銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀幕版 スシ王子!
〜ニューヨークへ行く〜
監督 堤幸彦
脚本 河原雅彦
堤幸彦
製作 福山亮一
日枝広道
中沢晋
出演者 堂本光一
中丸雄一
釈由美子
石原さとみ
太田莉菜
伊原剛志
北大路欣也
音楽 見岳章
主題歌 米寿司(堂本光一
No more
撮影 唐沢悟
編集 大野昌寛
製作会社 「スシ王子!」製作委員会
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2008年4月19日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.65億円[1]
テンプレートを表示

銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜』(ぎんまくばん スシおうじ! ニューヨークへいく)は、2008年4月19日に公開された堂本光一主演の日本映画

概要[編集]

2007年に放送されたテレビ朝日系ドラマ『スシ王子!』の劇場版。丸の内ルーブル他全国東急系にて公開された。

堤幸彦が『恋愛寫眞』(2003年)のロケのために訪れたニューヨークでスタッフと始めたアメリカでヒットする映画は何かという雑談から生まれた企画であるため、企画のコンセプトとしては映画を公開することが事前に決まっていた。そのため映画に先駆けて映画のエピソード0の意味合いをこめてドラマ版の撮影から始めている[2][3]

堂本光一は『家なき子』以来13年ぶりの映画出演となる。尚、光一は今作が映画初主演作となる。

キャッチコピーは「お前なんか、NY(にぎってやる)!」。

ストーリー[編集]

米寿司は自然流琉球唐手を極めるため寿司の修行の旅を続けていたが、武留守リリーにシャリの極意を得るように言われ長い船旅を経てアメリカニューヨークに降り立った。ニューヨークでの寿司事情に戸惑いながら、シャリの達人・俵源五郎のいる「八十八」にたどり着いた司は源五郎に弟子入りを志願。弟子入りを断られるも熱意を買われ源五郎からの指南を受けるようになる。だが「八十八」は土地の乗っ取りを画策するマフィア集団・ペペロンチーノ一味に狙われており、司はその抗争の中に巻き込まれる。

登場人物[編集]

米寿司(まいず つかさ)
通称「スシ王子」。今回の舞台のNYにくるまでに日本から船で数十カ国を経由して半年かけて来た。そしてその旅の船のなかで「自然流琉球唐手指南書」を2000回やり遂げ(しかし指南書の教えには船の中では到底できないであろう事もある)、自らの持病である「ウオノメ症候群」の症状が露になる時間を3分から1分に縮め、更に船の中の宿泊客に英語を教わり、発音が流暢ではない所謂「ジャパニーズイングリッシュ」を学ぶ、など数々の事をやってとげた。
河原太郎(かわはら たろう)
司の弟分で、司と共に修行していた。通称「河太郎」司より先に「八十八」で働いている。源五郎に認められた司への嫉妬から司へライバル心をむき出すようになる。
豊穣稲子(ほうじょう いねこ)
「八十八」の用心棒。外人部隊出身の武闘派。幼い頃寿司屋を営む両親の手伝いをしていたが、母親(長田奈麻)が病死し、店のために寿司の腕を身につけようとしたが父親に拒絶され勘当された過去を持つ。
カルロス
「八十八」の寿司職人。家族のために働いているメキシカン。
マグガイアー
「八十八」の常連客。かつてベトナム戦争に身を投じた元軍人で、現在はグラフィックデザイナーをしている。
フリオ
マルガリータ
「八十八」の常連客。子供を残しキューバから亡命してきた夫婦で、ホットドッグ屋を営んでいる。
ティプラ
「八十八」があるビルの大家でタロットカード占い師。
ペペロンチーノ
マフィア集団・ペペロンチーノ一味の親玉。
武留守リリー(ぶるす リリー)
自然流琉球唐手の師範。ドラマ版で魂のみの存在となった。本作ではテレビで見たギャルになりたかったとのことで、「一度なってみたかった」というギャルの姿になって司の前に現れる。いちいちセクシーポーズらしきものをとり、終始ピンク色のギャル風のオーラに包まれている。
ナエ
留学生で河太郎の恋人。語学力は船旅で覚えた司よりも流暢。
ハルキ
「八十八」の常連客で彫刻家を名乗る。コテコテの関西人でひょうきんな性格。
俵源五郎(たわら げんごろう)
「八十八」主人。シャリの達人と謳われる腕前の持ち主で、彼が育てた米から作る寿司を食せば顔から光が放たれるほど。ニューヨークの郊外に自作の稲を所有している。
ミスター・リン
ペペロンチーノ一味を束ね、寿司握りのエンターテイメント化を推し進める。鉄仮面を被っている謎の人物。何かとカツラの種類を変える。寿司職人としての腕前も持っており、豪華な食材をふんだんに使ったエンターテイメントに富んだ寿司作りを得意とする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ソフト化[編集]

  • すしなび 〜銀幕版 スシ王子!〜(DVD1枚組、映画本編のナビゲートDVD、2008年4月2日発売、発売元はジェイ・ストーム、販売元はワーナー・ホーム・ビデオ
    • オープニング
    • 『銀幕版 スシ王子!』NYロケ クランクイン
    • 中丸雄一の撮影現場レポート
    • 堤幸彦監督のアドリブ演出
    • 中丸雄一 NYロケ クランクアップ
    • 堂本光一 NYロケ クランクアップ
    • エンディング
    • 映像特典
      • 堂本光一『銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜』見どころ紹介
        • 1.アクション
        • 2.英語
        • 3.米作り
    • 全編中丸雄一によるナレーション付き

以下、発売元はテレビ朝日、販売元はワーナー・ホーム・ビデオ。

  • 銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜 回転バージョン(DVD1枚組、レンタル版、2008年10月10日レンタル開始)
  • 銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜 並(DVD1枚組、セル版、2008年10月10日発売)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編集
      • ニューヨークプレミア映像
  • 【初回限定生産】銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜 特上(DVD2枚組、セル版、2008年10月10日発売)
    • ディスク1:本編DVD
      • 映像特典
        • 特報・劇場予告編集
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング「堂本光一の本日のおすすめ」
      • 完成披露舞台挨拶
    • 封入特典
      • 特製ライナーシート
      • ポストカード(5枚)
      • 米寿司NY(にぎってやる!)オリジナル・フィギュア
    • 特製アウターケース&デジパック仕様

備考[編集]

  • 源五郎が所有する稲田はニューヨークにあるという設定だが、実際は千葉県で撮影されている。司や河太郎の台詞に「まるで千葉じゃないか」とそれを捩った台詞を言わせている。
  • 映画のタイトルは『星の王子 ニューヨークへ行く』のパロディである。
  • 本来はアメリカ軍に外人部隊はなく、フランス軍(またはスペイン軍)の部隊である。
  • その年の最低映画作品を選出するHIHOはくさい映画賞で、この映画を配給したワーナー・ブラザース映画が特別賞を受賞している。

脚注[編集]

  1. ^ 「2008年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2009年平成21年)2月下旬号、キネマ旬報社2009年、 172頁。
  2. ^ ROADSHOW(2008年5月号p.80)
  3. ^ 日刊スポーツ』2008年4月5日