トットチャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トットチャンネル
著者 黒柳徹子
発行日 1984年10月
発行元 新潮社
ジャンル 自伝エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 337
コード ISBN 978-4103550013
ISBN 978-4101334028文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
新版 トットチャンネル
著者 黒柳徹子
発行日 2016年3月1日
発行元 新潮文庫
ジャンル 自伝エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 474
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4101334103
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

トットチャンネル』は、黒柳徹子自伝エッセイである。1984年10月に新潮社より刊行された。

黒柳の幼少期を描いてベストセラーとなった『窓ぎわのトットちゃん』の続編に当たる内容で、黒柳がNHK放送劇団に入団して以降、テレビ草創期の現場でのドタバタに巻き込まれつつ、失敗を乗りこえながら個性派女優へと成長していく様子を描いた青春記。前作が講談社からの刊行だったのに対し、本作は新潮社より刊行されている。2016年3月には最新メッセージを加筆して『新版 トットチャンネル』と題して新潮文庫より再刊行された。

1987年8月に大森一樹監督・脚本、斉藤由貴主演により映画化された。また、2016年4月には『トットひとり』と本作を原作として、『トットてれび』と題してNHKの「土曜ドラマ」枠で満島ひかり主演によりテレビドラマ化された。

書籍情報[編集]

映画[編集]

トットチャンネル
監督 大森一樹
脚本 大森一樹
原作 黒柳徹子
製作 富山省吾
ナレーター 黒柳徹子
出演者 斉藤由貴
渡辺典子
髙嶋政宏
網浜直子
村上里佳子
久野綾希子
三浦洋一
植木等
音楽 かしぶち哲郎
撮影 五十畑幸勇
編集 池田美千子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 1987年8月1日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東宝映画製作・東宝配給で映画化され、1987年8月1日に公開された。

雪の断章 -情熱-』(1985年公開)、『恋する女たち』(1986年公開) に続く斉藤由貴の主演第3作品目であり、監督・脚本の大森一樹とは『恋する女たち』および『「さよなら」の女たち』(1987年公開)でもタッグを組んでいる[1]。本作と『恋する女たち』により、大森が第11回日本アカデミー賞優秀監督賞及び優秀脚本賞を、斉藤が同優秀主演女優賞を受賞。また、髙嶋政宏のデビュー作品であり、本作及び映画『BU・SU』での演技により第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第30回ブルーリボン賞新人賞など1987年度の新人各賞を受賞している。

本作のナレーションも担当した黒柳徹子は本作を鑑賞した際に涙を流して感激し、主演の斉藤が面会した折に大切にしていた指輪を斉藤へ贈っている[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

関連商品[編集]

書籍[編集]

  • トットチャンネル シナリオ写真集(1987年8月1日、東宝、ISBN 978-4924609310

DVD[編集]

  • トットチャンネル(2006年11月23日、東宝)

同時上映[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 恋する女たち』とあわせて。
  2. ^ a b c d e BU・SU』とあわせて。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]