若松俊秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わかまつ としひで
若松 俊秀
本名 若松 俊秀
生年月日 (1965-12-06) 1965年12月6日(52歳)
出生地 日本の旗, 宮崎県都城市
民族 日本人
身長 177cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1988年 -
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
鳥人戦隊ジェットマン
炎立つ』『暴れん坊将軍VI

若松 俊秀(わかまつ としひで、1965年12月6日 - )は、日本俳優。本名同じ[1]ケィ☆サイド所属。

宮崎県都城市出身。身長177cm。血液型A型[1][2]

人物・略歴[編集]

  • 少年時代は自身曰く、「『となりのトトロ』のメイを男にした様な子供」で「誰かの後ろから付いていく」タイプだった。[3]
  • 高校時代は生徒会の副会長兼体育部長をやっており先生に「お前の場所を空けておくから、体育教師になって戻って来い」と言われていたことからそのために上京したが映画演劇の魅力に目覚め、1985年東京宝映テレビの研究生となり俳優活動を開始[2][4] 1990年5月、青山円形劇場にて舞台『チャンピオン』に臨み、これをきっかけに役者として本格的に活動を始める。
  • スーパー戦隊シリーズ第15作『鳥人戦隊ジェットマン』(1991年2月から1992年2月、テレビ朝日系列)で結城凱/ブラックコンドルを演じ、人気を集めた。放映当初から特撮ファンや子供と一緒に見ていた親世代(中でも母親)からの人気が非常に高く、放映中は視聴者からオーダースーツや作品にも登場するジッポライター、バーボンウイスキー、そしてお米券やビール券が多数プレゼントとして贈られて来た(プレゼントされたジッポライターは作品中の小道具としても用いられた)。作品撮影過程では演出面でも彼のアイデアは重要な場面で数多く採用されている[5]。なお、結城凱役として初めての衣装合わせが東映大泉撮影所にて行われた日は丁度自身の25歳の誕生日だった。また、同役の最終シーンの撮影も丁度26歳の誕生日だったという。同作品のオーディションではジェットマンの前作『地球戦隊ファイブマン』の初代艦長シュバリエの台詞を言い悪役のオーディションだと勘違いしていた[6]
  • 趣味はサーフィン絵画乗馬。サーフィンを知るきっかけはジェットマンで天堂竜/レッドホーク役を演じた田中弘太郎から教わったという。その後も時間を見つけては、田中とサーフィンに出掛けている。
  • 2011年のスーパー戦隊シリーズ第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』に井上敏樹からのオファーを受け、9月4日の放送回で1992年以来、19年ぶりに結城凱を演じた[7]。若松の希望でブラックコンドルのスーツアクターをジェットマン当時と同じ大藤直樹に担当してもらっている。
  • 既婚者で一男がいる。子供ができたことをきっかけにタバコはやめたが、『豪快演義』で井上からその事を冗談交じりに批判された。理由は「凱と言えば『酒とタバコ』」との事。兄弟は二歳年上の兄がいる[8]
  • 仮面ライダーJ』の瀬川耕治役の候補に上がっていた。[9]
  • 1996年2月12日放送『名探偵コナン』第6話「バレンタイン殺人事件」で「若松俊秀」というキャラクターが登場している。この回はアニメオリジナルストーリーで脚本は鳥人戦隊ジェットマンの井上敏樹であり、キャラクター名は若松本人から来ている。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、450頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典 第5版』 日外アソシエーツ2001年、1177頁。ISBN 978-4816916779
  3. ^ 2008年10月9日.若松祭での発言より
  4. ^ 2013年2月13日に開かれたトークライブより
  5. ^ ジェットマンの最終回で、結城凱を刺したひったくり役をブラックコンドルのスーツアクターである大藤直樹が演じたのも若松の提案である。
  6. ^ 2013年2月13日に開かれたトークライブより
  7. ^ nifty. “SINCE1991JETMAN”. 公式サイト. 2011年7月15日閲覧。
  8. ^ 本人のブログより
  9. ^ バンダイ刊エンターテイメントバイブル『仮面ライダー大図鑑 J・ZO・真編』の記述から。
  10. ^ 2017-08-12 Otaku Expo Reload 2017

外部リンク[編集]