コミック雑誌なんかいらない!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コミック雑誌なんかいらない!
No More Comic Magazines!
監督 滝田洋二郎
脚本 内田裕也
高木功
製作 海野義幸
出演者 内田裕也
渡辺えり子
麻生祐未
音楽 大野克夫
撮影 志賀葉一
編集 酒井正次
公開 日本の旗 1986年2月1日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

コミック雑誌なんかいらない!』(コミックざっしなんかいらない)は、1986年に公開された日本映画作品。

概要[編集]

主演の内田裕也扮する人気芸能レポーターの奮闘ぶりを通して、ワイドショーに踊らされる大衆を皮肉った作品である。成人映画出身の滝田洋二郎が初めて一般映画の監督を務めた作品でもある。なおタイトルは内田がファンであるという頭脳警察の楽曲のタイトルから付けられた。

作品中には当時(1985年頃)に実際に起こった事件・事故や出来事を取り入れており、特に芸能界で「お騒がせ」した本人は作品中に自ら登場しているなど異色のキャストも話題となった。また内田の作品内の口癖は「恐縮です」であり、これは実際の芸能レポーター・梨元勝のキャラクターをモデルにしている(その梨元も作品内に登場する)。またその役名「キナメリ」は、内田と親交があった編集者木滑良久を元にしている。

カンヌ映画祭監督週間に招待、ニューヨークロサンゼルスの映画館でも上映され、世界的にも高い評価を受けた。

登場する(モデルとなった)事件・出来事[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]