間下このみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ましたこのみ
間下このみ
生年月日 1978年4月27日(38歳)
出生地 日本の旗 日本東京都葛飾区
血液型 O型
職業 女優・写真家
活動期間 女優(1983年-)
写真家(2005年-)
事務所 アミューズメントハウス

間下 このみ(ました このみ、1978年4月27日 - )は、日本写真家女優タレント東京都葛飾区出身。1980年代にドラマバラエティCM舞台などを中心に活躍した人気子役。中学入学後、学業を優先し芸能活動を自粛するが、2004年から女優、タレントおよび写真家として活動を再開。アミューズメントハウス所属。愛称は「このみちゃん」。

略歴[編集]

2歳でモデル事務所に所属。1983年、4歳のときに出演したキッコーマン「ガンバレ! 玄さん」のCMで一躍ブレイクする(このCMは大きな話題を呼び翌年に別バージョンもオンエア)。

1984年、TBS系学園ドラマ「スクール☆ウォーズ」に滝沢賢治(演:山下真司)と妻の滝沢節子(演:岡田奈々)の娘・滝沢ゆかり役で出演(子役)。愛敬豊かで難しい役をこなす。また、橋田壽賀子の「大家族」(芸術座)で初舞台を踏む(当時5歳)。舞台出演としては、西友ミュージカル「アリババvs40人の大盗賊」の座長を8歳で務める。

当時の子役としては珍しくバラエティ番組にも数多くレギュラー出演。中でもフジテレビ所さんのただものではない!」ではレギュラーを6年間務め、「委員長」の愛称とともに人気キャラクターとなる。1985年から放送されたフジテレビスポーツニュース番組スポーツ特Q」ではメインMCを担当(当時7歳)。また、歌手としても、キャベツ人形のキャンペーンソング「キャベツ畑の子供たち」(キングレコード)、「夢を食べるレストラン」(トーラスレコード)などをリリースしている。

1985年には松下電器産業電子レンジ「エレック」のCMで、ACC全日本CMフェスティバルのタレント賞を受賞。レギュラー出演のドラマはほかに「機動刑事ジバン」(1989年、テレビ朝日)など。ドラマ・舞台・バラエティ・歌手・広告出演と幅広く活躍。1980年代を代表する人気子役となる。

その後女優活動を続けるが、私立中学入学と同時に学業を優先し芸能活動を自粛。高校卒業後、東京ビジュアルアーツ写真学科に進学。卒業後、より写真の世界を追求するためアメリカへ単身留学。帰国後は、女優活動を再開するとともに、写真作家としての活動も積極的に展開する。

2005年2月には写真作家としてビジュアルブック「届かなかったラヴレター あの空の向こう SPECIAL EDITION」を出版。写真書籍として異例のヒットを記録。

また、2004年6月には、写真の仕事を通して知り合った11歳年上の男性と結婚。2006年4月、自身のホームページ上で妊娠を明らかにしていたが、同年5月に6か月で死産

同年10月23日に再び妊娠5ヶ月であることを公表すると同時に、難病(特定疾患)の「抗リン脂質抗体症候群」に罹患していることを告白。不育症習慣性流産、血栓症などを引き起こす病気について啓蒙に努めている。

血栓予防の注射を毎日打ち続けるなど闘病を続ける中、同じく特定疾患である「全身性エリテマトーデス」の症状も併発。2007年3月15日予定日よりも約1か月早く緊急入院。翌3月16日午後2時57分、全身麻酔、帝王切開により無事女児(2,155グラム)を出産。同年3月29日、娘と一緒に出産記者会見が行なわれた。

2007年11月16日、書籍「ママになりたい… 〜ハイリスク出産を越えて〜 / たまご日記 〜ちいさな命の記録〜」を夫と共著で出版。「たまご日記」は病気が発覚した日から夫がソーシャルネットワーキング(SNS)に残していた実録日記。同11月18日に出版会見が行なわれた。

2013年2月22日には、同書が新たな加筆を加え「新版 ママになりたい… 〜ハイリスク出産を越えて / たまご日記 〜ちいさな命の記録」として講談社から発刊されるとともに、NHKドラマ化されることが公表された[1](タイトルは『ママになりたい…』)。

エピソード[編集]

  • モデル事務所に入るきっかけは近所の友達が所属する時に、一人では心細く一緒に入らないかと誘われたことだった。
  • ブレイク前には不二家ネクターのCMで江川卓と共演。
  • キッコーマン「ガンバレ! 玄さん」のCM出演は、山手線内でスカウトされたのがきっかけだった。
  • 親の教育方針で学校にはほぼ毎日通っていた中で芸能活動をしていた。
  • 当時の事務所は人気子役には珍しく歩合制ではなく月給制だったため、決して裕福ではなかった。当時リッチだなあと思ったのは、仕事が終わった後ファミレスでご飯を食べること、家の車も安い国産車だったと告白(女性セブンより)。
  • 写真の世界をより学ぶためにアメリカ留学を決意したが、経由地のボストンで帰国したかったと告白(朝日新聞より)。
  • 結婚は25歳の時に「あなたのお嫁さんになりたいな」と間下の方からプロポーズ(withより)。
  • 抗リン脂質抗体症候群の罹患が判った時、それを扱ったブログが当時は1つしかなく、この病気がいかに知られていないかを痛感した(『ママになりたい』より)。オフィシャルHPブログでの公表(2006年10月23日)以降多くのメディアが不育症抗リン脂質抗体症候群を取り上げ、広く知られるようになった。
  • 愛犬家愛猫家としても知られ連載多数。自宅と実家にはが3頭(ウェルシュ・コーギー・ペンブロークミニチュアダックスフント、雑種)、猫が4匹(マンチカンチンチラ、雑種・うち1匹は留学先であるアメリカのアニマルシェルターで譲り受ける)。愛玩動物飼養管理士の資格をもっている。
  • 小学5年生の頃に見栄晴に5000円を貸していた。「5000円を返して」と言っても「わかったよ。返すよ」とか言いつつもなかなか返さず、これに見かねた関根勤は見栄晴に「返すように」と一声掛けたが、結局効果がなかった。仕方無いので関根は見栄晴が不在の間に財布から5000円を抜き取って間下に返した[2]

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

番組[編集]

CM[編集]

映画[編集]

作品(写真家)/連載[編集]

  • 作品
    • 『届かなかったラヴレター あの空の向こう SPECIAL EDITION』 - 間下このみ・写真、届かなかったラヴレター発刊委員会編 文芸社 2005年
    • 『新版 ママになりたい…〜ハイリスク出産を越えて/たまご日記〜ちいさな命の記録〜』 - 間下このみ・ゆう 著 講談社 2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 特集ドラマ ママになりたい・・・ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  2. ^ コサキンのひとみと悦子〜BURN THE BRIDGE BEHIND YOU〜(シンコーミュージック、ISBN 4-401-61361-9、1992年)巻末「コサキン年表(1989年4月19日)」より。

外部リンク[編集]