篠原勝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠原 勝之(しのはら かつゆき、本名同じ[1]1942年4月15日[1][2] - )は、日本の芸術家作家タレント。自らを「ゲージツ家」と称している[3]。愛称は「クマさん」。別名「KUMA[2][4]

北海道札幌市生まれ、室蘭市育ち[5][6]北海道室蘭栄高等学校卒業。武蔵野美術大学中退[7]

血液型B型[2]。趣味は剣道。KUMA's FACTORY(クマズファクトリー[8][9]1986年設立[5])所属。

来歴・人物[編集]

生まれてすぐジフテリアにかかり嗅覚と左耳の聴覚を失った[10]

1973年から1979年まで唐十郎主宰「状況劇場」のポスターや舞台美術を担当。細密な鉛筆画を下書きとしたB全ポスターは現在も人気が高い。

嵐山光三郎赤瀬川原平南伸坊糸井重里村松友視椎名誠らと親しくなり、彼らの本を「面白エッセイ」として次々に刊行していた情報センター出版局から、1981年に『人生はデーヤモンド』を刊行。独特の文体とキャラクターで人気を博す。

また1982年から嵐山が司会をしていた『笑っていいとも!増刊号』に出演したことで注目され、一時、明石家さんまの『テレビくん、どうも』や『笑っていいとも!』のレギュラーとなり、以降、テレビタレントとしても活動するようになる。

溶接オブジェを得意とし「鉄のゲージツ家」の異名を持つ。溶接の他にもガラスや銅版画での作品を発表している。日頃から自分の作品を「芸術」ではなく「ゲージツ」と称している。

文筆でも活躍し、2009年には『走れUMI』で第45回小学館児童出版文化賞を、2015年には『骨風』で第43回泉鏡花文学賞を受賞[11]

スキンヘッド着流し姿と下ネタ発言がトレードマーク。ビートたけしタモリと親しく、彼らの番組にしばしば登場する。ビートたけしのことを「ビートの旦那」と呼ぶ、数少ない人物でもある。

前妻との間に一男一女をもうけている[10]

エピソード[編集]

  • 1960年代後半から70年代にかけて、東京都新宿区でプロ級の喧嘩師と称されていた時代があった事を、篠原の若かりし頃を知る数々の著名人が証言している。
  • 幼児期は、実の父親からほぼ虐待に近い位の体罰を受けて育った事を著作にて明かしている。拳で殴られる、ビンタをされる等は日常茶飯事であったという。
  • ビートたけしとの出会いは西荻窪の定食屋。さんま定食を食べているたけしの箸づかいに感嘆し、教養がある人だと思ったという[12]
  • 赤塚不二夫と呑み友達であったことが、赤塚死去の特番において公表された(後述するが、赤塚とは1982年に丸美屋食品のふりかけ「ハッピーポッケ」のCMで“ハッピーポッケ団”の一員として共演している)。ツイッターでは、赤塚のことを「赤塚不二夫兄貴」や「盟友」とも記す。赤塚が創作したキャラクター「ウナギ犬」については「一番好き」「ウナギとイヌというハイブリッドが斬新」と記している。
  • 前田日明とも深く交流があり、前田の結婚式には「ウナギ犬」をオリジナル家紋として礼服に入れて参列した。ウナギ犬を使用する際には、念のため著作権の問題をクリアしたらしい。
  • ビートたけしや所ジョージらが行っているベナン共和国を救う運動に「(何かを寄贈する)ゼニのないオレはゲージツするタマシイで子ども等と遊ぶことだ」として、たけしや所らが援助する学校に赤土のレンガで出来た「ドラゴン」というオブジェを創作。子どもたちも泥だらけになりながら創作を手伝った。篠原の案内役を務めたのは、同国出身でオフィス北野所属タレントのゾマホン・ルフィン
  • 現在は山梨県アトリエを建て、創作活動の拠点としている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『かげ 篠原勝之作画』すばる書房(すばるの絵本) 1976
  • 『ルビーの目』作画 絵本館 1980
  • 『人生はデーヤモンド』情報センター出版局 1981 のち角川文庫 
  • 『嵐の中をアカ犬が走る』冬樹社 1983 のち角川文庫 
  • 『デーヤモンド・ヘッド』新潮社 1984
  • 『放屁庵退屈日記』角川文庫 1985
  • 『クマさんタコを喰らう』青山書房 1986
  • 『ケンカ道 その“究極の秘技”を探る』祥伝社ノン・ライブ 1987
  • 『アイアンチャイルド』ネスコ 1989
  • 『毛の生えたレンアイ』ベストセラーズ 1992
  • 『クマさんのゲージツ日誌』毎日新聞社 1994
  • 『天外天風 ゲージツ無頼帖・内モンゴル熱風篇』マガジンハウス 1994
  • 『クマさんのやっぱり役に立たない人生相談』サンドケー出版局 1995
  • 『Kuma's iron circus』スコラ 1995
  • 『鉄のおもいで』講談社 1997
  • 『Kuma's KUMAのほとんど総て』平凡社 2000
  • 『蔓草のコクピット』文藝春秋 2001
  • 『走れUMI』講談社 2008 のち文庫 
  • 『もちおもり』講談社 2010
  • 『A(アンペア)』小学館 2011
  • 『カミサマ』講談社 2012
  • 『骨風』文藝春秋 2015

共著[編集]

  • かものおかあさんとりくのたび シートン作 篠原勝之絵 学習研究社, 1969
  • ざしきわらし 吉田タキノ作、篠原勝之絵 理論社, 1970
  • のこぎりざめととんかちざめ ショボー作 篠原勝之絵 学習研究社, 1970
  • 海辺のマーチ 中野みち子作 篠原勝之絵 理論社, 1971
  • 八月がくるたびに おおえひで作、篠原勝之絵 理論社, 1971)
  • 真夏の旗 三木卓作 あかね書房, 篠原勝之絵 1971
  • 鋼鉄都市 アイザック・アシモフ作, 篠原勝之絵 あかね書房, 1971
  • まほうのゆび ロアルド・ダール作, 篠原勝之絵 あかね書房, 1971
  • 月世界の核爆発 パトリック・ムーア作, 篠原勝之絵 あかね書房, 1972
  • 日本海の詩 鶴見正夫少年詩集 鶴見正夫詩 篠原勝之絵 理論社, 1974
  • 八月がくるたびに おおえひで作 篠原勝之絵 理論社, 1978.3
  • クジラがクジラになったわけ テッド・ヒューズ作 篠原勝之絵 旺文社, 1979.7
  • いばらひめ グリム作 篠原勝之絵 小学館, 1979.11
  • 糸姫 唐十郎作 篠原勝之画 青林堂, 1983.7
  • Kの食卓 デーヤモンドスーパーメニュー 篠原勝之文 長友啓典画 角川書店, 1986.8

主な出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

  • サウスパーク(声の出演、ランニング・ウォーター酋長役※第1シーズン第12話)

CM[編集]

DVD[編集]

  • 『KUMA・トマム 篠原勝之のゲージツとトマムの幻想世界』(2006年9月7日)シンフォレスト

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1999年版『日本タレント名鑑』P203掲載「篠原勝之」より。
  2. ^ a b c 『TVスター名鑑』1992年版P131掲載「KUMA」より。
  3. ^ 『TVスター名鑑』1992年版P131でも、「ゲージツ家」として紹介されている。
  4. ^ 自身の公式サイト内プロフィールでは、「篠原勝之・KUMA」と併記されている。
  5. ^ a b 自身の公式サイト内プロフィールを参照。
  6. ^ 北海道出身であることについては、各種プロフィールにも明記。参考:『TVスター名鑑』1992年版・1999年版『日本タレント名鑑』
  7. ^ 『TVスター名鑑』1992年版P131に掲載された「KUMA」の出身校情報より、「武蔵野美術大」と明記(中退の旨は掲載されず)。
  8. ^ 『TVスター名鑑』1992年版P131に掲載された「KUMA」の所属事務所情報では、「クマスファクトリー」と明記。
  9. ^ 1999年版『TVスター名鑑』P203に掲載された「篠原勝之」の所属事務所情報では、「クマスファクトリー」と明記。
  10. ^ a b NHK BS hi『わたしが子どもだったころ ゲージツ家 篠原勝之』より
  11. ^ “泉鏡花文学賞に2作品 長野まゆみさん「冥途あり」と篠原勝之さん「骨風」”. 北國新聞 (北國新聞社). (2015年10月15日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20151015102.htm 2015年10月15日閲覧。 
  12. ^ 篠原勝之インタビュー - ZAKZAK 2007年3月31日付
  13. ^ 放送期間・放送日時・共演者については、『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録のラジオ番組リストより、『クマさんのスキンヘッドナイト』を参照。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]