清水圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 圭
本名 清水 圭太(しみず けいた)
ニックネーム 圭ちゃん、圭さん、圭くん、圭
生年月日 (1961-06-24) 1961年6月24日(60歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
血液型 A型
身長 174 cm
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 同志社大学商学部
事務所 吉本興業
同期 ボブキャッツ
どんきほ〜て
長原成樹
配偶者 香坂みゆき
テンプレートを表示

清水 圭(しみず けい、1961年6月24日 - )は、日本の実業家、元お笑いタレント、元俳優

本名は清水 圭太(しみず けいた)。京都府京都市出身。血液型はA型Rh-。株式会社FOOLISH代表取締役[1]

人物[編集]

同志社香里中学校・高等学校を経て、内部進学にて同志社大学商学部卒業。

大学卒業後、アパレルメーカーに就職。2年のサラリーマン経験中の1986年6月同志社大学後輩の和泉修漫才コンビ清水圭・和泉修(略称:圭・修)」を結成。同年7月には、新人の登竜門である今宮子供えびすマンザイ新人コンクールで優勝するなど、関西で多数のレギュラーを抱える人気コンビとなる。

1987年8月 - 1988年4月までニッポン放送のラジオ番組、「圭・修のオールナイトニッポン」でパーソナリティーを務めるなど東京進出も果たしたが、大成せず東京から一時撤退。再び活動の場を関西に移した。

1993年に清水が東京に再進出してからは、それぞれ単独での仕事(主にクイズ番組のパネラー、レポーターなど)が多くなり、同年にコンビとしては活動休止状態となり、2001年に正式に解散。和泉は2001年高山トモヒロ(元ベイブルース)と漫才コンビ「ケツカッチン」を結成して活動していたがコンビとしての仕事が全くなく、明確な活動内容としてはほぼ何も無いまま自然消滅の形で活動停止となる。

1994年、香坂みゆきと結婚。現在2児の父。

2000年ごろ、「笑ってコラえて」にて元TOKIOの山口達也がイクラを食べて『一粒一粒が責任持ってますね』とコメントしたところ、隣にいた清水圭『ソレが言いたかったんや!』と絶叫。

その後日、フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」にて清水圭本人がご当地グルメのイクラ食べて『一粒一粒が責任持ってますね!』とコメントし、視聴者にデジャブを残す。

2012年1月27日付で株式会社FOOLISH(フーリッシュ)を設立し、代表取締役に就任[1]

2012年6月1日に目黒区柿の木坂に清水自身がオーナーのカフェ&アパレルショップの「STORAGE」をオープンさせた[2]

2012年以降は実業家や経営者としての活動がメインとなったことで芸能活動は縮小状態になり、稀にゴルフ雑誌などでコラムを執筆したり、単発的にメディアに露出したりする程度に止まる。

2022年4月、本人のブログ上にて芸能界からの引退を発表。今後は「フツーのおじさんからフツーのおじいさんになる」旨の書き込みがあった[3]。同月、吉本興業公式ホームページの所属タレント一覧からも公式プロフィールが削除された。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 悲しくて うれしくて〜My favorites in our hard days(1988年12月27日 - 30日、MIDシアター)槍魔栗三助(現・生瀬勝久)らと共演
  • 援護レスサマー ENGO LESS SUMMER —誰も助けてくれなかった夏—(2003年08月24日、銀座ガスホール)

CM[編集]

  • ナムコ「ファミリーマージャン」(1987年)
  • サンヨーオートセンター「中古車」(1990年)
  • 日本コカ・コーラ「GEORGIA」(2000年)
  • 日清食品「出前一丁」(2004年 香坂と夫婦共演)
  • ダイエー「50周年感謝祭」(2007年 香坂と夫婦共演)

ゲーム[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]