和興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かずおき
和興
本名 高橋 和興(たかはし かずおき)
別名義 河合 宏
高橋 一興
生年月日 (1960-05-14) 1960年5月14日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 青森県三沢市
身長 183cm
血液型 B型
職業 俳優
活動期間 1981年 -
主な作品
映画
パンツの穴
金融腐蝕列島〔呪縛〕
WASABI』『首領への道
テレビドラマ
『俺はおまわり君』
『ふたりでひとり』
電撃戦隊チェンジマン
超人機メタルダー
特捜ロボ ジャンパーソン
オリジナルビデオ
真・雀鬼シリーズ』

和興(かずおき、1960年5月14日[1] - )は、日本俳優。本名および旧芸名は、高橋 和興(たかはし かずおき)[2]。この他、過去には河合 宏(かわい ひろし)[3]高橋 一興(たかはし かずおき)[1]の芸名で活動していた時期もある。

青森県三沢市出身。身長183cm、体重72kg[1]血液型はB型。青森県立三沢高等学校卒業[3]。2014年3月からスタービートエンターテイメントLLCに所属していたが、2015年3月31日にて契約を満了[4]

来歴・人物[編集]

もともとモデル出身だったが俳優に転向し、1981年『俺はおまわり君』(日本テレビ系)でデビュー。1985年『電撃戦隊チェンジマン』(テレビ朝日系)の疾風翔(チェンジグリフォン)役を務め、また『太陽にほえろ!』の新人刑事役候補でもあった。

『チェンジマン』以降も東映作品とは縁が深く、『超人機メタルダー』『特捜ロボ ジャンパーソン』でふたたびレギュラー出演を果たしている。『ジャンパーソン』では、敵の親玉である「ジョージ真壁」を演じたほか、第40話ではゲストキャラクター(田崎智)も演じ、一人二役をこなした。

善悪問わず二枚目役が多かったが、近年は年齢相応に渋みを増した押しの強い風貌を売りに、役柄の幅を広げている。清水健太郎主演の『真・雀鬼』シリーズのマスター村本役で特に知られる。

好きな色は。趣味は、ダンスオートバイ麻雀。特技は、乗馬アクション殺陣[1]。目標としている俳優に渡瀬恒彦緒形拳を挙げている。

エピソード[編集]

  • 『電撃戦隊チェンジマン』放映当時は子供のみならず、女子高生などからも多くのファンレターが届いていたという。また、『チェンジマン』放送当時のある休日中、和興が住んでいた家の近所の子供から「グリフォン出て来ーい!」と玄関へ声を掛けられたことがある。[要出典]共演した和泉史郎は、河合(和興)がメンバーを引っ張る役割を担っていたと証言している[5]。一方で、目立ちがり屋であったことから一人で先走ってしまうことも多かったと述べている[6]。アクションでは、生身の痛々しさを見せるためサポーターは用いず、生傷が絶えなかったという[6]。自動二輪免許を取得していたため、同じく免許を持つ和泉とともにオートバイのシーンを担うことが多かった[5]
  • 1987年放送の『光戦隊マスクマン』のブラックマスク/ケンタ役は当初、和興が演じる予定だった[要出典]
  • 2012年2月5日放送の『海賊戦隊ゴーカイジャー』49話では27年ぶりに疾風翔を演じた。和興自身が台本を書いた没案として、「地球が環境破壊によりアースフォースを失い、やさぐれて悪の道に走った疾風翔がゴーカイジャーと戦う」という初期案も存在した[7]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 企業戦士YAMAZAKI(1995年、日本ソフトシステム)
  • 淫獣教師II(1995年、ピンクパイナップル
  • RAIN 眠らざる街(1996年、Vムーヴィ) - 吉川淳
  • 美蘭 ザ・リベンジャー(1997年、レジェンドピクチャーズ)
  • 痴漢手記 午前8時の性衝動(1997年、カレス・コミュニケーションズ)
  • REDZONE REIKO/レッドゾーン レイコ(1998年、レジェンドピクチャーズ)
  • 人妻Mの秘密 覗かれた欲情(1998年、レジェンドピクチャーズ)
  • 真・雀鬼シリーズ竹書房
    • 真・雀鬼2 麻雀無法地帯(1999年) - 鮫島宏昌
    • 真・雀鬼3 東西麻雀決戦(1999年) - 鮫島宏昌
    • 真・雀鬼4 歌舞伎町・博徒通り(2000年) - 村本
    • 真・雀鬼5 新宿麻雀決戦(2000年) - 村本
    • 真・雀鬼6 復讐への対局(2001年) - 村本
    • 真・雀鬼7 さらば友よ、引き裂かれた麻雀(2001年) - 村本
    • 真・雀鬼8 確立五万分の一の死闘(2001年) - 村本
    • 真・雀鬼9 頂上決戦! 裏プロVS表プロ(2001年) - 村本
    • 真・雀鬼10 雀鬼VS黒の雀鬼! 悪夢の麻雀勝負(2002年) - 村本
    • 真・雀鬼11 奪われた死闘 片腕の代走屋(2002年) - 村本
    • 真・雀鬼12 卓上の反逆者たち(2002年) - 村本
    • 真・雀鬼13 闇のプロフェッショナル(2002年) - 村本
    • 真・雀鬼14 プロ雀士秘話! オーラスの向こう側(2003年) - 村本
    • 真・雀鬼15 雀神vs雀鬼! 120時間の死闘(2003年) - 村本
    • 真・雀鬼16 プロ雀士哀歌! 漢たちの絆(2003年) - 村本
    • 真・雀鬼17 魂を受け継ぐ者(2003年) - 村本
    • 真・雀鬼18 死神と呼ばれた男(2004年) - 村本
    • 真・雀鬼19 心に棲む闇 狂乱の闘牌(2003年) - 村本
  • ウルトラセブン1999最終章6部作 第3話「果実が熟す日」(1999年、バップ) - レモジョ星系人ゲイル
  • 攻略王3 史上最強! 永久連チャンタイムセット打法(2000年、徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 雀狼伝 必殺! 亜空間殺法(2000年、ミュージアム
  • 姐極道 菩薩の龍子(2000年、ミュージアム)
  • 雀士最強伝説 炎の大三元(2001年、ケイエスエス
  • The 密白(2001年、ミュージアム)
  • 実録・絶縁(2001年、ミュージアム)
  • 闇の天使〜DREAM ANGELS(2001年、ケイエスエス)
  • 実録・鉄砲玉 平成二年大阪・山羽抗争勃発!!(2001年、ミュージアム)
  • 殺しの軍団2 関西制圧への道(2001年、ミュージアム)
  • 麻雀飛龍伝 天牌(2001年、ケイエスエス)
  • 実録・大阪やくざ戦争 報復(2002年、ミュージアム) - 佐野一樹
  • 首領への道21(2002年、ミュージアム) - 蓮村元
  • 首領への道22(2002年、ミュージアム) - 蓮村元
  • 民事介入暴力 非合法領域(2002年、ミュージアム)
  • 実録・瀬戸内やくざ戦争 伊予路水滸伝(2003年、GPミュージアム
  • 雀鬼くずれ2(2003年、ケイエスエス)
  • 実録・山陽道やくざ戦争2(2003年、GPミュージアム)
  • 実録・関東やくざ戦争2 修羅の代紋(2003年、GPミュージアム)
  • 博徒道 襲名披露(2003年、ケイエスエス)
  • むこうぶち3 高レート裏麻雀列伝 裏プロ(2008年、GPミュージアム)

舞台[編集]

  • 俺っちのアウトロー(1992年、JAC
  • GEKITOTSU -幕末異聞- 服部半蔵VS坂本龍馬(1997年、JAC)
  • MOON-BOW〜月蝕の絆〜(2006年、teamキチキチ)
  • 水流月の島〜あの風に乗って聞こえてきた〜(2007年、K'sPRODUCE)
  • N.G.〜星になれたら〜(2007年、K'sPRODUCE)
  • BLUE HEART(2009年、劇団 昇天家族)
  • 絆 -KIZUNA-(2009年、JAE
  • GUNS -All or Nothing-(2009年、FREAK ENTERTAINMENT)
  • 轟然〜GO-ZEN〜(2010年、amipro)
  • 残侠(2010年、JAE)
  • DRAGON'S HEAVEN vol.IV 完結篇 For The Stainless Innocence -無垢なる子らのために-(2011年、DRAGON'S HEAVEN) - 斎藤一
  • きら星の磁力〜レフリーは宿命 リングが宿命〜(2011年、スーパープロジェクト) [注釈 1]
  • エンドレスヒルズ(2012年、和興30th製作委員会)
  • DONZOKO(2012年、WAKI-GUMI)
  • レプリカ(2013年、アポロ5)
  • 0120〜フリーダイヤル(2013年、マンモスプロ)
  • チューボー(2013年、KENプロデュース)
  • オーバースマイル(2013年、ボクラ団義)
  • ハルジオン(2013年、スーパープロジェクト)
  • グッドファーザー(2014年、シザーブリッツ)
  • 永遠にムーン(2014年、シザーブリッツ
  • 青の祓魔師(2014年、株式会社ダイス) - 藤本獅郎

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 演出を兼任。
出典
  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑2003』 VIPタイムズ社、2003年、215頁。ISBN 978-4990124212
  2. ^ 『日本タレント名鑑2002』 VIPタイムズ社、2002年、250頁。ISBN 978-4990124205
  3. ^ a b 『日本タレント名鑑'90』 VIPタイムズ社、1990年、74頁。
  4. ^ 和興 契約終了のお知らせ - Facebook
  5. ^ a b 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 187, 「戦隊シリーズ キャストインタビュー 和泉史郎
  6. ^ a b スーパー戦隊大全集 1988, p. 202, 「スーパー戦隊シリーズINTERVIEW CAST編 河合宏」
  7. ^ 東映ヒーローMAXのインタビューより[要文献特定詳細情報]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]