣に住んでいた」だけで血縁関係は不明)。バーツと共に江戸時代に赴き、ドモン、シオン、ショウ、ダイモンと交戦。
名前の由来は、 ケニアの通貨単位「シリング[6]

装備・戦力[編集]

クロノスユニット
ブイレックスに搭載されている装置。レックスレーザーやマックスブリザードに時空の扉を開ける効果を与える。タックがブイレックスの内部に入り込み、中の空間にあったパネルのコネクタと接続・操作して使用可能となった。タックとモンドは、直人の協力を得て、クロノスユニットで時空の扉を開け、各時代に飛ばされた2大戦隊を変身可能にすると同時に現代に帰還させた。
ベクターエンド・ビートクロス
タイムレッドの技。エネルギーを全開にした2本のダブルベクターで内側から横斬りを行い、続けて上から下へ斬る。原始時代でのポリバルとの戦いで使用。
フレンドシップアタック
ブラザーシップスマッシュの応用技。ゴーグリーン、ゴーイエロー、タイムイエローの3人に持ち上げられて投げつけられたタイムグリーンがエネルギーを込めた両腕でダブルパンチを放つ。江戸時代でのバーツとシリングとの戦いで使用。
プレッシャープロミネンス
タイムロボαの必殺技。ビクトリーロボのビクトリープロミネンスのエネルギーを時空剣に移した後、ブイレックスに乗って突進しながら敵を斬りつけるもので、プレスブリザードの圧縮冷凍とビクトリープロミネンスのプラスエネルギーを兼ね備えている。ボリピエールに使用して、ボリバルを圧縮冷凍し、ピエールを消滅させた。
火を移す描写は合成ではなく、実際にブレイバーソードや時空剣に火を灯している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

主題歌
オープニングテーマ「JIKŪ 〜未来戦隊タイムレンジャー〜」
作詞:磯谷佳江 / 作曲・編曲:亀山耕一郎 / 歌:佐々木久美
エンディングテーマ「BEYOND ALL SPACE AND TIME」
英作詞:Brian Peck / 作曲・編曲:亀山耕一郎 / 歌:佐々木久美
挿入歌
「OK! タイムロボ!!」
作詞:里乃塚玲央 / 作曲・編曲:亀山耕一郎 / 歌:高尾直樹
「緊急合体! ビクトリーロボ」
作詞:桑原永江 / 作曲:渡辺俊幸 / 編曲:亀山耕一郎 / 歌:山形ユキオ

メディア[編集]

  • 2001年3月9日:VHS・DVDレンタル開始
  • 2001年7月21日:VHS・DVD発売。

ネット配信[編集]

  • 「東映特撮YouTube official」の「夏休み特別企画」の一環として、2019年8月9日から同年9月9日までの期間限定で無料配信が行われている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 変身後のタイムレッドのみ次作『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』にも登場している。
  2. ^ 「2000年10月25日」に起きた出来事として設定されている。『タイムレンジャー』本編のCase File 35「明日が来ない」のカレンダーの日付、Case File 36「素顔のままで」でホナミの拡げた新聞の日付は、それぞれ10月22、29日となっている。
  3. ^ 「DVD、ビデオ&CD情報」『宇宙船』Vol.95(2001年冬号)、朝日ソノラマ、2001年3月1日、 97頁、 雑誌コード:01843-03。
  4. ^ 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、64頁。雑誌コード:01844-04。
  5. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, p. 122
  6. ^ a b c d e f 「スーパー戦隊の常識 レジェンド戦隊編」(双葉社)125頁 2012年
  7. ^ (日本語) 未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ[公式 (夏休み特別企画)], https://www.youtube.com/watch?v=Wp_CD2oHOJQ 2019年8月11日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』グライドメディア、2012年10月16日。ISBN 978-4-8130-2180-3