山下和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下 和美
生誕 (1959-08-15) 1959年8月15日(62歳)[1]
日本の旗 日本 北海道小樽市
職業 漫画家
活動期間 1980年 -
ジャンル 少女漫画
青年漫画
代表作天才柳沢教授の生活
不思議な少年
『ランド』
受賞 第27回講談社漫画賞
(『天才柳沢教授の生活』にて)
第25回手塚治虫文化賞マンガ大賞
(『ランド』にて)
公式サイト タマリン日記
テンプレートを表示

山下 和美(やました かずみ、1959年8月15日[1] - )は、日本漫画家北海道小樽市[1]出身。女性血液型はAB型[要出典]神奈川県立希望ヶ丘高等学校卒業[2]横浜国立大学[1]教育学部[3]中退(本人によると持病のためにやむなく中退したとのこと)[要出典]

経歴[編集]

1980年、『週刊マーガレット』(集英社)でデビュー。当初は少女漫画誌で活動していたが、その後は青年漫画誌である『モーニング』(講談社)に活動の場を移して人気を博す。代表作に、大学教授の父親・古瀬大六[4]を主人公のモデルとした『天才柳沢教授の生活』、マーク・トウェインの同名の小説から着想を得た『不思議な少年』など。2003年、『天才柳沢教授の生活』で第27回(平成15年度)講談社漫画賞一般部門を受賞。

2011年時点、『モーニング』と『モーニング・ツー』以外では、『YOU』(集英社)で『寿町美女御殿』を経て、『数寄です!』を掲載している。

2021年3月より画業40周年を記念して「山下和美 画業40周年記念原画展」開催[5]

2021年4月 『ランド』で第25回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞[6]

逸話[編集]

作品リスト[編集]

  • BOY 全2巻
  • カーニバル 全1巻
  • さようなら…あなた 全1巻
  • 1億1千万のわたし 全1巻
  • あざやかな星たち(マーガレットコミックス)全2巻
  • スカイブルーへようこそ 全1巻
  • ゴーストタウンに星が降る 全1巻
  • ダンディーとわたし 全9巻
  • 天才柳沢教授の生活(『モーニング』、講談社)既刊34巻
    • 天才柳沢教授 孫・華子との生活 Special Short Short(『朝日新聞』東京本社版夕刊)※上記のスピンオフ作品
  • 不思議な少年(『モーニング』→『モーニング・ツー』→『モーニング』、講談社)既刊9巻
  • ランド(『モーニング』、講談社)全11巻
  • ツイステッド・シスターズ(『モーニング』、講談社)
  • ハイスクール・コネクション 全4巻
  • ゴースト・ラプソディー(講談社漫画文庫・全2巻、ヤングユーコミックス・全4巻)
  • 摩天楼のバーディー 全8巻
  • ガールフレンズ(ヤングユーコミックスワイド版、集英社
  • 天使みたい -ガールフレンズ- 1(クイーンズコミックス、集英社)
  • 白い花 紅い華 -ガールフレンズ- 2(クイーンズコミックス、集英社)
  • ふたりでお茶を 全1巻
  • グラサンららばい(マーガレットコミックス)全2巻
  • 寿町美女御殿(『YOU』、集英社)全4巻
  • 数寄です!(『YOU』、集英社)全3巻
    • 続 数寄です! 全2巻
  • 世田谷イチ古い洋館の家主になる(『グランドジャンプ』、集英社) 既刊1巻

アンソロジー[編集]

  • 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA[注 1][9](2011年8月5日発売[10]、メディアパル、ISBN 978-4-89610-201-7
    • 天才柳沢教授の生活 番外編[11]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 計36人の作家による作品。

出典[編集]

  1. ^ a b c d コミックナタリー - 山下和美のプロフィール”. 株式会社ナターシャ. 2013年3月22日閲覧。
  2. ^ ウィンウィン対談 渋谷和宏さん 褒めて部下を伸ばす 編集長の相手の心を開くスキルとは”. www.ewoman.co.jp. 2020年3月10日閲覧。
  3. ^ 【インタビュー】漫画家に大切なこと~山下和美さんの新人時代に学ぶ~” (日本語). イラスト・マンガ描き方ナビ. 2020年3月10日閲覧。
  4. ^ 『モーニング』の読者欄のフォーラムでは、古瀬大六は長崎県南高来郡安中村(現在の島原市)が本籍である、と山下本人がコメントを出している(ノート参照)。その古瀬は2007年に逝去したと、『モーニング』の欄外近況で山下がコメントした。
  5. ^ “山下和美の画業40周年を記念した原画展、「天才柳沢教授の生活」など90点を展示”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月14日). https://natalie.mu/comic/news/420051 2021年3月14日閲覧。 
  6. ^ “マンガ大賞に「ランド」、特別賞は鬼滅 手塚治虫文化賞”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021年4月28日). https://www.asahi.com/articles/ASP4Q63VHP49UCVL025.html 2021年4月28日閲覧。 
  7. ^ ダサくていいんだ! 【第2話】デビューはしたけれど”. Webコミックサイト モアイ. 2015年7月18日閲覧。
  8. ^ 「憲政の神様」の洋館 残った/東京・世田谷 旧尾崎行雄邸/人気漫画家ら資金提供 買い取り成功毎日新聞』朝刊2020年12月6日(社会面)2020年12月8日閲覧
  9. ^ ななじ眺葉月めぐみ. “PARTY!〜東日本大震災チャリティー漫画本〜HP”. 2016年6月5日閲覧。
  10. ^ 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA|山下 和美他|チャリティー漫画本|出版案内”. 株式会社メディアパル. 2016年6月5日閲覧。
  11. ^ 「君届」番外編も!マーガレット作家によるチャリティ本”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年7月18日). 2016年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]