頭脳警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
頭脳警察
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
パンク・ロック
活動期間 1970年 - 1975年
1990年 - 1991年
2001年 - 2002年
2008年 -
レーベル ビクター音楽産業
(1972年 - 1975年
(1990年 - 1991年)
ディウレコード
2001年 - 2002年
アイドルジャパンレコード
2008年 - 2009年
テイチクエンタテイメント
(2010年 - )
公式サイト 頭脳警察 Official Website
メンバー パンタボーカルギター
トシ(パーカッション

頭脳警察(ずのうけいさつ)は、日本ロックバンド

概要[編集]

共産主義的な革命運動が激化する時代のさなかにレコードデビュー。政治的に過激な歌詞とラディカルなライブパフォーマンスによって、発禁放送禁止、コンサート会場への出入り禁止など、活動初期に数々の「伝説」を残す[要出典]

実際はその一人歩きしたイメージとは裏腹に、オールドテイストなロックンロールバラードフォークなどを種種雑多に取り入れた実直な日本語ロックを志向しており、トシが離脱していた時期のソフィスティケートされた音楽性やパンタによる文学的・知的な歌詞と幅広い表現力の歌唱はアピアランス以外においても異彩を放った[要出典]

来歴[編集]

  • 1970年 - パンタ(中村治雄)、トシ(石塚俊明)で結成。「ダサくてもいいからオリジナリティに満ち、自信をもって人前で演奏できる」ことを目指す。
  • 名前の由来はフランク・ザッパの「頭脳警察ってのはどいつらなんだよ? (原題:Who Are The Brain Police?)」(『フリーク・アウト!』収録)という曲からとられたもの。
  • 政治的に過激な歌詞により、1972年のファーストアルバム『頭脳警察1』は発売中止(ちなみにジャケットは3億円事件犯人のモンタージュ)、『頭脳警察セカンド』の中の3曲は放送禁止になった。この頃コンサート会場では赤軍派によるアジテート演説が行われるなど、反体制バンドと呼ばれていた[要出典]
  • 1971年 - 三里塚闘争が行われていた成田市三里塚で開催された日本幻野祭に出演する。
  • 1975年 - 解散。パンタはソロを経てPANTA & HAL、トシは奇矯やトシ・ライブ・バンド・シノラマなどで活動。
  • 1990年 - 1年間だけ再結成。復活作『頭脳警察7』にはマルコシアス・バンプザ・グルーヴァーズなどがゲストで参加。翌年の『歓喜の歌』にもコーラスで荻野目洋子などの名前がクレジットされている。旧作『セカンド』から『悪たれ小僧』までがCDで再発。

2000年代以降[編集]

2001年
2008年
2009年
2010年
  • 3月30日 - 4枚組DVD『頭脳警察 from 全曲LIVE 〜反逆の天使〜』発売。
  • 11月24日 - 9枚組(7CD+2DVD)BOX『無冠の帝王 -40周年記念BOX-』発売。
2011年
2012年
  • 7月25日 - アルバム『俺たちに明日はない 〜SPECIAL EDITION〜』発売。アルバム『俺たちに明日はない』にシングル「時代はサーカスの象にのって」やライブ音源等を追加したもの。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. いとこの結婚式(1972年6月)※シングル・ヴァージョン
  2. 孤独という言葉の中に/今日は別に変わらない(1972年12月)※両面ともアルバム未収録
  3. 夜明けまで離さない(1974年12月)
  4. 時代はサーカスの象に乗って(2008年6月)

アルバム[編集]

  1. 頭脳警察1(1972年3月)
    〜イントロダクション〜世界革命戦争宣言 / 赤軍兵士の詩/銃をとれ(Part 1) / さようなら世界夫人よ / 暗闇の人生 / 彼女は革命家 / 戦争しか知らない子供たち / お前が望むなら / 言い訳なんか要らねえよ / 銃をとれ(Part 2)
  2. 頭脳警察セカンド(1972年5月)
    銃をとれ! / さようなら世界夫人よ / コミック雑誌なんか要らない / それでも私は/軍靴の響き / いとこの結婚式 / 暗闇の人生 / ふりかえってみたら / お前と別れたい
  3. 頭脳警察3(1972年10月)
    ふざけるんじゃねえよ / 嵐が待っている / 時々吠えることがある / 滅び得た者の伝説 / 少年は南へ / 前衛劇団{モーター・プール} / 歴史から飛びだせ / 無知な奴らが舞い踊る / 桃源境 / 指名手配された犯人は殺人許可証を持っていた / パラシュート革命 / 光輝く少女よ
  4. 誕生(1973年3月)
    無冠の帝王 / 悲しみにつつまれて / 詩人の末路 / あなた方の心の中に黒く色どられていない処があったらすぐ電話をして下さい / もうあきた / 鹿鳴館セレナーデ / やけっぱちのルンバ/メカニカル・ドールの悲劇 / 心の落ちつき失せて / 破滅への招待
  5. 仮面劇のヒーローを告訴しろ(1973年7月)
    ウイスキー・ハイウェイ / まるでランボー / ハイエナ / 恋のいらだち / ホ短調の間奏曲 / 仮面劇のヒーローを告訴しろ / イエス・マン / 奴は帰らない / 麗しのジェット・ダンサー / 愛なき日々 / プリドナンナ / 間違いだらけの歌
  6. 悪たれ小僧(1974年11月)
    戦慄のプレリュード / 夜明けまで離さない / ひとつぶの種になって / 悪たれ小僧 / 真夜中のマリア / 落葉のささやき / サラブレッド / スホーイの後に / あばよ東京
  7. 頭脳警察7(1990年11月21日)
    腐った卵 / Blood Blood Blood / 煽動 / わかってたまるか / Quiet Riot / 6000光年の誘惑 / 謙虚な昼寝 / イライラ / People / 月蝕と日蝕の谷間で / 万物流転
  8. 歓喜の歌(1991年5月21日)
    最終指令“自爆せよ” / 飛翔〈ひらめく旗の下で〉 / セフィロトの樹 / 獲物の分け前 / ライヴ・エヴィル / 白い森 / 焔の色 / オリオン頌歌 / 歓喜の歌
  9. 俺たちに明日はない(2009年11月6日)
    俺たちに明日はない / 死んだら殺すぞ / UNDERCOVER / ROCKATION / SPARTAKUS INTERNATIONALE R&R BUND / BRAINWASH / ヒトを喰った話 / 赤の女王 / 黒の図表 / 残照

ライブアルバム[編集]

  1. 頭脳警察Live!(1975年)
  2. LIVE IN CAMP DRAKE(1991年2月21日)

ベストアルバム[編集]

  1. 頭脳警察BEST(1987年)
  2. 1972-1991(1993年11月21日)
  3. 無冠の帝王-結成40周年記念BOX-(2010年11月24日)
  4. 頭脳警察from全曲LIVE〜反逆の天使〜(2011年3月30日)

コンピレーション参加[編集]

  1. 幻野 幻の野は現出したか〜'71日本幻野祭 三里塚で祭れ
  2. 幻野EVIDENCE(1989年)
    「世界革命戦争宣言」「銃をとれ」「セクトブギウギ」「銃をとれ(アンコール)」収録

映画音楽[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]