ドライブインシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギー・ブリュッセル中心部でのドライブインシアター。空気を入れて膨らませると100フィート幅になるスクリーンを用いて、仮設のドライブインシアターを市街地に設けることができる
上映中のドライブインシアター

ドライブインシアター (drive-in theater) は、巨大な駐車場スクリーンを配置し、に乗ったまま映画が鑑賞できる映画上映施設である。DTとも略される。

構造[編集]

駐車場に巨大なスクリーンが設置されており、観客の乗った自動車は駐車場内の白線に停まりスクリーンに上映される映画を鑑賞する。音声は、自動車内にあるラジオで受信する方法の他、駐車場にあるポールから音声を引く場合もある。

歴史[編集]

ドライブインの誕生[編集]

シドニーのドライブインシアター

ドライブインシアターは、アメリカ合衆国ニュージャージー州カムデンフィラデルフィア郊外)で代々化学工場を経営するリチャード・ホリングスヘッド・ジュニア(Richard M. Hollingshead, Jr.)が発明した。1932年、ホリングスヘッドは自宅の車道で映画の野外上映のテストを行った。裏庭の樹にスクリーンを釘打ちし、1928年型コダック製映写機を自動車のフードに載せ、スクリーンの後ろに無線機を置いて、自分の乗った車の窓を上げ下げしながら音量を確かめた。また彼は車道に敷かれたブロックを使い、どの車からもスクリーンがはっきり見えるための駐車区画の大きさと配置を確認した。試験を重ねた彼は1932年8月6日に特許出願を行い、1933年5月16日に特許(U.S. Patent 1,909,537)が与えられた(この特許は17年後、デラウェア地方裁判所で無効を宣告されている)。

1933年6月6日、ホリングスヘッドの経営するドライブインシアターがニュージャージー州カムデン郡のペンソーケン(Pennsauken)のアドミラル・ウィルソン通りで開業した[1]。彼はこのとき「どんなに子供が騒がしくても気にせず家族みんなでお越しいただけます」[2]と宣伝している。この劇場はわずか3年間で閉館したが、1934年以後、全米の他の州や都市でドライブインシアターが次々と開業した。

ドライブインの全盛期[編集]

上映中のドライブインシアター、ドイツ

ドライブインシアターがこの時期アメリカの家庭で人気を博した理由には、安心して家族全員で映画を観にいくことができるということがある。自動車の中なら普通の劇場と違い子供が騒いでも他の観客を気にする必要がなく、また騒がしい子供を家で留守番させる心配も、そのためにベビーシッターを雇う必要もないという利点があった。夕方から家族そろって自動車で出かけドライブインで映画を見ることは当時の最も現代的な娯楽であり、第二次世界大戦前には全米で100ほどにまで劇場数は増加した。大戦が終わると帰還兵とその家族を当て込んだドライブインシアターの建設ブームが巻き起こった。

ドライブインシアターは1950年代末から1960年代初頭にブームのピークを迎え、農村部を中心に全米で4,000以上のドライブインシアターがあった。乳幼児連れの家族のみならず自動車に乗れるティーンエイジャーもデートに利用した。一方で、夜間のドライブインシアターでは各車内は完全な密室であり、インモラルなことを行う空間と化しているという扇情的な報道もあった。

バージニア州レキシントンのドライブインシアター。車の停まる場所には、スピーカーがついたポールがあり、このスピーカーを車に掛けて音声を聞く

ドライブインシアターの上映時間は野外が暗くなる夕方以降に限定されているため一般の劇場と比べ収入が少ない欠点があり、この不利を打開するため駐車場全体にテントを張る所もあったが解決には結びつかなかった。

また上映環境の改善も図られた。冬の駐車場は寒く客足が伸びないため、プロパンヒーターなど暖房機の貸出しを行ったり、中には各区画に配管を行い観客の車に冷気や暖気を送り込めるようにした劇場もあったが、こうした配管がネズミの巣となり車内にネズミが侵入する場合もあった。

音響も改善が図られた。当初はトラックの上にスピーカーを置いていたが、スピーカーの近くでは音声がうるさく、遠くでは音声が聞こえない欠点があったため、各区画に小さいスピーカーを設置し、車の側面にスピーカーを取り付けられるようにするところが現れた。しかしこのスピーカーは音質に問題がありステレオ音声は再生できなかった。自動車にカーステレオが標準装備されるようになって以降、劇場内で特定の周波数の電波を発信し、カーステレオが受信して音を再生するという方法がとられるようになった。

観客を呼ぶために動物園を設けたり、上映している映画の出演俳優を呼んだり、歌手やバンドを呼んで上映前に演奏させたりするドライブインもあり、中には日曜日の朝と夕方に自動車に乗ったままでの礼拝を行うところもあった。

車社会の到来がアメリカ合衆国に比べて遅れた西ヨーロッパでは1950年代末頃から1960年代初頭にかけて徐々にドライブインシアターが現れ、1960年代に普及していった。

衰退[編集]

オクラホマ州サプルパのルート66沿いにあったドライブインシアターの跡地

1970年代以降、ドライブインを見る世間の目は厳しくなり、車のトランクに入って駐車場に入りタダ見する観客のことや、家族連れの多くない時間にポルノ映画を上映する劇場などが問題視された。幅広い客が来るドライブインシアターは全年齢向けの映画しか上映できず、ポルノ上映は明らかに違反であった。

地価の上昇は、広い土地を必要とする一方、夜しか営業できず大雨では上映中止となり冬の観客も少ないドライブイン経営には打撃になった。サマータイム導入が全米の各州に広がったことも、暗くなる時間が遅くなったためドライブインには不利になった。また家庭でのカラーテレビビデオテープレコーダ普及、レンタルビデオの登場で、家族全員で映画を見る際のプライバシーの問題も解決され、ドライブインシアターの需要は低下した。

こうして徐々にシアターの数は減り、アメリカでは山地や離島など辺鄙な土地で残っているほかは、映画を楽しむというより昔を懐かしむための施設となった観がある。シアターの跡地は全米各地に残るが、商品を野積みする倉庫代わりになっているものもあれば、フリーマーケット用会場になっているものもある。一方で、ヨーロッパでは祭りなどの際に臨時のドライブインシアターが市街地に立つことがあるほか、アメリカなどでもプロジェクターやラジオトランスミッターを用いて手作りでドライブインシアターを作り、ネットなどを通じて集まった観客に映画を見せるなどの活動も行われている[3]

日本での歴史[編集]

日本では、1961年昭和36年)に神奈川県小田原市にあるトヨペット小田原サービスセンター内に「ドライブイン野外劇場」という名称で試験的に設置したことがあった。[4]

その後、1981年昭和56年)に千葉県船橋市の「ららぽーと」に設置され。その後、車社会の普及と共に全国に20か所以上存在し、1990年頃にピークを向える。しかし、シネマコンプレックスの普及、夕方以降しか上映できないという物理的な制限、気象条件に左右される点やアイドリング・ストップの推進などから、衰退していった。2007年11月以降神奈川県大磯町の1か所のみとなっている状況であったが、2010年10月11日をもって営業を終了し、これによって国内のドライブシアターは全て閉鎖となった。

前述の船橋市のららぽーとからは1986年7月3日TBS系歌番組「ザ・ベストテン」の第8位に荻野目洋子がランクインした際に中継が行われ当時の様子を見る事ができる。

なお、2005年には日産自動車が乗用車ティアナ販促のため、同車を30台設置し、ドライブインシアターを再現したことがあった。 [5]

日本での主なDT[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Strauss, Robert. " The Drive-In Theater Tries a Comeback; Looking for a Few Hundred Adventurous Moviegoers", The New York Times, July 23, 2004. Accessed March 26, 2008. "The nation's first drive-in theater was built by the Hollingshead family along the tawdry Admiral Wilson Boulevard in Pennsauken, N.J., in 1933."
  2. ^ "This Month in History", Smithsonian magazine, June, 2003.
  3. ^ San Francisco Chronicle: "Reviving drive-in culture"
  4. ^ モーターファン 1961年10月号の記事
  5. ^ http://response.jp/issue/2005/0519/article70832_1.html 横浜、神戸でティアナでのドライブインシアター

関連項目[編集]

外部リンク[編集]