溺れる魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

溺れる魚』(おぼれるさかな)は、日本小説家戸梶圭太小説。また、これを原作とした2001年公開の日本映画

小説[編集]

2001年1月、新潮社初刊

「溺れる魚」と名乗る犯人による珍妙な脅迫事件を捜査する、2人の珍妙な刑事の活躍を描いている。

映画[編集]

溺れる魚
監督 堤幸彦
脚本 横谷昌宏
製作 佐藤雅夫
芳賀吉孝
出演者 椎名桔平
窪塚洋介
仲間由紀恵
IZAM
渡辺謙
音楽 見岳章
主題歌 edge鬼束ちひろ
撮影 唐沢悟
配給 東映
公開 日本の旗 2001年2月3日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2億200万円[1]
テンプレートを表示

2001年2月、東映系にて公開。

出演者は主演の椎名桔平を除くほとんどが監督の堤幸彦の作品へ出演経験があり、堤自身も「集大成的な作品」と称している[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2001年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2002年平成14年)2月下旬号、キネマ旬報社2002年、 138頁。
  2. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 151頁、 雑誌コード:01843-05。

外部リンク[編集]