RIKACO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村上里佳子から転送)
移動先: 案内検索
りかこ
RIKACO
プロフィール
別名義 村上 里佳子
村上 理佳子
吉川 莉加子(本名)
生年月日 1966年3月30日
現年齢 50歳
出身地 日本の旗 日本 横浜市
血液型 A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 169 cm / 48 kg
BMI 16.8
スリーサイズ 82 - 58 - 86 cm
股下 / 身長比 81 cm / 47.9 %
靴のサイズ 25 cm
活動
デビュー 1981年
モデル: テンプレート - カテゴリ

RIKACO(りかこ、本名:吉川 莉加子、1966年3月30日 - )は、日本のタレントである。

横浜市生まれ、東京都立日比谷高等学校(定時制)中退。身長169cm。血液型はA型。元夫は俳優渡部篤郎。旧芸名は村上 里佳子。村上 理佳子(読み同じ)。旧所属事務所は田辺エージェンシースカイコーポレーション、オフィスまとば、個人事務所ハンズアップ。現在の所属事務所はLDH

来歴・人物[編集]

  • 横浜市鶴見区でパン屋を経営する父親の元で育つ。
  • 13歳でモデルとして芸能界デビュー。
  • 1981年11月の15歳の時、資生堂「シャワーコロン」のCM用キャンペーングループを作るため、田辺エージェンシーによって行われたオーディションに合格。 そして矢野有美らと共に「シャワー」という7人組アイドルグループを結成し、1982年2月21日、高校1年の15歳の時に、『Do Up・愛・ing(ラヴィング)』でレコードデビュー。この曲で「夜のヒットスタジオ」にも一度だけ登場した。 当時の芸名は「村上理佳子」。
  • 17歳でタレント・女優に転身し、「11PM」に出演。
  • 1984年 - 1986年、美と健康をテーマにした深夜番組「ミントタイム」(テレビ朝日)でサブMC。(メインMCは山本博美
  • 1986年、「花の女子校 聖カトレア学園」 (テレビ東京)にレギュラー出演し、はっきり物をいうキャラクターの生徒役で注目される。共演者(生徒役)は、野沢直子堀江しのぶ桑田靖子森尾由美など。
  • 1992年、「浅草橋ヤング洋品店」にレギュラー出演し、若者のファッションリーダーとして注目を浴びる。
  • 1993年、当時同じ事務所に所属していた俳優渡部篤郎と結婚、ライフスタイルを貫く姿勢からカリスマ主婦として名をはせる。その年に長男・1998年に次男と、2人の息子を出産。
  • 2000年には「24時間テレビ」(日本テレビ系)で初のパーソナリティーを務め、2001年には「別れさせ屋」でドラマ初主演を果たす。
  • 2005年12月25日に渡部と離婚。話を切り出したのは渡部だった。会見での里佳子は「これまで彼にはいろいろと支えられてきたし、私も支えてきた」、「ポジティブに私も頑張りますし、彼も今まで以上に頑張っていかなければいけないと思います」と語った。離婚の原因を里佳子は「私が描いていた家庭像と彼が求めていた家庭像や父親像が違ったというのが一番大きかった」と話した。
  • 以前は、俳優業は村上里佳子、その他の活動はRIKACOと芸名を使い分けていたが、現在はRIKACOで統一している。
  • 現在、タレント業の他に、洋服や雑貨などのプロデュース・販売などを手がけている。
  • 2010年4月、国際食学協会2010-2011名誉理事長/親善大使に選ばれた。

エピソード[編集]

  • 近年ではドラマや映画等の女優業としての出演は全く無く、バラエティ番組の出演が中心となっている。特に、日本テレビの出演が多い。
  • 1980年代の頃から知人の死をきっかけに江原啓之と親交が深くなり、現在でも江原の考えを支持している。
  • デビュー当時から自由奔放な発言をしていたが、当時は受け入れられない風潮が強かったためにバッシングを受け引退を考えたこともあった。(一時芸能界を休業し海外(オーストラリア)で数年を過ごしている)しかし、岩城滉一に説得されて思いとどまったという。
  • バブル期(特に1990 - 1993年頃)は夜な夜な六本木界隈を遊び歩きボトル片手に裸足で徘徊するといった醜態を晒していた(本人談)[1]
  • お笑い芸人の増谷キートンがものまねをしている[2]
  • 額に皺が寄るのでお馴染みで、ラジオ番組「コサキンDEワァオ!」でもよくネタにされていたが、額の皺が消えたことが判明した[3]
  • キャンプバーベキューなどのアウトドアが好きである。また、料理もかなりの腕前で、番組でも時々披露することがある。
  • 重大な物事を決断するときでも、誰にも相談せずに自身で決断することが多く、離婚の決断に関しても自ら決意したという[4]
  • 嫌いな食べ物は、馬刺しと鮒寿司[5]。魚介系も苦手傾向がある。
  • 強烈な毒舌や過激な言動が多く、自身の持論を感情的に強く述べることも多い。但し、「私は、人の悪口を言うのがすごく苦手」という[6]
  • さんまのまんま」の特番で武豊と同席したとき、本人の前で武を「不細工」と罵倒していた。また「踊る!さんま御殿」で、辺見えみりに対し当時の夫だった木村祐一のことを「気持ち悪くない?」と発言していた。その他、ごきげんよう出演の際、交流がある沖田浩之と共に共演し、沖田からお笑い芸人ジミー大西に、口説かれ、電話番号を聞かれた事を暴露され、本人が「ジミー大西の顔を見るだけでオエー」「あんな気持ち悪い顔嫌い」と発言した。
  • 目上や先輩芸能人に対して、「だってさ~」「~じゃん」などタメ口で話をすることも少なくない。また、語尾に「~わけよ」と言うのが口癖となっている。
  • 短気でキレやすい一面もあり、「ここがヘンだよ日本人」で二宮清純が激高して物を投げつけた際、「何で投げつけるのよ!!」と同席していたテリー伊藤とともに二宮を激しく罵倒したことがある。また、2002年の正月、ホノルル国際空港で待ち構えていた日本の報道陣に「何で撮るのよ!子供が写っちゃうじゃない!!」と激怒していたが、数年後に息子たちをテレビ番組に出している。

恋愛・結婚・子育てに対する姿勢[編集]

  • 男性の恋愛観や価値観に対して厳しく批判することが多い。
  • ウンナンのホントコ!』の企画「恋愛センター試験」で講師として登場し、歴代講師の中で最も厳しい恋愛観と採点を行った。特に、間寛平舞の海の解答を「最低」「バカ」と容赦なく斬り捨てマイナス点を連発。さらにスタジオでは、南原清隆が「結婚しているから、関係ないですよね?」という発言に対して、「結婚しても、女性を大事にする恋愛観は変わらない!」と一喝した。
  • 子育てに関して「男も家事をするべき」と発言しており、子供にも家事を手伝わせている。また、しつけに関しても「ある程度の子育てには叩く事も必要。時にはお尻叩いて気づかせる事も必要」とし、「よく食べ、よく寝て、よく遊び、よく勉強する」をモットーに教育している[7]
  • 家事を一切手伝わない男性について、「家事をしないなんてナンセンス。男っていうのはどうしても自分中心になる。女性に対して優しくできない大人に育って欲しくない」としている[8]
  • 「夫が帰ってきても、妻が家事をしない。化粧もしていない。」という意見に対して、「それは女性だけの責任ではなくて男性にも責任がある。女性の魅力を減退させている責任は男性側にもある。それがフィフティフィフティだと思う。」と反論。
  • あっぱれ!!さんま大教授』でゲスト出演した際、「女をバカにしているみたいな」とスガシカオの歌詞を批判。さらに、スガのインタビューを見た後に「歌詞は確かに素晴らしいかもしれないけど、実際にスガさんのような人と恋愛するかといったら止めといたほうがいいと思う」と発言。後に『HEY!HEY!HEY!』でこれらのシーンが取り上げられて、スガと直接共演した里佳子は、「女の子って、ついつい恋愛に結びつけちゃう傾向がある」「興味を持った人と付き合ったらどうなるかと考えたら、あ、やっぱ止めとこ、みたいな」と持論を展開。さらに、人の話を聞かずにトークに割って入ろうとして、ダウンタウンから「もう、喋らんでええねん!」と呆れ気味にツッコミを入れられた。
  • 大沢啓二が、「妻の出産で外国人選手が帰国してしまうのはおかしい」と発言したことに対し、「いい事じゃないですか。奥さん寂しいじゃないですか。一生に一度二度あるかないかですよ」と反論した。但し、「(選手・監督の)奥さんが理解していれば(出産や病気などに立ち会わなくても)いいんじゃない?」「夫婦がお互いに納得すればいいんであって、絶対にこうでなければいけないというのはないと思う」とフォローしている。
  • 男性中心の社会に対して批判的であることから田嶋陽子と一緒にされることがあり、ケビン・クローンからも指摘されたことがある。これに対して里佳子は、「ちょっと待って、ケビン!なんで私と田嶋陽子さんを一緒にするのよ!」と反発。

ファッション・ライフスタイル[編集]

  • 「ファッションリーダーがカッコイイ服とは何か示すべき」としたことに、「あたしちゃんとやってるよ」としている。
  • ウルトラマンのキャラクターが入った服や靴を自分の子供が着たがっていることに対して、「キャラクター物のTシャツやスニーカーを履いて一緒に子供と出かけるのは絶対イヤ」としている[7]
  • 1990年代に流行した女子高生のファッションに対してかなり嫌悪感を抱いており、「全然可愛くないよ。可愛いと言っている男は視力は悪いんだよ。(ガングロに関しても)スッピンの方が可愛いんだよ」「白い口紅したり、あんなに高い厚底靴を履いているなんて信じられない!あれは、ヘンだしブサイク!みんな止めなさい」と批判したことがある。

政治・社会[編集]

  • 石原慎太郎東京都知事の発言がテーマとして取り上げられ、中国人・韓国人出演者などが石原の発言に反発したことに対して、「絶対禁句だって言うけど、人それぞれ価値観が違うしその時代のことをすごくいいと思っている人もいるわけよ」「今までの都知事は、礼儀正しくて言われたことしか言わなかったよね。でも、石原さんがそういうことを覆してくれることを期待しているわけよ」と石原の発言を擁護していた。しかし、「相手に対して不愉快な言葉を使うとケンカを仕掛けることになるし、政治家としてはやってはいけないことだと思う」「公式の場で不快に思う言葉を使うのは間違いであって、そういうことを認めなければならない」という反論に里佳子も返す言葉はなく黙り込んでしまった。
  • 少年法に対しては否定的なスタンスで、「ただ走っている暴走族の子だったらいいけど、人を殺した少年に対して社会が暖かく見守るのは納得いかない」と発言をしている。

出演[編集]

テレビ[編集]

現在出演している番組[編集]

過去に出演した番組[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

・コミック雑誌なんていらない

ビデオ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

前期型のCMでは前夫の渡部篤郎と夫婦で出演しており、後期型も継続して出演していた。
なお、リバティのCMが放映されていた当時の日産は、ルノーと資本提携のもとで経営再建中であり、提携先のルノーから派遣されたカルロス・ゴーンが日産の社長に就任以降からはCMに芸能人や著名人を起用しない事を特徴としていたが、例外的に、カルロス・ゴーンが社長就任以降にマイナーチェンジされたリバティの後期型以降も継続して村上里佳子が起用されていた。

ウェブマガジン[編集]

大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色』南東北特集(2008年~)

著書[編集]

  • かわいい月(立風書房 1994年)
  • リカコズセレクションスタイルブック(主婦の友社 1995年)
  • プラスラブ(主婦の友社 1995年)
  • Life - Health、beauty and family(幻冬舎 2004年)
  • HOME(主婦と生活社 2011年)
  • RIKACO'S ALOHA STORY - Hawaii Perfect Guide(光文社 2012年)
  • RIKACO'S ALOHA STORY 2(光文社 2015年)

主な友人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ポスト 1991年11月14日 p.221 - 223「シリーズ・当世美女告白」
  2. ^ DVD「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」Vol.1 (フジテレビ、エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ)収録
  3. ^ 「コサキンの中2の放課後 2人合わせて100才」(興陽館)p.46 ほか
  4. ^ 婦人公論 2012年4月7日号 p.32 - 34
  5. ^ 有名人データベース PASONICA JPN「RIKACO」
  6. ^ デイリースポーツ 2013年7月4日 芸能面「RIKACOが毒舌を反省…ブログに意見殺到で」
  7. ^ a b 「Life - Health、beauty and family」p.147 - 156
  8. ^ 「HOME」p.008
  9. ^ スカルプDボーテスペシャルサイト 女磨きプロジェクト

外部リンク[編集]