高橋伸顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかはし のぶあき
高橋 伸顕
生年月日 (1977-07-21) 1977年7月21日(45歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県
民族 日本人
身長 175 cm[1][2]
血液型 A型[1][2]
職業俳優
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 1996年2004年
2008年
主な作品
イタズラなKiss
星獣戦隊ギンガマン
テンプレートを表示

高橋 伸顕(たかはし のぶあき、1977年7月21日[1][2] - )は、日本の元俳優

群馬県出身[1]。かつてぱるエンタープライズ宝井プロジェクトに所属していた。

略歴[編集]

1996年、『イタズラなKiss』で山口マサ役として俳優デビュー。

1998年、『星獣戦隊ギンガマン』のヒカル / ギンガイエロー役を演じた。

引退を経て2008年に芸能界へ復帰。復帰後は宝井プロジェクトに所属していたが、後に同事務所を退所。

人物・エピソード[編集]

実家は自動車関係の仕事を営んでおり、自身も3級自動車整備士の資格を取得している[3]

釣りが趣味で、『ギンガマン』時代は共演者の照英とよく釣りに出かけていた[4]

『ギンガマン』で演じたヒカルはやせの大食いだが、これはオーディションの時に彼がそう言ったのでその役柄に決まったという。[要出典]

『ギンガマン』メイン監督の田﨑竜太は、第2話の5人が駆けつけるシーンで高橋が毎回転び、NGを出して怒ったが寄りの撮影になったときに高橋の衣裳の靴が止まりにくいものであったことに気づき、クランクイン前に田自身が「一番に駆けつけろ」と指示していたことを雪上で止まれないにも関わらず忠実に頑張っていたのだと評価を改めたという[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 窓の下の家
  • COMMUNICATION(2004年)

イベント[編集]

  • 340プレゼンツ 黄祭(2004年)[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d SPECIALPHOTOBOOK 1999, p. 75, 「PROFILE」
  2. ^ a b c 「ギンガマンメモリアル座談会」 『星獣戦隊ギンガマン超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、1999年3月10日、59-63頁。ISBN 4-09-101467-4 
  3. ^ SPECIALPHOTOBOOK 1999, pp. 24–29, 「ギンガイエロー・ヒカル」
  4. ^ SPECIALPHOTOBOOK 1999, pp. 25、75.
  5. ^ SPECIALPHOTOBOOK 1999, p. 84, 「Special Interview MainStaff & SuitsActor 田竜太」
  6. ^ 340プレゼンツ 黄祭”. 2022年4月1日閲覧。

参考文献[編集]