石田秀範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石田 秀範(いしだ ひでのり、1962年10月14日[1] - )は、日本テレビドラマ映画監督演出家富山県出身。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。愛称は「巨匠」。既婚者。

来歴[編集]

専門学校を卒業後、東映テレビプロダクションの現場に参加し、『宇宙刑事ギャバン』の最終三部作(田中秀夫監督組)より東映特撮作品の現場に携わるようになる。それ以降、『ギャバン』以降『仮面ライダードライブ』までのADK担当枠のテレビ作品すべてに、演出部として参加した。メタルヒーローシリーズの全作品に携わったうえ、『ドライブ』までの平成仮面ライダーシリーズの全作品に監督として携わった唯一の人物でもあり、そのうち4作品でパイロット演出を担当した。しかし、『仮面ライダーゴースト』にはネットムービーなどの演出には携わったもののテレビ本編へは不参加だったため、皆勤記録は途絶えることになった。

特警ウインスペクター』にてチーフ助監督に昇進し(『時空戦士スピルバン』の終盤から『機動刑事ジバン』まではチーフとセカンドを担当)、『特救指令ソルブレイン』第19話「亀ちゃんと探偵娘」にて29歳で監督デビュー。『ビーファイターカブト』第1話・第2話の助監督を務めた後に第5話より正式に監督ローテーション入りし、『仮面ライダークウガ』にて初のメイン監督を担当した。

石田本人は、元々は子供向けではなく、ごくありふれたドラマや映画の演出家になるつもりで業界に入ったとインタビューなどで述べている[要出典]

作風[編集]

非常にエキセントリックで独創的な演出(極端に画面の色を変える、それまで流れていたBGMやSEを突然消す、シリアスな話の最中に登場人物の頭上へ突如スポットライトを下ろす、など)を用いる。『仮面ライダー龍騎』で登場人物にメイド服や給仕服を着せてダンスを踊らせたり、『仮面ライダー剣』のオープニングをミュージック・ビデオ調に仕上げたりと、音楽を中心に置いたミュージカル風味の演出を用いる。『仮面ライダー555』の「てれびくんハイパーバトルビデオ」や『仮面ライダー響鬼』第1話では、「風味」にとどまらないストレートなミュージカル演出も行っている。

人物・エピソード[編集]

  • テツワン探偵ロボタック』『燃えろ!!ロボコン』では、本名の石田秀範名義ではなく「ヒデ・I」名義で活動していた。
  • 仮面ライダークウガ』が初のメイン監督作品だが、実はこれは予定外の事態で、当初は別の監督がパイロットを撮り、石田は第3話・第4話を撮る予定であった。しかしその監督が降板したため、急遽パイロットを任されることになったという。
  • 『クウガ』のパイロット組の撮影では撮影中に倒れてしまい、チーフ助監督の鈴村展弘が演出を代行した箇所もあるという。
  • 仮面ライダー鎧武/ガイム』に出演した波岡一喜から「一般のドラマは撮らないのか」と問われた際、仮面ライダーシリーズで若い俳優たちを撮ることへのこだわりを語ったという[2]
  • 台本打ち合わせでは自身の意見や要望を言うことは少ない[3]。脚本家の三条陸は「口を出さないのではなく、大事なことしか言わないタイプ」と評しているが[4]、石田自身は台本の完成後に撮影準備を始めてからアイデアが出てくるので台本段階では意見を言わないのだとしている[5]
  • 演技指導
    • 石田の演技指導は、『劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE』のメイキング映像でも見られる。
    • 「出来る役者には優しい」という見解もある[6]。『鎧武』に出演した佐野岳アフレコを、小林豊はアクションをそれぞれ石田に最初に褒められたことがその後の自信につながったと述べている[7]
    • 『555』では役者デビュー当時の綾野剛に対し、初シーンで23テイクにわたる撮り直しを命じた。それまで演技の仕事をナメていたが、このことがきっかけとなって役者として生きていくと決心した綾野は、その後もインタビューなどで恩人として石田の名を挙げており[8]、後年の『フランケンシュタインの恋』に主演した際のインタビューでも『555』当時の件を挙げ、石田に同作を観てほしいと述べている[9]
    • 仮面ライダーカブト』に出演していた水嶋ヒロは「石田監督は親父のような存在」だと慕っており[10]、石田も撮影終了後のインタビューなどでたびたび水嶋を褒めている[要出典]
    • 『鎧武』に出演した白又敦は石田の指導スタイルについて、基本的に俳優自身に考えさせるがダメ出しの中にヒントを入れていたと述べており[11]青木玄徳も石田の指導について「厳しさの中に愛情を感じる」と述べている[12]。同じく『鎧武』に出演した松田凌は、積極的な意見は受け入れてくれると証言している[13]

主な担当作品[編集]

テレビ[編集]

太字はパイロット作品。

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アマゾンズコンプリートガイド 2016, pp. 71.
  2. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 38-41, 「ARMORED RIDER COLLECTION_06 仮面ライダーシグルド/シド Interview with 波岡一喜」.
  3. ^ 東映HM53 2016, pp. 44、46.
  4. ^ 東映HM53 2016, pp. 44-45, 取材・構成 山崎優「KAMEN RIDER DRIVE STAFF INTERVIEW 三条陸」.
  5. ^ 東映HM53 2016, pp. 46-47, 取材・構成 山崎優「KAMEN RIDER DRIVE STAFF INTERVIEW 石田秀範」.
  6. ^ 仮面ライダーオーズ/OOO 第13話 「シャム猫とストレスと天才外科医」|東映[テレビ]”. 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 10、19.
  8. ^ 綾野剛、役者をナメていた自分を本気にさせてくれた
  9. ^ 綾野剛、“怪物”は一番難役「参りました」
  10. ^ KABUTO Interview 第3回 水嶋ヒロ 東映ヒーローネット
  11. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 52-53, 「ARMORED RIDER COLLECTION_10 仮面ライダー黒影/初瀬亮二 Interview with 白又敦」.
  12. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 34-37, 「ARMORED RIDER COLLECTION_05 仮面ライダーデューク/戦極凌馬 Interview with 青木玄徳」.
  13. ^ 鎧武公式完全読本 2014, pp. 34-37, 「ARMORED RIDER COLLECTION_09 仮面ライダーグリドン/城乃内秀保 Interview with 松田凌」.
  14. ^ a b c d e f 助監督との兼任。
  15. ^ a b c d e f g h i j k 最終回担当。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l 最多演出。
  17. ^ 最多演出。
  18. ^ 最終回担当。

参考文献[編集]

  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK GAIM WARNING FRUIT COCKTAIL [仮面ライダー鎧武/ガイム 公式完全読本]』 ホビージャパン〈公式完全読本シリーズ〉、東京、2014年12月13日、第1版。ISBN 978-4-7986-0933-1
  • 『東映ヒーローMAX』VOLUME 53(2016 WINTER)、辰巳出版2016年3月10日ISBN 978-4-7778-1651-4、 雑誌コード:66117-07。
  • 『HYPER MOOK『仮面ライダーアマゾンズ コンプリートガイド THE 公式』』 徳間書店〈公式完全読本シリーズ〉、東京、2016年10月7日、第1版。