いのくままさお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いのくま まさお1939年9月28日 - )は、日本の元映画カメラマン満州出身。 1972年までは、本名の「猪熊雅太郎」名義でのクレジットが確認されている。

経歴[編集]

山口県にある実家の菓子店を継ぐべく、上京して菓子職人としての修行を積んでいたが、撮影の仕事に関心を持ち映像業界に転身。ムービーカメラのレンタル会社を経て、劇映画の撮影を希望して東映に入社したが、邦画が斜陽の時代をむかえていたため、空きのあった東映テレビプロダクションの撮影部に入る[1]。『特別機動捜査隊』などに携わった後に、『東京ロマン 花と蝶』で、カメラマンとして一本立ちする[2][1]

その後、東映テレビプロが制作した『人造人間キカイダー』に1番若手であったという理由で参加する[1]。以後は、主に東映の特撮番組の撮影を多く担当した[1]。特撮ヒーロー番組のエンディングのスタッフクレジットで最初に表記される事が多く、低年齢層でも読みやすい平仮名でもあるため、名前は広く知られている。

バトルフィーバーJ』から『星獣戦隊ギンガマン』終盤までスーパー戦隊シリーズのカメラマンを担当する[3][1]。その後は『がんばれ!!ロボコン』に参加経験があることから『燃えろ!!ロボコン』を担当し、そのまま後番組である『仮面ライダークウガ』以降の平成仮面ライダーシリーズに参加した[1]

平成仮面ライダーシリーズの第一作『クウガ』から『鎧武』までの全てに撮影監督として皆勤で参加を果たしている唯一の人物だった。2012年には『特命戦隊ゴーバスターズ』にて13年半ぶりに戦隊シリーズのテレビ作品で撮影監督を担当している。2014年3月公開の映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』を手掛けるなど、74歳を越えても第一線で活躍していたが、『仮面ライダー鎧武』第32・33話(石田秀範監督組)をもって撮影監督を引退した[1]

東映プロデューサーの白倉伸一郎によれば、当初は『仮面ライダーウィザード』最終話で引退を表明していたとのことである。しかし「いのくまさんにもぜひ参加していただきたかった。『ウィザード』の最終回をもって、ご本人は引退の意向を示されていたんですが、『そうおっしゃらずに』とお願いして、引き受けていただきました。あわよくば、これからもなし崩し的に…と思っていますが(笑)」と、白倉の三顧の礼をもって迎えたことにより『仮面ライダー大戦』の撮影監督として参加が決定した[4]

エピソード[編集]

  • 「いのくままさお」というクレジットでのひらがな表記(芸名)は、実家の菓子店がひらがなの屋号で商売をしていることから、店を継いだ弟から宣伝のために改名を依頼され、自らの通り名もそれで統一することにしたという。近年では同種作品に限らず制作スタッフの芸名やペンネームの使用は珍しくないが、いのくまは1970年代後期に早くも実践していたことになる[5]
  • 数多くの特撮作品に携わっているが、以前は「俺は特撮に関わるわけないんだ」と思っていたという[6]
  • 『仮面ライダークウガ』で初めてビデオ撮影に挑戦した[1]。当初はビデオ撮影の経験があるカメラマンが担当する予定であったが、急遽いのくまが担当することになり、最初は戸惑うことも多かったという[1]
  • 『仮面ライダー555』第7・8話の撮影中に、いのくまを乗せた移動車が石畳の上に転倒する事故があった[要検証 ]。その際に「息が出来ないくらい胸を打った」が、「でも痛いからってどうしようもないし」と病院からすぐに戻って撮影を再開したという。普通ならば入院するほどの事態だったので、「人間じゃないって言われましたよ(笑)」と語る[7]
  • 劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』には裁判官役でカメオ出演している[1]
  • 仮面ライダーW』第11・12話の撮影中に古希を迎え、撮影現場で仮面ライダーWに紫のちゃんちゃんこを着せられた[8]
  • パワーレンジャーシリーズを担当していたサバン・エンターテイメントのプロデューサーが東映の撮影現場を視察に訪れた際にいのくまの引き抜きを要望したが、東映プロデューサーの鈴木武幸がこれを断っている[1]
  • 仕事では休みがほとんどなかったが、仕事が好きであったので苦ではなかったと述べており、引退後は時間を持て余しているという[1]

俳優とのエピソード[編集]

多く俳優から慕われており、特に若手からはいのくまから色々なことを教わったという声が多い[1]

スタッフとのエピソード[編集]

助監督が監督へ昇格してゆく様を多く見守っており、諸田敏をはじめとして監督デビュー作をいのくまが担当したスタッフも多い[1]

  • 快傑ズバット』『燃えろアタック』などで長年コンビを組んだ監督の田中秀夫と対談した際に、いのくまは田中に対して「3本の指に入るくらいの頑固な監督です」と発言している[15]。一方、田中もいのくまに対して「相当ガンコで譲らないときがある」と発言している[16]
  • 戦隊シリーズを撮っていたころに、助監督の中澤祥次郎に「お前が監督になったら俺がカメラマンをしてやる」と約束していた。しかし中澤が戦隊の監督に昇進した時期に、いのくまは仮面ライダーシリーズに異動しており、すれ違い状態が長く続いた。そしてこの約束は『仮面ライダーキバ』第36話にて、ようやく果たされることになった。いのくまは、終始機嫌よくカメラを回し続けたという[17]
  • 高寺重徳とも親交深いが、苦言を呈したこともある。「『超力戦隊オーレンジャー』の中盤でロボットの数が増えすぎたじゃないですか。で、毎回ただ新しいロボットが出るだけみたいな話が続いちゃって(高寺に)『やたらにロボットばっかり出てくるだけど、ドラマが見えないよ。そういうのは、どうにかならないの? こっちは玩具のCM撮っている訳じゃないんだから。ドラマとお話を撮ってるわけだから』って言いましたけどね」[18]
  • 監督の坂本太郎とは同じ年齢で、家族ぐるみのつき合いをしているという。坂本が助監督だった『人造人間キカイダー』からのつき合いである。共通の趣味は釣り[6]
  • 監督の長石多可男と付き合いが古く、彼とのエピソードは枚挙に暇がない。
    • 2007年11月に行われた鈴木美潮主催の『長石祭』というイベントでさとう珠緒が語ったことによると、『超力戦隊オーレンジャー』の撮影中、いのくまと長石が口論になった場面を目撃したという。そのときさとうは「いのくまさんと監督が言い争いになったとき、ふたりの背後で言霊がケンカしているのを見た」と冗談ぽく付け加えている。
    • 『仮面ライダーカブト』で山本裕典が迫真の演技を見せて、いのくまが「オッケー!」と言って、長石に「監督、今のどう!?」と聞いたら、長石は「はっ、月を見てた!」と上の空だったという。
    • 溝口琢矢が語ったところによると『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』の撮影中がシーンの撮影でカメラのフレームから目をそらしてしまった際、すかさずいのくまが「下を向くな!」と叱り飛ばした。しかし、長石が「私が選んだ役者だ、怒るなら私を怒れ!」と言って庇ってくれたという。
    • いのくまは長石について、「昔は長石監督の指示が訳わからなくて、撮った画を見て納得したんだけど最近は監督が丸くなったのか、俺が慣れたのかはわからないけどついていけるようになった」と語っている。また、長石の感覚的な指示を若い俳優が理解できずにいるときには、いのくまが長石の意図を汲んで俳優に説明することもあるそうで「通訳だね(笑)」と話している[6]
    • 長石は2013年3月に死去し、5月に催された長石を偲ぶ会では弔辞を述べた。
  • いのくまの弟子に『大魔神カノン』でデビューを果たし、『天装戦隊ゴセイジャー』で特撮カメラを担当している野村次郎がいる。

主な撮影作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 鎧武超全集 2014.
  2. ^ 『特撮ニュータイプ』2003年9月号(角川書店)[要ページ番号]
  3. ^ ただし『太陽戦隊サンバルカン』は不参加で、メインを務めるのは『科学戦隊ダイナマン』から。
  4. ^ 『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊パンフレット 白倉伸一郎インタビュー』
  5. ^ 『宇宙船』Vol.86 1998年11月号(朝日ソノラマ) 59ページ
  6. ^ a b c 『仮面ライダー電王 公式読本』(2008年、辰巳出版)[要ページ番号]
  7. ^ 『特撮ニュータイプ』2003年11月号(角川書店)[要ページ番号]
  8. ^ [1]
  9. ^ a b 『東映ヒーローMAX』Vol.30(2009年、辰巳出版)[要ページ番号]
  10. ^ a b 『東映ヒーローMAX』Vol.20(2007年、辰巳出版)[要ページ番号]
  11. ^ a b c 『東映ヒーローMAX』Vol.8(2004年、辰巳出版)[要ページ番号]
  12. ^ 『仮面ライダーアギトグラフィティ』(2002年、朝日ソノラマ)[要ページ番号]
  13. ^ 『仮面ライダーマガジン』Spring '10(2010年、講談社)[要ページ番号]
  14. ^ 2009年5月12日放映。[出典無効]
  15. ^ ズバット大全 2002, p. 179.
  16. ^ ズバット大全 2002, p. 181.
  17. ^ [2]
  18. ^ 『ニュータイプ・ザ・アライブ2011年7月号』(2011年、角川書店)[要ページ番号]

参考文献[編集]