道場六三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みちば ろくさぶろう
道場 六三郎
生誕 1931年1月3日(85歳)
日本の旗 日本 石川県江沼郡山中町
出身校 山中尋常高等小学校
職業 料理人
流派 日本料理
身長 168 cm (5 ft 6 in)
テレビ番組 料理の鉄人
金曜時代劇 スキッと一心太助
受賞 旭日小綬章受章

場 六三郎(みちば ろくさぶろう、1931年1月3日 - )は、日本の和食料理人石川県江沼郡山中町(現在の加賀市山中温泉地区)出身。身長168cm。

経歴[編集]

1931年1月3日、三男三女の末っ子として誕生。「人兄弟の三男」という意味で「六三郎」と名付けられた。実家は老舗の山中漆器を扱う店であり、地元が歴史のある有名な温泉街だったこともあって、幼少時から料理に親しむ環境で育った。

山中尋常高等小学校を卒業した後、17歳の時に知り合いの魚屋の手伝いに入り、初めて包丁を握る。19歳で上京し、本格的に料理界に入る。銀座「くろかべ」で料理人としての第一歩を踏み出し、神戸「六甲花壇」、金沢白雲楼」と修行を重ね、28歳で「赤坂常盤家」のチーフとなる。1971年に独立し、高級惣菜店を開くも失敗に終わる。 その後、「新とんぼ」などを経て、銀座「ろくさん亭」を開店。

1993年から1996年まで『料理の鉄人』に初代「和の鉄人」としてレギュラー出演したことで知られている。27勝3敗1引き分けの成績を収めており、料理人ブームの先駆けとなった。「和の鉄人」を引退後もたびたびキッチンスタジアムに登場しており、2012年12月31日時点での通算成績は40戦34勝5敗1引き分け。

日ごろから「食材に国境なし」と明言しており、和食料理人でありながらキャビアフォアグラなどの西洋料理食材、皮蛋などの中華料理食材なども積極的に取り入れるなど、型にとらわれない自由な発想の料理を特徴とする。『料理の鉄人』では「日本料理界の異端児」とも称されたが、実際に伝統的料理界から異端扱いされていたこともあるという。

2005年には卓越技能者(いわゆる「現代の名工」)として厚生労働省から表彰されるなど、料理人としての確固たる地位を築いている。その後も、毎月の献立は自ら厨房に立って創作している。

2006年には宮内庁より園遊会に招かれ、今上天皇から言葉をかけられている。2007年4月29日に旭日小綬章を受章。

2011年に80歳を迎え、旬の食材と向き合いながらこれまでに築いてきた道場スタイルの和食をさらに模索する料理「道場旬皿」の創作を始めた。和食の伝統を踏まえながら、食材の本当の味と向き合う独創的な料理に取り組む中で、和食の伝統と新しい料理に挑戦する姿勢を次の世代に伝えたいと意欲を燃やしている。

現在は東京銀座にある「銀座 ろくさん亭」と「懐食みちば」の主人(オーナー)。様々なイベントなどにも積極的に参加している。道場ブランド、道場プロデュースの企画商品なども多数発売されている。

著書に『六三郎だんくら人生 わが半生の包丁奮戦記』があるが、「だんくら」とは道場の出身地において主に若者のいたずら、乱暴、言うことを聞かないなどの特徴を指し示す方言であり、自身の考え方・生き方を表している。グルメ漫画『美味しんぼ』にも岸朝子に紹介されるという形で登場(第46巻)。作中でスッポン料理を披露した。

趣味はゴルフ小唄。2004年に東京文化会館で開催された、幼馴染の合唱指揮者辻正行の追悼コンサートにて郷里の民謡・山中節を歌っており、このコンサートを収録したCDにもその模様が収められている。

魚を見ただけでその重さを言い当てる特技を持つ[1]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

著書[編集]

ゲームソフト[編集]

  • 料理の鉄人 KITCHEN STADIUM TOUR (1996年2月23日発売、博報堂マルチメディアエンターテイメンツ) - セガサターン用ソフト。ゲームソフトの形態を取っているが、内容は番組のデータベースである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 能登魚(のとうお)サラダ丼”. JFいしかわ門前支所. 2016年5月19日閲覧。
  2. ^ 福光屋ミュージアム - 福光屋沿革”. 福光屋. 2015年3月6日閲覧。
  3. ^ 福光屋福正宗TVCM 福正宗黒ラベル篇. 福光屋企画室.. (2013年8月20日). https://www.youtube.com/watch?v=4tyMSSZ1RvU 2015年3月6日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f テレビCM60年記念|CM起用社数ランキング年表|ニホンモニター株式会社”. ニホンモニター. 2015年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]