1990年代の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1990年代の日本(1990ねんだいのにほん)では、1990年代日本出来事流行・世相などについてまとめる。

できごと[編集]

1990年[編集]

1991年[編集]

1992年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

政治と外交[編集]

社会[編集]

経済[編集]

  • バブル経済が崩壊、地価も下落した。価格破壊が一般化し、デフレが起こる。
  • いわゆる失われた10年。経済の停滞(実質経済成長率は1990年 - 2000年の10年間で平均1.5%)が続いた。2000年代も経済の停滞が続き、新興国の追随を許した結果から今日ではまとめて失われた20年といわれる。
  • 1993年以降は就職氷河期が続く。中高年のリストラ解雇)も行われ、1995年以降失業率が3%を超えた。以降2000年代に入っても3%以上で推移している。
  • 円高を理由とした製造業の海外移転が進んだ。これにより、1993年以降は地方の工場の撤退・縮小が著しく増加。
  • サービス業や流通・小売業の中国への投資が本格化。
  • 自動車販売市場では、実用車へのニーズが高まり、RVブームが起こる。セダンクーペに代わってミニバンクロスオーバーSUVトールワゴンが普及する。
  • 1990年代の前半から音楽シングルの売り上げが急上昇し、1998年、CDの年間売上枚数がピークを迎える。

教育[編集]

災害[編集]

科学と技術[編集]

テクノロジー[編集]

交通[編集]

コンピューターとインターネット[編集]

通信[編集]

文化と芸術[編集]

流行[編集]

前半
後半

音楽[編集]

前期(1990年から1993年)
中期(1994年から1996年)
後期(1997年から1999年)

出版[編集]

漫画[編集]

前半
  • 1990年代は、『週刊少年ジャンプ』の絶頂期。1990年、SLAM DUNKが連載開始。1993年、テレビアニメが放送開始(1996年終了)。NBAの試合放映、選手モデルの物人気もあり、バスケットボールブームが起こる。1990年12月に発行部数が602万部を達成。1994年12月には653万部となる。
  • 1994年 - 1995年頃、漫画雑誌の発行部数がピークを迎える。
  • りぼん』の売り上げが少女漫画誌では史上最高の255万部に達する。
後半

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

コンピューター・ゲーム[編集]

玩具[編集]

前半
  • 小学生の間で「ビーダマン」が大ヒットしブームとなる。
後半

テレビ・芸能界[編集]

前期(1990年から1993年)
中期(1994年から1996年)
後期(1997年から1999年)

スポーツ[編集]

野球[編集]

前半
後半

サッカー[編集]

サッカーでは1993年にJリーグが発足し、盛り上がりを見せる。初期はヴェルディ川崎横浜マリノスが2強を争った。

1998年のFIFAワールドカップサッカー日本代表が初めて出場。Jリーグは1999年にJ1・J2の2部制となる。J1はヴェルディ川崎・横浜マリノスの衰退により鹿島アントラーズジュビロ磐田の2強となる。

相撲[編集]

  • 大相撲での力士の平均体重がピークとなり、関取はおろか幕下以下でも体重200kg前後の力士が登場するようになった。
前半
後半

格闘技[編集]

前半
後半

その他[編集]

前半
後半

人物[編集]

皇室[編集]

政治[編集]

経済・メディア[編集]

文学[編集]

社会学[編集]

芸能[編集]

映画[編集]

芸術[編集]

宗教[編集]

漫画・アニメ[編集]

科学[編集]

ゲーム関係[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ なぜスーパー銭湯の乱立が起こったのか(にっぽん経営サミット 2011年1月14日/PRESIDENT 2009年9月14日号掲載)

参考文献[編集]

関連項目[編集]