矢野有美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矢野 有美(やの ゆみ、1966年4月15日 - )は、香川県高松市生まれ(3歳まで)、東京都東村山市育ちの元・アイドルタレント女優歌手1982年デビュー、1986年引退。堀越高等学校卒業。

所属事務所[編集]

  1. 平田昆プロダクション (シャワーとしての活動のみ「田辺エージェンシー」扱い)
  2. フェニックス・プロモーション
  3. スーパーウイング

来歴[編集]

  • 小学校6年生の時に芸能界にスカウトされるが、両親に反対され断念。しかし中学校3年生になって、偶然にもまた同じ人物からスカウトされ、芸能界入り。
  • 資生堂「シャワーコロン」のCMキャンペーンガールズ「シャワー」を作るため、田辺エージェンシーが1981年11月にオーディションを開催。そして250名の中から、矢野や村上里佳子ら7名が選ばれ、「シャワー」を結成。1982年2月21日に、シングル『Do up・愛・ing(ラヴィング)』でレコードデビューした。矢野はグループ内では最年少で、デビュー時は15歳の中学3年生だった。
  • 1985年1月25日、シングル『経験・美少女』にてソロレコードデビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは「ちょっと不思議な輝きかた…」。

人物[編集]

主な出演作品[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 資生堂 「シャワーコロン」 (1982年、「シャワー」として出演)
  • 雪印 「ストリングチーズ」

雑誌[編集]

「シャワー」として掲載[編集]

ソロ掲載[編集]

  • 別冊ピチ 手あみ大好き! (ピチ・メル・レモン特別編集号)
  • 週刊セブンティーン (1983年1月18日号、2月1日号、2月22日号、3月22日号、6月7日号、集英社) 全てモデル掲載
  • ヤング・オーディオ・ナウ '83 (1983年春:表紙、学研)
  • SanSun (サンサン。1983年5月創刊号 - 、学研) 専属モデル
  • an・an (1983年9月23日号、マガジンハウス
  • 週刊少年サンデー(1983年11月9日号:カラーグラフ「このこ知ってる?」のコーナー、1985年1月30日号)
  • BOMB! (1983年11月号、1984年2月号、4月号、6月号、1985年1月号、2月号、6月号)
  • Momoco (1984年1月号、2月号、4月号、5月号、11月号、1985年1月号、2月号、3月号:表紙&特大ピンナップ、6月号)
  • 月刊ヤングルーキー (1984年5月号、7月号、マクセル出版)
  • ベストカメラ (1984年8月号、1985年7月号)
  • THE SUGAR (1984年10月号、1985年3月号、4月号:表紙&グラビア)
  • She Loves You (1984年12月創刊号)
  • Steve (1985年1月 - 4月号、近代映画社
  • オリコンウィークリー (1985年1月18日号、1月25日号、3月8日号、4月26日号、8月5日号、1986年1月20日号)
  • 週刊TVガイド (1985年1月25日号、東京ニュース通信社
  • IDOL KiSS! (1985年冬、キャンディ・ジャック2月10日増刊号、新和出版)
  • ホットドッグ・プレス (1985年2月10日号、講談社
  • TeLePAL (1985年2月23日 - 3月8日号、小学館)
  • 月刊CANDY JACK (1985年3月号、4月号、新和出版)
  • 月刊明星の付録歌本「YOUNG SONG(ヤンソン)」 (1985年3月号「今月の新人」、集英社)
  • 週刊明星 (1985年3月21日号、集英社)
  • カメラマン (1985年4月号、モーターマガジン社
  • Monthly平凡パンチ (1985年4月号、マガジンハウス)
  • CAPA (1985年5月号:表紙&グラビア、撮影:篠山紀信
  • DELUXE JUMP (1985年5月号)
  • 投稿写真 (1985年5月号、考友社出版)
  • 平凡パンチ (1985年5月6日特大号、6月17日号、マガジンハウス)
  • ACTRESS (1985年6月号:表紙&グラビア)
  • 月刊少年キャプテン (1985年6月18日号:ミニインタビューのみ)
  • レモンパイ (1985年7月創刊号)
  • くるまにあ別冊・特選外車情報 (1985年7月号:表紙のみ)
  • スーパー写真塾 (1985年7月号、12月号:表紙&グラビア)
  • 写真少年 (1985年8月号:表紙&グラビア、サン出版
  • 写真探偵団 (1985年9月号:表紙&グラビア、三和出版
  • 写真時代Jr. (1985年8月号、10月号:表紙&グラビア、1986年2月号)
  • PENTHOUSE (1985年10月号、講談社)
  • 写真時代 (1985年11月号:表紙のみ)
  • V ZONE (1986年1月創刊号)
    ホラー映画雑誌。この中で矢野は、若狭新一によるゾンビメイクに挑戦。その際に製作・使用されたラテックス製のゾンビマスクは、「創刊記念」の読者プレゼントにもされた。
  • オトメクラブ (1986年3月号:表紙のみ、白夜書房
  • 外車情報 WHIZZMAN (1986年7月号・ほか数号、成美堂出版)
    日本の輸入車ディーラー「チェッカーモータース」との企画で、イタリアフィアット社のスーパーミニ・カー「フィアット・ウーノ・マーク1」を読者体験モニターとして借り受け、数号に渡って乗車レポートを連載していた。
  • 他多数…

デジタル写真集[編集]

  • アイドルの時代 Vol.1 (1999年5月28日、撮影:小沢忠恭)
    雑誌『Momoco』で撮りおろされたグラビア写真を再構成したもの。伊藤麻衣子武田久美子との共同掲載。

ディスコグラフィ[編集]

「シャワー」名義[編集]

ビクターレコードからのリリース。

シングル[編集]

  • Do up・愛・ing〔ラヴィング〕 c/w 恋のバカンスNo.1 (1982年2月21日) - オリコン最高135位
  • あっ!という間にビーチ・ラブ(作曲:鮎川誠) c/w DO UP A-GO-GO (1982年5月21日)

アルバム[編集]

  • Sing Single Singles (1982年7月21日)
    (アルバム内でのソロ担当曲は『ダイアル8・3・4・9〔YaSaSiKu〕』)

ソロ名義[編集]

アルファレコードからのリリース。

シングル[編集]

  1. 経験・美少女
    (c/w) 新しい淋しさ (1985年1月25日) - オリコン最高54位、売上1.9万枚
  2. キュートにeyeして! 
    (c/w) ハートのアドレス (1985年4月25日)
  3. 夏への手紙 
    (c/w) STAY NEXT TO ME (1985年7月25日)

12inchシングル[編集]

  • MAKIN' IT (1985年12月21日)
    初回盤には特典として、イラストレーター・タナカノリユキによる「矢野有美イラスト・カレンダー」付き。また、収録曲の『EAT YOU UP』(アンジー・ゴールドの『ダンシング・ヒーロー』のカバー)に関しては、荻野目洋子も同時期に日本語でカバーしており(1985年11月21日発売のシングル)、競作となってしまった。
    1. MAKIN' IT (作詞・作曲:J.Carbone、R.Zito、訳詞:山地清子、編曲:国本佳宏
    2. EAT YOU UP (作詞・作曲:A.Kyte、T.Baker、訳詞:真名杏樹、編曲:国本佳宏。アンジー・ゴールドの『ダンシング・ヒーロー』のカバー)
    3. CUPID GIRL (作詞・作曲:Darren Hatch、Ginko、Tayx、訳詞:真名杏樹、編曲:国本佳宏。マイ・マインの同名曲のカバー)
    4. FOLLOW ME (作詞・作曲:B.Parr、B.Schippers、訳詞:真名杏樹、編曲:国本佳宏。メリー・Dの同名曲のカバー)

非売品プロモシングル[編集]

上記12inchシングル『MAKIN' IT』のプロモーション用シングルカット盤。

  • MAKIN' IT c/w CUPID GIRL(ROLLER COASTER VERSION) (1986年1月)
    B面曲の編曲は藤原ヒロシ&屋敷豪太
  • 素敵なハイエナジー・ボーイ(EAT YOU UP) c/w フォロー・ミー (1986年2月)

アルバム[編集]

  • ガラスの国境〔ボーダー〕 (1985年9月25日)
    本アルバムのプロデューサー陣には、岡田徹、「ムーンライダーズ」の白井良明鈴木博文野宮真貴、鈴木智文、矢口博康、佐伯健三(現・サエキけんぞう)、見岳章など、そうそうたるメンバーが参加している。
    1. 夏への手紙 (作詞:高橋修、作曲:松浦雅也、編曲:岡田徹)
    2. MARINE BLUE (作詞:高橋修、作曲:岡田徹、編曲:岡田徹)
    3. 恋のクスリはバンシャガラン (作詞:佐伯健三、作曲:吉川洋一郎、編曲:吉川洋一郎・岡田徹)
    4. STAY NEXT TO ME (作詞:矢野有美、作曲:岡田徹、編曲:岡田徹)
    5. マーマレード飛行 (作詞:鈴木博文、作曲:鈴木博文、編曲:岡田徹)
    6. 幻の輪舞〔ロンド〕 (作詞:吉元由美、作曲:村松邦男、編曲:岡田徹)
    7. 真珠海岸 (作詞:高橋修、作曲:鈴木智文、編曲:岡田徹)
    8. ガラスの国境〔ボーダー〕 (作詞:真名杏樹、作曲:村松邦男、編曲:岡田徹)
    9. FADE OUT (作詞:竹花いち子、作曲:見岳章、編曲:岡田徹)
    10. ちぎれ雲にウィング (作詞:佐伯健三、作曲:松浦雅也、編曲:岡田 徹・松浦雅也)

MIX CD[編集]

  • STRICTLY ROCKERS Re: Chapter.17 〜CRAZY DUB〜 (2007年)
    ECDによるレゲエ歌謡MIX CDで、矢野の楽曲『幻の輪舞(ロンド)』が使用されている。