宅見若頭射殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宅見若頭射殺事件
正式名称 宅見組組長射殺事件
場所 日本の旗 日本 兵庫県神戸市中央区
新神戸オリエンタルホテル
座標
日付 1997年8月28日
15時20分ごろ
攻撃側人数 4人
武器 拳銃
死亡者 2人
容疑 山口組系暴力団組員
動機 宅見勝の殺害目的
テンプレートを表示

宅見若頭射殺事件(たくみわかがしらしゃさつじけん)とは、1997年平成9年)8月28日、五代目山口組のナンバー2にあたる若頭宅見勝が、同じく五代目山口組中野会の組員に射殺された暴力団の内部抗争事件

発端[編集]

事件の発端となったのは、前年の1996年(平成8年)7月10日に起きた中野会会長襲撃事件とされる。

この事件は当時、五代目山口組の若頭補佐だった中野太郎・中野会会長が四代目会津小鉄会組員に銃撃されたものだが、山口組の若頭だった宅見勝は事態の拡大を防ぐべく、会津小鉄側と協議し、迅速に解決した。

この和解は迅速に行われた一方、銃撃を受けた当事者の中野に対し、一切の事前の報告なく、全くの無断で行われていた。

当時の中野は五代目山口組本家の若頭補佐であり、このような要職にある者が他組織に狙われた場合、和解するにあたっては、当然、当事者である本人に意向の確認がなされるのが通例である。

宅見がこの手続きを省略したことを中野が遺恨とし、これが宅見への報復として射殺事件につながったとされる。 また山口組を引退した有力組長の出版した暴露本によれば、中野は自分を襲撃させたのは宅見自身であると憶測して激高しており、さらに当時の宅見は五代目山口組長・渡辺芳則の失脚を策動しており、そのことが渡辺の側近を自任する中野の憤激を招いたことが原因だとしている。

事件発生まで[編集]

1997年(平成9年)7月、当時の中野会若頭補佐の吉野和利が総指揮をとり、東京都大阪府の中野会傘下組織から、宅見の動向を探るための偵察部隊と襲撃するための襲撃部隊をそれぞれ選抜した。当初の計画では東京で宅見を襲撃する予定だったが、居場所が掴めずに断念し、後日大阪で襲撃することになった。

その後、同年8月27日に宅見が大阪市内のホテルを訪問することがわかったが、その場には中野も同席することがわかったため、またも襲撃は見合わされた。一方の宅見は翌8月28日、山口組の他の最高幹部2人・岸本才三総本部長(当時、後に最高顧問)と野上哲男副本部長(当時、後に最高顧問)と共に、昼食を摂るため、JR新神戸駅に隣接する新神戸オリエンタルホテル(現・ANAクラウンプラザホテル神戸)のティーラウンジに向かった。

宅見若頭射殺事件[編集]

8月28日午後3時20分ごろ、宅見・岸本・野上の3人は、ティーラウンジの一番奥まったテーブルに着いた。その直後、襲撃犯が38口径と45口径の拳銃で宅見を銃撃した。宅見は7発の銃弾を受け、救急車神戸市立中央病院に緊急搬送されたが、約1時間後の午後4時32分に同病院で死亡した。宅見と同席していた岸本・野上の2人は無事であった。

襲撃の際、ラウンジの隣のテーブルに座っていた歯科医師の男性が流れ弾に当たって負傷し、病院へ運ばれたが、事件から6日後の9月3日に死亡した。

事件後[編集]

宅見の告別式は8月31日に執り行われた。同日、山口組の渡辺芳則組長(当時)は中野を破門に処した。

9月3日に流れ弾に当たった歯科医師の男性が死亡したため、渡辺は中野の処分を破門からさらに重い絶縁に変更した[1]。一般的には、絶縁されたものはヤクザの世界に残ることはできず、組織を解散してカタギに戻らざるをえなくなるのだが、中野会についてはその後、絶縁理由に納得できない[注釈 1]として解散せず、独立組織となった。しかし独立組織となった後は、この事件の報復と思われる襲撃で幹部メンバーを殺害されたことなどにより組織力が低下し、2005年8月7日に解散届を大阪府警に提出、解散している。

また、この事件をめぐっては2004年10月26日、別の詐欺事件で執行猶予判決を受け、その後の捜査で、この事件に関与した疑いが強まり、指名手配されていた容疑者の1人が大阪府豊中市内で逮捕されている[2]ほか、2006年6月30日には、実行犯の1人として指名手配されていた男が神戸市六甲アイランドで病死体で発見されている[3]

その他にもこの事件では、実行犯の1人で現在は服役中の受刑者が、この事件についての獄中手記を発表していることが知られている[注釈 2]

2013年6月5日、兵庫県警殺人銃刀法違反容疑で指名手配されており、本件における最後の逃亡者であった、実行犯の指揮役の財津組組長を逮捕した[4][5][6]

2013年6月27日、神戸地検は実行犯の指揮役の財津組組長を殺人と銃刀法違反の罪で起訴した[7][8]

裁判 [編集]

実行犯のうち1人は逮捕されず、その後病死が確認されている(上述)。

実行犯2人への刑事裁判[編集]

実行犯1人への刑事裁判[編集]

  • 2000年1月21日 - 神戸地裁は実行犯1人に検察側の求刑通り懲役20年の判決を言い渡した。
  • 2000年7月11日 - 大阪高裁で被告側の控訴を棄却し、実行犯1人は上告せず確定した。

財津組組長への刑事裁判[編集]

報道の扱い[編集]

“山口組のナンバー2”と呼ばれた宅見勝が射殺された事件については、多くのメディアが大々的に伝えた。テレビでの第一報は、事件発生当日の28日16時頃、NHK民放などの通常の番組放送中に、テロップのニュース速報で伝え、17 - 18時からのニュース番組では、各局がトップ項目で宅見が殺害された経緯について詳しく伝えた[注釈 3]。事件翌日、一般紙朝刊各紙は勿論のこと、スポーツ新聞各紙でも宅見射殺事件を一面で大きく報道した。

また、テレビのワイドショー情報番組なども同事件の話題中心の内容となり、事件発生から2日間、その事件を検証する内容となっていたが、事件から3日後の8月31日以降、イギリスダイアナ皇太子妃フランスパリ交通事故死したニュースが日本のメディアでも大きく報道されることとなり、射殺事件をテレビ番組で扱うことは少なくなった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中野は「渡辺から直接告げられた処分は謹慎であり、破門や絶縁は執行部が渡辺の意向を無視して押し切った結果だ」と主張している。
  2. ^ 講談社文庫より2003年10月出版。なお、この書籍の書名やISBNコードまで記述することは、全くの一般私人である同受刑者の家族のプライバシーに触れるおそれがあると判断したため、記述は控える。
  3. ^ 近畿広域圏を放送対象地域とする放送局および地元局のサンテレビジョン大阪府のみを放送対象地域とするテレビ大阪では、事件現場からの生中継を入れて射殺事件関連ニュースを伝えた。

出典[編集]

  1. ^ 盛力健児『鎮魂 さらば、愛しの山口組』宝島社、2013年。ISBN 978-4796699143
  2. ^ “手配中の60歳組員を逮捕 宅見幹部射殺事件”. 47NEWS. (2004年10月26日). オリジナルの2010年9月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20100910104207/http://www.47news.jp/CN/200410/CN2004102601009177.html 
  3. ^ 【宅見組組長射殺事件】実行犯を遺体で発見
  4. ^ 宅見組長射殺事件 指揮役の男を逮捕”. 神戸新聞 (2013年6月5日). 2013年6月5日閲覧。
  5. ^ “最後の指名手配犯逮捕、宅見組組長射殺事件 潜伏先の埼玉で発見”. 産経新聞. (2003年6月5日). オリジナルの2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222221935/http://sankei.jp.msn.com/smp/affairs/news/130605/crm13060521340016-s.htm 
  6. ^ “最後まで逃走の「見届け役」逮捕 宅見組長射殺容疑”. 日本経済新聞. (2013年6月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0506D_V00C13A6CC1000/ 
  7. ^ “【宅見射殺】(財津組組長)容疑者、6~7年前から関東周辺で潜伏 殺人罪などで起訴”. 産経新聞. (2013年6月27日). オリジナルの2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222222720/http://sankei.jp.msn.com/smp/west/west_affairs/news/130627/waf13062720240028-s.htm  記事名に財津組組長の実名が使われているため、この箇所を伏字とした。
  8. ^ “宅見組組長射殺で元組幹部起訴 殺人と銃刀法違反で”. 日本経済新聞. (2013年6月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2702R_X20C13A6AC8000/ 
  9. ^ “山口組宅見組組長襲撃 ヒットマンが語る16年の逃亡劇”. 週刊朝日. (2014年3月20日). http://dot.asahi.com/wa/2014031900058.html  2006年に死体で発見された実行犯の死亡の経緯についても記載されている。
  10. ^ 「不可欠な役割、実行犯より重い責任」宅見組長射殺指揮役の男、2審も無期懲役 大阪高裁 産経新聞 2014年7月10日

関連項目[編集]