救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊Vシネマ
VSシリーズ
第5作 救急戦隊
ゴーゴーファイブ
激突!
新たなる超戦士
1999年7月9日
第6作 救急戦隊
ゴーゴーファイブ
VS
ギンガマン
2000年3月10日
第7作 未来戦隊
タイムレンジャー
VS
ゴーゴーファイブ
2001年3月9日

救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン』は、2000年3月10日に発売されたオリジナルビデオ作品。『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のオリジナルビデオ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの一つ。

概要[編集]

『救急戦隊ゴーゴーファイブ』と『星獣戦隊ギンガマン』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊Vシネマ第6弾。

Vシネマオリジナルの巨大ロボ(超装光ビクトリーマーズ[1])が初登場するほか、本作品以降ゲスト側戦隊の6人目の戦士も登場するようになった[2]。また本作以降OPの映像がVシネマオリジナルのものに変更された。全員が揃う幾つかシーンで、ギンガマン側の俳優の一部が吹き替えになっている他、ハヤテ役の末吉、サヤ役の宮澤、ヒュウガ役の小川の出番が少ない。

ギンガマンはゴーゴーファイブのことを知っていたようで、リョウマの発言からわかる。逆にゴーゴーファイブはギンガマンを青山勇太の父・晴彦(本作には未登場)の描いた絵本のキャラクターとして認知していた。ボックは星の伝説の絵本のみの登場。モークはワンシーンのみ登場する。

パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー』29話・30話でも、前作のレンジャーとの共闘エピソードとして一部の映像が使用されている。

あらすじ[編集]

かつて、闇地獄に落とされた災魔一族の真の長男、闇王ギルが末弟サラマンデスによって地上に引き戻された。ギルの率いる闇の亡者に立ち向かうゴーゴーファイブだったが、亡者たちに彼らの武器はほとんど効かない。

しかし、一方でギルの起こす事件を追っていたギンガマンの持つアースだけは効果があった。ギンガマンのリョウマは、ゴーゴーファイブには危険が大きすぎると語るが、ギルの陰謀によって多くの命が脅かされていることを知ったゴーゴーファイブはそれを放ってはおけない。

災魔一族とギル、そして彼らが蘇らそうとする暗闇獣に対し、2大戦隊が協力して立ち向かう。

オリジナルキャラクター[編集]

闇王ギル(やみおうギル)
災魔一族・災魔兄弟の「闇」属性を司る真の長男。すなわち、ジルフィーザの兄。
誕生した直後に自らの生みの親であるグランディーヌを抹殺しようとした為、彼女の命を受けたピエールによって、無数の亡者がいる闇地獄に突き落とされたが、自らの力で闇地獄の頂点に登り詰め、亡者の支配者として君臨していた。その外見は悪魔然とした荒々しいもので過酷な人生を物語っており、ゴーゴーファイブとギンガマンを同時に相手にしても互角以上の実力を持つ。
暗闇獣を復活させる術を身につけたことを知ったサラマンデスから地上を破壊しつくした暁には地球の王にすると契約を交わされ、協力することにし、暗闇獣を復活させるためにホテル・スキャットを拠点とし、暗躍する。だが、本来の家族である災魔を内心では信用しておらず(サラマンデスも暗闇獣復活後はギルをグランディーヌの力で亡き者にする予定だった)、自らの体に流れる災魔の血を呪われた血と憎んでいる。
容赦ない攻撃でゴーゴーファイブとギンガマンを互角以上の強さで追い詰めるが、ゴーレッドのVモードパンチを受けて瀕死の状態となる。自身に生身の身体(災魔の血)があったことを憎みながらも最後の手段として、腹部を剣で貫き、その血で暗闇獣を復活させた。
デザインはドクロを強調することが意図されている[3]
闇の亡者(やみのもうじゃ)
ギルが闇地獄から引き連れてきた亡者たち。ゴーゴーファイブの攻撃をまったく受け付けず、たとえ倒されても復活する不死身の肉体を持つ。しかし、闇の力を無効化する効力をもったギンガマンのアースのみが弱点だった。人間に化けて暗闇獣の生贄となる人間をさらっていった。
大量に造形できるようマスクを基本としたデザインとなっている[3]
暗闇獣(くらやみじゅう)
闇地獄に眠る、災魔一族の中でも最強の魔獣といわれる伝説の邪悪なる破壊獣。
ギルが闇地獄で身につけた術と人間の血をピラミッドに捧げ満たすことで復活させようとしたが、ゴーゴーファイブとギンガマンに生け贄たちを救出され、最後の手段として、瀕死のギルが命と引き換えに自らの血を与えて復活させた。複数の触手と口からの火炎放射が武器。
圧倒的な強力さでビクトリーマーズを追い詰め、ライナーボーイをも戦闘不能にし、超装光ギンガイオーとブルタウラスが代わりに登場し、ビクトリーマーズとの3大攻撃を受けても倒れない不死身の力を持ち、ギンガイオーを合体解除させるなどして追い詰める。最期は超装光ビクトリーマーズの銀河ダブルフレアを受けて倒された。
デザイン段階から吊りによる操演が想定されている[3]

装備・戦力[編集]

超装光ビクトリーマーズ
ギンガの光で超装光化したビクトリーマーズ。コックピットにはゴーゴーファイブとギンガマンの計10人が搭乗する。
武器はジェットランスと超装光ギンガイオーの持つ超装光銀鎧剣にゴーゴーファイブのエンブレムが追加された超救急銀鎧剣
必殺技はジェットランスと超救急銀鎧剣で×字に切り裂く、銀河ダブルフレア

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

オープニングテーマ「救急戦隊ゴーゴーファイブ」
作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:渡辺俊幸 / 歌:石原慎一 / コーラス:EVE
劇中挿入歌としても使用された。
エンディングテーマ「この星を この街を」
作詞:藤林聖子 / 作曲:風戸慎介 / 編曲:佐橋俊彦 / 歌:高山成孝

メディア[編集]

VHS、レーザーディスク

  • 2001年6月21日DVD発売[5]

脚注[編集]

  1. ^ なお、玩具は両作品のロボットのパーツが異なっているため再現は不可能。逆に『ハリケンジャーVSガオレンジャー』では唯一、両作品の玩具が共通する。
  2. ^ ただし、黒騎士としての出番は少ない。キャストクレジットもOPではなく、EDだった上、モンド博士の下だった。
  3. ^ a b c 百化繚乱 下之巻 2012, p. 93
  4. ^ キャストクレジットでは、黒騎士と表記された。
  5. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 169頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3

関連項目[編集]