パンツの穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

パンツの穴』(パンツのあな)は、学研パブリッシング発行の月刊雑誌『BOMB』の中の1コーナー。 当時発行部数80万部だった『BOMB』の[1]、読者投稿によるコーナーであり、ちょっとエッチな下半身体験の悲喜こもごもを語るものである[1]

本稿では、それを原案とした映画ならびにテレビドラマOVA作品について扱う。

映画[編集]

第1弾[編集]

1984年3月17日公開。アジャックス=ジョイパックフィルム製作、ジョイパックフィルム配給[2]うんこネタ、うんこ尽くしでストーリーが進む[3]。製作費約6000万円[2]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

撮影時15歳の菊池桃子の芸能界デビュー作[4][5][6]山本陽一TBS系アップルシティ第二回美少年コンテストで優勝し、本作で芸能界デビューした[7]。山本は「ムキンポ」という屈辱的な渾名が付けられ何年経っても消えなかった[3]。監督はプログラムピクチャーの名手・鈴木則文[8]。 

1983年の夏に完成していたが[7]、公開日が決まらず[7]学研が共同で製作した『南極物語』が大ヒットしたため、学研の後押しで1984年の春休み東宝洋画系で公開が決まった[7]。 

製作のアジャックスは、鈴木則文が1980年代初めに各社が大作主義になって娯楽映画を作らなくなってきたため、東映からの発注だけではなく、もっと自由に映画作りがしたいと1982年10月渋谷公園通りに弟、義弟と作った独立プロダクション[1][9]。『パンツの穴』が旗揚げ第一作で、ジョイパックフィルムの林瑞峰社長の厚意により、同社との提携が決まり[1]、ジョイパックフィルムが少し多めに製作費を負担し共同で製作した[1][9]。ジョイパックフィルムは洋ピン(洋画ピンク映画配給会社として知られた会社であるが[10]、1982年4月に公開された『オン・ザ・ロード』を第一回に邦画の製作に乗り出していた[10]。鈴木は、学研ニッポン放送RCAバップ、ETCで「パンツの穴・プロジェクト」が組まれたと話している[1]。当時は人気アイドルの争奪戦により映画製作が行われることが多かったため[1]、最初から新人アイドルをスカウトして映画を作るというプランがなされた[1]

菊池桃子は叔母の飲食店にあった写真を見た芸能事務所関係者の目に止まりスカウトされたが[6]、アレッと驚いている間に周りで話が進み、決心がつかないうちに本作のヒロインになり、戸惑っている状況で本作のクランクインを迎えた[6]。スタッフの真剣な視線に「私がこんな気持ちではいけない」とようやく踏ん切りがつき、「中途半端にしたくない」と天性の何かに火がつき、それからは夢中になったと話している[6]

中高生役にエキストラが多数出演したが「パンツの穴」という題名では学校の撮影許可が取れない恐れがあるため、現場では全員が題名をひた隠しして「青春の日々」という映画を撮影しているとウソを付いていたという[11]台本にも「青春の日々」というカバーが掛けてあった[11]。当時、東京近郊でロケがあるときの集合場所は、たいてい新宿駅新宿駅西口新宿スバルビル前で[11]、朝7時集合、中止の場合は朝5時に中止の電話が入り、作り物とはいえウンコを投げ合うシーンが多いため、「今日はウンコ塗れにならずに済んだ」とホッとしていたという[11]

"青春ラブコメ"[5]、"童貞感溢れる青春エッチコメディ"[3]、"日本版『ポーキーズ』"が企画コンセプトにあったといわれるが[3]、鈴木則文がウンコネタ満載の下ネタ映画に変貌させた[3]。自作にウンコを度々取り入れる鈴木の究極の「ウンコ映画」とも評される[3]

製作者の松本廣は横山博人の同級生で『純』のプロデューサーとして映画界入りした[1]。本作も松本が鈴木に企画を持ち込み、鈴木は『パンツの穴』というタイトルに惚れ、オファーを受けたと話している[1]。脚本の中本博通は鈴木が新宿スナックで飲んでいるときに「弟子にしてくれ」と頼み込んできた人で、もう一人の茜ちゃんは鈴木が「複数のペンネーム」と話しているだけで具体的には誰かは書かれていない[1]

配給収入は3億円[12]。大ヒットし[9]菊池桃子山本陽一をヤングスターに押し上げた[5][13]

第2弾[編集]

『パンツの穴 花柄畑でインプット』

1985年4月13日公開。東映東京撮影所製作、東映配給。「ビッグマグナム 黒岩先生」と同時上映。

製作[編集]

ヒロイン募集で58,117名の応募があり[14]、1984年12月9日、西武百貨店池袋本店で行われた最終オーディションで、予選を通過した19人の中から中学3年在学中の志村香が選ばれた[14]。合格理由は「菊池桃子にソックリ」というものだった[14]。志村は「落ちたら保母さんになろうと思っていました。小泉今日子さんみたいになりたい」と話した[14]。相手役は前作と同じ、山本陽一が務めたが、他のキャストは一新され、人物設定、スタッフ、キャストはガラリと変わった。

学研と組んで製作するということで岡田茂東映社長も「ヤング番組」として押すつもりで[15][16]、『香港未公開NGカット版付五福星』『チャンピオン鷹』の香港映画と春休み東映まんがまつり (『キン肉マン 正義超人vs古代超人』他)を挟み、『ビッグマグナム 黒岩先生』と共に「ヤング番組」のトリを務めたが[15]菊池桃子が降板したこともあって不入りに終わり[16]、岡田は「こういう作品はやはり独立プロがやるべきもので、メジャー会社が作るようなものじゃない」と話した[16]。両作品のプロデューサーだった天尾完次は1986年の正月映画として、同じ学研『Momoco』の「童貞物語」を映画化しようと準備していたが製作が危ぶまれた。結局中止されずに製作され1986年2月に公開はされたが、東映は配給のみ担当した[16]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

第3弾[編集]

『パンツの穴 本牧ベイでクソくらえ』

1990年3月24日公開。バンダイ配給。「ムケそでムケないイチゴたち」と同時上映。

スタッフ[編集]

第4弾[編集]

『パンツの穴 ムケそでムケないイチゴたち』

1990年3月24日公開。バンダイ配給。4話オムニバス形式であり、若松孝二が総監督・プロデュースを行った。

スタッフ・キャスト[編集]

第1話:彼女の本当が知りたくて

  • 脚本:出口出
  • 監督:井上淳一
  • キャスト:古澤純、菅野美寿紀

第2話:コードネームはAV

  • 脚本:出口出
  • 監督:嶋公浩
  • キャスト:斉藤徹、丸典膳カイ

第3話:DEAD END CHASE

第4話:終わらない歌を歌おう

第5弾[編集]

『パンツの穴 キラキラ星みつけた!』

1990年12月8日公開。バンダイ配給。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

西野妙子毛利賢一浅野忠信遠藤美佐子大杉漣天本英世加藤善博加藤賢崇星遥子千石規子杉原光輪子広瀬昌助広田玲央名冴島奈緒北村法子庄司みゆき

2011年映画[編集]

『パンツの穴 THE MOVIE 〜童貞喪失ラプソディ〜』

2011年11月19日公開。

スタッフ[編集]

  • 監督 - 森岡利行
  • 脚本 - 赤間つよし
  • 主題歌 - AeLL.「Every day 負けない」

キャスト[編集]

篠崎愛田之上賢志岸田錬矢小川啓太山本陽一寺井文孝辰巳ゆい 他

TVドラマ版[編集]

『月曜ドラマランド パンツの穴』

1987年1月12日にフジテレビ系列「月曜ドラマランド」枠で放映された単発ドラマ。主演、後藤久美子

OVA[編集]

『パンツの穴 まんぼでGANBO!』

1987年9月5日発売のオリジナルアニメ作品。LDは1987年12月21日発売。

スタッフ[編集]

  • キャラクターデザイン:古瀬登
  • 演出:北島信幸
  • 作画監督:古瀬登
  • アニメーション制作:AIC
  • 発売:学研、ポニーキャニオン

キャスト[編集]

鷹森淑乃鶴ひろみ飛田展男

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 鈴木則文「『パンツの穴』とわが、大いなる助走」、『シナリオ』1984年4月号、日本シナリオ作家協会、 56-57頁。
  2. ^ a b 岩井リオ「おなじみ洋画会社ご案内 ジョイパック・フィルム」、『ロードショー』1983年11月号、集英社、 237頁。
  3. ^ a b c d e f 「鈴木則文の世界!」、『映画秘宝』2005年3月号、洋泉社、 53、56頁。
  4. ^ プロフィール | 菊池 桃子 | ソニーミュージック オフィシャルサイト
  5. ^ a b c 中山美穂や菊池桃子も!? 男の子を夢中にさせた、エッチな“寸止め”青春ラブコメの歴史
  6. ^ a b c d 「世界に広げようパンツの穴っ!!」、『バラエティ』1984年5月号、角川書店、 26頁。
  7. ^ a b c d 「今月の映画」、『映画情報』、国際情報社、1984年4月号、 52頁。
  8. ^ パンツの穴 | WOWOWオンライン
  9. ^ a b c 荒井晴彦. “いま、なぜ映画は低空飛行するのかVol.2 製作現場の現在を考える 独立プロの"大いなる幻影" インタビュー・鈴木則文”. 映画芸術」1992年 第365号 発行:編集プロダクション映芸 21-23頁。 
  10. ^ a b 岩井リオ「おなじみ洋画会社ご案内ジョイパック・フィルム」、『ロードショー』1983年11月号、集英社、 237頁。「トピックス」、『ロードショー』1981年12月号、集英社、 245頁。
  11. ^ a b c d 「世界に広げようパンツの穴っ!!」、『バラエティ』1983年11月号、角川書店、 107頁。
  12. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」、『キネマ旬報1985年昭和60年)2月下旬号、キネマ旬報社1985年、 119頁。
  13. ^ 「日本映画わっくわくシアター」、『ロードショー』1985年2月号、集英社、 180頁。
  14. ^ a b c d 「日本映画わっくわくシアター」、『ロードショー』1985年3月号、集英社、 202頁。
  15. ^ a b 文化通信社編著 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』 文化通信社、2012年、199頁。ISBN 4-636-88519-4
  16. ^ a b c d 「映画・トピック・ジャーナル」 『キネマ旬報』1985年6月上旬号、172 - 173頁。

外部リンク[編集]