浅美裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅美 裕子
本名 原裕子
生誕 (1966-12-22) 1966年12月22日(50歳)
日本の旗 埼玉県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1987年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 WILD HALF
受賞
  • 第34回手塚賞準入選
  • 第35回手塚賞入選
テンプレートを表示

浅美 裕子(あさみ ゆうこ、本名:原裕子(はら ゆうこ)、旧姓:浅見[要出典]1966年12月22日[1] - )は、日本の女性[1]漫画家埼玉県川越市出身[1]城西大学理学部卒業[1]。夫は漫画家の光原伸[1]

大学時代は漫画研究会に所属し、後にトゥルー・ラブストーリーシリーズの原画を手がける松田浩二の後輩であった[要出典]

代表作に週刊少年ジャンプ連載『WILD HALF』を筆頭に『Romancers』『天より高く!』などがある。また『地獄先生ぬ〜べ〜』(真倉翔岡野剛)では作画アシスタントやストーリー協力をしていた(連載初期のモブキャラなどに浅美のタッチを確認できる)[2]

略歴[編集]

作品リスト[編集]

  • WILD HALF週刊少年ジャンプ、全17巻、文庫版全10巻)
  • Romancers(週刊少年ジャンプ、全3巻)
  • 天より高く!(週刊少年ジャンプ、全2巻)
    • 新装版では短編集1・2巻と表記されている。
  • ポケットに聖書バイブル
    • 1990年1月15日第1刷発行の ISBN 4-420-13205-1 では「浅見裕子短編集」とあり、1998年6月9日第1刷発行の ISBN 4-420-13235-3 では『天より高く!』新装版とあわせて付番され「浅見裕子初期作品集3」とある。ISBNは不明であるが、「短編集3巻」などと表記されているものもあるかもしれない。なお、敵役キリエ・エレイソンの本名〝この魂に憐みを〟について「どこかの国の言葉でそういう意味なんだってさ」という主人公チムこと田中千夢のセリフがあるが、実際にはキリエ・エレイソンは古代ギリシャ語の一種で『新約聖書原典言語であるコイネーΚύριε ἐλέησον と書いて「主よ、憐れみたまえ」などと訳す。「魂」という意味は原文にはなく、原文の「主」という意味が欠落している。さらに本作では十字架またはクルスを「魔女悪魔信者になる時 体のどこかに」つける「名前がわりの」「悪魔のマーク」であるとするが、根拠はない。実際の十字架は、イエス・キリストが神の子としてのいのちを捨て、人類の贖罪を果たした愛と救いの象徴として知られている。ちなみにキリエ・エレイソンということばと十字架とは関連のないものではない。イエス・キリストを己の救い主なる神の子として信ずる者が「主よ、憐れみたまえ」と祈るとき、イエスが十字架にいのちを捨てて行った人類の贖罪とその三日後の復活によって与えられた永遠のいのちが念頭にあるからである。
  • マンガ川越の歴史 (脚本/花井泰子・監修/大護八郎)
    • 埼玉県書店商業組合川越支部発行
  • めりこみおじさん(サムケVol.1掲載、未単行本化)
    • 光原伸との合作
  • バクツキ(読切・GO!GO!ジャンプ2007年1月27日増刊掲載)

師匠[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、14頁
  2. ^ 集英社文庫(コミック版)『地獄先生ぬ〜べ〜』第2巻、2006年1月23日初版発行、ISBN 4-08-618428-1、272頁

外部リンク[編集]