電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊OVシリーズ
VSシリーズ
第2作 激走戦隊
カーレンジャー
VS
オーレンジャー
1997年3月14日
第3作 電磁戦隊
メガレンジャー
VS
カーレンジャー
1998年3月13日
第4作 星獣戦隊
ギンガマン
VS
メガレンジャー
1999年3月12日

電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー』は1998年3月13日に発売されたオリジナルビデオ作品。『電磁戦隊メガレンジャー』のオリジナルビデオ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの一つ。

概要[編集]

『電磁戦隊メガレンジャー』と『激走戦隊カーレンジャー』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊OVシリーズ第3弾。

メガレンジャーの卒業写真撮影時のエピソードで、『メガレンジャー』TVシリーズ本編に比定すると、3学期に入った第46話以降、正体が一般に知られる第49話より前にあたると思われる[1]

『カーレンジャー』側はレッドレーサーと上杉実、『メガレンジャー』側はメガレッドとメガイエローの言動から互いの戦隊の存在を知らなかった様子であり、邪電王国ネジレジアのDrヒネラー及びユガンデもカーレンジャーの存在を知らずに驚く様子が見られている。

カーレンジャーの敵だったボーゾックと仲間のシグナルマンと天馬家親子はカメオ出演に留まっており[注 1]、代わって本作オリジナルの宇宙暴走族・ヘルメドーが登場する。

あらすじ[編集]

諸星学園の卒業アルバム用集合写真の撮影が行われる日にもかかわらず、宇宙から飛来した謎の光を追って出撃したメガレンジャーは、光の正体である妖精ピコットを守って、宇宙暴走族ヘルメドーを撃退する。だが今度は、どう見ても高校生とは思えない集団が学園に侵入し、ピコットを連れ去ろうとする。彼らカーレンジャーは、宇宙の友達に会いに行ける車を妖精の力で出してもらおうと思っていた。

さらにネジレジアまでもがピコットを狙って参戦する。そこへダップが現れてピコットを預かるが、それはヘルメドーの変装だった。シボレナに洗脳されたカーレンジャーがメガレンジャーを足止めしている間に、ヘルメドーは願いの力でレーザー砲を手に入れるが、カニネジラーと仲間割れしてピコットを奪われる。カニネジラーの願いによって再生サイコネジラー軍団が出現し、メガレンジャーは窮地に陥る。

正気に戻ったカーレンジャーはピコットを取り戻すが、「自分たちの夢は自分たちでかなえる」として最後の願いをメガレンジャーに譲る。妖精の力でメガテクターを装備したメガレンジャーはカーレンジャーと共に悪の勢力を打ち破り、地球での役目を終えたピコットは宇宙へと旅立っていく。

結局、撮影期間中に戻れなかったメガレンジャー5人はそろって集合写真上の丸囲みに入る羽目に。その集合写真の隣にはカーレンジャーやダップと撮った記念写真があったのだった。

オリジナルキャラクター[編集]

宇宙妖精ピコット
宇宙からやってきた妖精。2億4000年に一度、地球にやってくる。普段は貝殻の中に入っており、水をかけて2回なでると、5つまで相手が望む願いをかなえてくれる。ピコット自身は優しい性格だが、願いの内容を選ぶことはできず、正しい手順に則っていれば悪い望みでもかなえてしまう。
劇中でかなえた願いとその主は、ケーキ(みく)、カツ丼(恭介)、レーザー砲(ヘルメドー)、再生サイコネジラー軍団(カニネジラー)、メガテクター(健太)。
デザインは下條美治が担当した[2]
カニネジラー
カニ型サイコネジラー。ピコットの力を狙い、メガレンジャー・カーレンジャーに襲い掛かる。防御力が高く、カーレンジャーの攻撃を全く寄せ付けなかった。左手から放つカニバブルが得意技。カニバブルを放つ左手からは高圧の水を放つことも出来、その能力でピコットに願いを叶えさせ、サイコネジラー軍団を復活させた。
協定を破ったヘルメドーとも戦いを繰り広げる。さらにレッドレーサーからピコットを脅し取ろうとするが、欺かれてカツ丼を受け取ってしまい、もたついている間に最後の願いをメガレンジャーに使われ、レインボーインパルスとカーレンジャーの一斉攻撃で倒れた。
ビビデビの力で巨大化するも、二大ロボの前には歯が立たず、最期はウイングメガボイジャーのウインガースパルタンによって倒された。
デザインは下條美治が担当した[3]
宇宙暴走族ヘルメドー
宇宙暴走族の1人。自分専用のバイクと剣、ショットガンを持ち、自身の力で巨大化することが可能。ジェイル星の宇宙刑務所に200年の間服役中だったが、その後脱獄した。ボーゾックとの関係性はないが、彼ら同様地球を「チーキュ」、変身前の健太たちを「一般市民」と呼んでいた。ピコットを手に入れ、自らが望む暴走族だらけの世界「暴走天国」を宇宙に創造しようと企む。
野望を妨害しようとしたメガレンジャーと交戦。ドリルスナイパーカスタムやマルチアタックライフルをバイクに搭載されたバリア装置で無効化するも、メガシルバーの乱入で窮地に陥る。巨大化したが、スーパーギャラクシーメガのガトリングブラスターでバイクのバリアも破壊されてしまい、止めを刺される直前に等身大に戻り逃亡する。
その後、カーレンジャーの登場で作戦を練り直そうとしていたネジレジアを利用すべく彼らと手を組み、ダップに変装してピコットを奪取。最初の願いとして巨大レーザー砲を出現させてジェイル星を破壊するが、暴走天国を作るという最大の願いを言う前にカニネジラーにピコットを奪われる。終盤でピコットを奪い返すべくカニネジラーと対決するも、力及ばず瀕死の状態となり、シボレナによって洗脳され、以後はネジレジアの野望のためピコットを捜し求めるが、カーレンジャーの一斉攻撃とメガレンジャーのレインボーインパルスで倒れる。
ビビデビの巨大化ウイルスを注入されて行った2度目の巨大戦では、ジェイル星を消滅させたレーザー砲でメガレンジャーとカーレンジャーを消滅しようと企むが、メガウインガーのウインガーキャノンによってレーザー砲を消滅され、最期はRVロボのRVソード・激走斬りによって倒された。
デザインは野崎明が担当した[4]。テレビシリーズでのボーゾックと異なり暴走族が直接のモチーフとなっている[4]
再生サイコネジラー軍団
カニネジラーの願いにより、ピコットが再生させたサイコネジラーたち。トカゲネジラー、コンドルネジラー、ライオンネジラー、ヤマアラシネジラー、カマキリネジラーの5体が復活した。最初はメガレンジャーを圧倒し、窮地に陥れるが、メガレンジャーがメガテクターを纏い、カーレンジャーとも共闘したことで形勢が逆転。最期はカーレンジャーの一斉攻撃とメガレンジャーのレインボーインパルスによって倒された。

装備・戦力[編集]

メガテクター
本作限定のメガレンジャー用強化装甲。健太の願いとみくの涙によって出現した。
上半身と肩を包む金色のパーツで、スーツの胸部と同じ模様が中央にある。装着するとパワー・スピード・ジャンプといった各種能力を数倍にパワーアップさせる。5人一斉に光速で体当たりする必殺技レインボーインパルスも使用可能。
マーキング弾
メガスリングから発射する。打ち込んだ相手を追跡する機能がある。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

主題歌
オープニングテーマ「電磁戦隊メガレンジャー」
作詞:八手三郎 / 作曲・編曲:奥慶一 / 歌:風雅なおと
歌詞は2番を使用。
エンディングテーマ「気のせいかな」
作詞:八手三郎 / 作曲・編曲:鷹虎 / 歌:風雅なおと
挿入歌
「MEGARANGER "THE CYBERDELIX"」
英作詞:T-CRANE / 作曲・編曲:奥慶一 / 歌:MEGA MICKEY
「Don't Stop! メガシルバー」
インストゥルメンタル版が使用された。

メディア[編集]

  • 1998年3月13日:VHSレンタル開始。
  • 1998年3月21日:レーザーディスク発売。
  • 1998年7月21日:VHS発売。
  • 2001年3月21日:DVD発売[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 元総長ガイナモが店長を務める「キッチンがいなも」の弁当が登場する。またカーレンジャーの思い出の写真にはボーゾックやシグナルマンと天馬家親子が写っている物もある。

出典[編集]

  1. ^ VS超記録, p. 64.
  2. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 105.
  3. ^ 百化繚乱 下之巻 2012, p. 55.
  4. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, p. 37
  5. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 169頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

  • 『スーパー戦隊VSシリーズ 超記録ファイル』 角川書店2001年9月25日ISBN 4-04-853385-1
  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3