吉元由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉元 由美(よしもと ゆみ、1960年[1])は、日本の作詞家小説家エッセイスト。既婚。配偶者は日本エドガーケイシーセンター所長の光田秀。娘が1人いる。

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。成城学園初等学校、成城学園中学校、成城学園高等学校、成城大学文芸学部英文学科卒業。大学卒業後OLをしていた1984年6月に作詞家としてデビューした。これまでに杏里山本達彦中山美穂河合奈保子ら数多くのアーティストに詞を提供した。特に杏里に対しては1986年の『MYSTIQUE』から1993年の『1/2&1/2』までのオリジナルアルバム収録曲の実に半数以上で作詞を担当し、全盛期の杏里を長年支えてきた。

2003年に発売された平原綾香のデビュー曲『Jupiter』を作詞したことで知名度を上げた。近年は小説家、エッセイスト等としても活躍しており、短編集『いつもなら泣かないのに』に収録された『雨よりせつなく』が原作として映画化された。

2014年から淑徳大学人文学部表現学科客員教授に就く。

作詞した主な楽曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

  • 中村由真
    • 水に落ちたヴァイオレット
    • 君の夢に飛びたい
    • One Summer Lonely
    • SWEET DESTINY
    • HEAVEN
    • さよならの冒険者たち
  • 中山美穂

は行[編集]

ま行[編集]

アニメ・特撮[編集]

主な著書[編集]

他多数

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]