白竜 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はくりゅう
白竜
本名 田 貞一
別名義 高山 貞一
生年月日 (1952-10-03) 1952年10月3日(64歳)
出生地 日本の旗日本佐賀県伊万里市
血液型 O型
ジャンル 俳優ミュージシャン
活動内容 映画オリジナルビデオ

白竜/白龍(はくりゅう、1952年10月3日 - )は、日本の俳優ミュージシャン在日韓国人2世で戸籍名は田貞一(チョン・ジョンイル、でん・ていいち、ハングル:전정일、ローマ字(文化観光部2000年式):Jeon Jeongil)、通名(日本名)は高山 貞一(たかやま ていいち)。かつて芸能事務所クリームインターナショナルに所属していた。身長178cm、体重68kg、血液型O型。

来歴・人物[編集]

佐賀県伊万里市出身。佐賀県立有田工業高等学校卒業。デビューは1979年リリースのシングル「アリランの唄/シンパラム」。アルバム『光州City』収録曲に光州事件を歌った作品があり、これを憂慮した当時のレコード倫理委員会から発売禁止処分を受けたことでも知られる(ただし同作は後日自主制作盤で発売された)。

また若者にない渋さ・重厚さとアウトロー性を共存させた内・外面を生かし1984年いつか誰かが殺される』を皮切りに、ヤクザ映画・Vシネマがメインだが『その男、凶暴につき』(1989年)、『セラフィムの夜』(1996年)などに出演。

現在、ヤクザ映画では若頭など組織のナンバー2、性格は冷酷非情な策士という役が多い。例としては『首領への道』、『白竜』、『炎 極道地獄変』、『極道の紋章』など多数。『逆境無頼カイジ』では声優として初出演した。また、同アニメのエンディングテーマ『負け犬達のレクイエム』を歌った。

関西弁の強面の役が多いため、普段から関西弁と思われがちだが、本人は佐賀県出身で東京の暮らしも長いため、関西弁はあまり得意ではない。

私生活では役柄と異なり、気さくで明るい性格。後輩想いで、暴力や喧嘩も嫌いだという。

あまり酒は強くなく、下戸である。

メディアではサングラスを掛けていることが多く、「白竜」ブランドのサングラスデザインも行っている。またロズヴィーではサングラスにシリアルナンバーが入っているが、全てのモデルのナンバー「1」は白竜に贈られている。ロズヴィーでは過去に白竜コラボモデルも出している。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

他多数

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

太字の曲名はA面扱いを示す。

シングルタイトル
B/W・C/W
作詞 作曲 編曲 レコード・CD品番 発売年 レーベル 備考
愛してんじゃない
流れる雲に
玉置浩二 MRDA-00042 1994年10月21日 メディア・レモラス
深海魚
青春途上にて
MRDA-00060 1995年10月20日
止まり木ブルース KSDL-29053 1997年4月25日 ケイエスエス
take a deep breath 小室哲哉 AIDT-5060 1999年11月25日 ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
いつのまにか少女は
AIDT-5068 2000年8月2日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 逆境無頼カイジ”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]