ソロモン流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソロモン流
ジャンル 教養ドキュメンタリー
放送時間 日曜日21:54 - 22:48(54分)
放送期間 2005年10月16日 - 2014年9月28日(452回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
電通
企画 樋口潮
プロデューサー 村上徹夫
出演者 船越英一郎
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 2012年1月15日より実施。
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送回数は、2011年9月25日時点のもの。
2009年7月からハイビジョン制作
テンプレートを表示

ソロモン流』(ソロモンりゅう)は、2005年10月16日から2014年9月28日までテレビ東京系列で、毎週日曜日の21:54 - 22:48(JST)に放送されていた教養ドキュメンタリー番組である。

番組概要[編集]

男性をターゲットにした前番組の『ソロモンの王宮』から、女性をターゲットにした内容にリニューアル。ナレーターの魚住りえは続投したが、ナビゲーター(放送上は「案内人」と表記)は竹中直人俳優タレント)から船越英一郎俳優)に代わった。スタッフは『ソロモンの王宮』とほぼ同じで、当初は同番組プロデューサーの樋口潮が演出に携わっていた。

当番組では基本として、1名の「賢人」(独特のポリシーやセンスを発揮しながら目覚ましい実績や高い評価を得ている著名人・専門家)の活動や日常生活に密着した取材映像(以下「取材パート」と略記)を、魚住のナレーションとともに放送する。番組の途中には、「取材パート」とは別に、「賢人」と縁の深いスポット(主に行き付けの飲食店)で収録された船越と「賢人」による「対談パート」を挿入。

当番組は基本として、オープニング(船越のみ出演)→提供クレジット→「取材パート」(前半)→「対談パート」(ドアを開閉するCG映像で画面を切り替え)→「取材パート」(後半)→エンディング(船越のみ出演)→提供クレジット→次回以降の予告映像の順に放送。取材映像の放送では、特に印象に残る「賢人」の言葉や行動を、「明日へのヒント」(2012年4月以降は「Solomon's Style」)として随時字幕で表示している。

エンディングテーマは当初吉俣良作曲の「ひとりきり」だったが、2006年1月大竹佑季の「tasogare」、2007年4月からKOBUDO -古武道-の「Best Friend」、窪田ミナの「ALCHEMIST」、そして2010年4月から溝口肇の「GRACELAND」へと変わっている。

2009年7月からハイビジョン制作へ移行。2011年9月25日の放送で、300回を迎えた[1]2012年1月15日より、データ放送を実施。職業やテーマなどが共通する複数の「賢人」への密着取材を敢行したり、船越が「賢人」とともに特定の場所を散策したり、過去の放送で紹介した「明日へのヒント」をまとめたりする内容で「スペシャル」を放送することもある。

2014年9月を持って終了[2]

出演者[編集]

  • ナビゲーター(案内人):船越英一郎
  • ナレーター:魚住りえ(「取材パート」、オープニングでの「賢人」紹介、次回以降の予告)、半田雅和(「対談パート」のみ)

放送リスト[編集]

スタッフ[編集]

2014年9月現在
  • 構成:渡邊健一、藤井誠、つかはら、北村のん、政宗史子
  • CAM(カメラ):安藤孝之、矢野哲夫、山森義明、川島孝夫
  • VE(ビデオエンジニア):望月紀彦、武田司
  • EED(VTR編集):北浦美夫、島田金治(麻布プラザ
  • MA:岡崎博之(麻布プラザ)
  • 音効:十川公男
  • 番宣:岡仁(テレビ東京)
  • デスク:吉田麻紀子(テレビ東京)
  • 技術協力:東通麻布プラザ
  • CG:averigatzer薗部健ラフト
  • 音楽協力:テレビ東京ミュージック
  • リサーチ:ビスポ、ワイズプロジェクト
  • 演出補:川島稔[3]、幸田泰佳、伊藤喜孝、田村直樹
  • AP(アシスタントプロデューサー):穴澤利香、中田容子、水野亮太(テレビ東京)
  • 制作プロデューサー:前田幸壱[4]、高田功一
  • ディレクター:河原涼太郎、井村泰二郎
  • 演出:渡邊りょう、丸山憲司、井出和生、如沢大介、河原涼太郎、西田修、瀬川泰和、木塚圭司、辰巳洋平
  • プロデューサー:村上徹夫(テレビ東京)、仁科昌平、小幡真万、栗本宏、五十嵐洋文
  • 制作協力:AWAS日経映像ウッドオフィススーパーテレビジョン
  • 企画・制作協力:電通(それまでは共同制作格だった)
  • 制作著作:テレビ東京(同上)

過去のスタッフ[編集]

  • 企画・総合演出・プロデューサー:樋口潮
  • 構成:むらこし豪昭
  • TP(テクニカルプロデューサー):小林誠宏、深谷高史
  • CAM(カメラ):田村雄一、高木鋭作
  • VE(ビデオエンジニア):高野大樹、坂田芳美
  • 美術:古川雅之、水野谷重謙 / 小美野淳一
  • MA:長谷川真哉(麻布プラザ)
  • 番宣:松坂忠光(テレビ東京)
  • デスク:米澤宏美
  • 技術協力:ニューテレス
  • CG:averigatzer
  • AP(アシスタントプロデューサー):栗橋玲子、井澤秀治(電通)、北村真紀
  • ディレクター:佐藤博樹、木塚圭司、佐々木ふみ
  • 演出:丸山けんじ、北澤陽一
  • チーフディレクター:上嶋昌之
  • プロデューサー:永田浩一、澤井伸之(テレビ東京)、恩田厳、日枝広道、森田昌泰、岡本真(電通)、松崎俊顕、工藤真一
  • 美術協力:アックス
  • 制作協力:Monster9(それ以前はドリマックス・テレビジョンが制作協力した時期もあった)

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日及び放送時間 放送日の遅れ
関東広域圏 テレビ東京
(制作局)
テレビ東京系列 日曜 21時54分 - 22時48分 同時ネット
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立局
奈良県 奈良テレビ
和歌山県 テレビ和歌山 月曜 21時00分 - 21時55分 44日遅れ
滋賀県 びわ湖放送 日曜 22時00分 - 22時54分 21日遅れ
三重県 三重テレビ 火曜 22時15分 - 23時10分 94日遅れ
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 日曜 16時30分 - 17時25分 不明[5]
熊本県 熊本朝日放送 テレビ朝日系列 月曜 14時05分 - 14時58分 72日遅れ[6]

備考[編集]

  • テレビ東京系列局では、前番組の『日曜ビッグバラエティ』が6 - 12分延長された場合、放送時間もその分繰り下がる(この番組以降の番組も同様)と共に、番組の予告で「次回は○○時○○分からです」のテロップを表示し、開始時間を知らせる。

過去のネット局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “船越英一郎、足掛け6年での『ソロモン流』放送300回に感慨「10年はやりたい」”. ORICON STYLE. (2011年9月17日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001706/full/ 
  2. ^ “テレ東、ジャニーズと“日10”枠で10年ぶり生放送バラエティー”. ORICON STYLE. (2014年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2041234/full/ 
  3. ^ 過去はADだった。
  4. ^ 過去はプロデューサーだった。
  5. ^ 2014年7月放送再開。2008年4月7日 - 2009年3月30日まで定期放送し以後不定期放送に移行。
  6. ^ 2014年1月20日放送開始。2009年5月7日までは、熊本放送にて木曜9:55-10:50に放送されていた。

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 日曜22時台
前番組 番組名 次番組
ソロモンの王宮
(2004.4.11 - 2005.10.2)
※22:00 - 22:54
ソロモン流
(2005.10.16 - 2014.9.28)
トーキョーライブ22時
(2014.10.19 - 2015.9.27)