ウォーリーをさがせ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ウォーリーをさがせ!』(Where's Wally?, 北米版タイトルは Where's Waldo?)は、1987年イギリス人イラストレーターマーティン・ハンドフォードによってイギリスで出版された絵本である。同じ年に日本でも発売され、有名になった。日本版の版元はフレーベル館。シリーズ名は『ウォーリーのえほん』。人が入り乱れた絵の中からウォーリーや仲間たち、巻物などを見つけ出す。

また、巻末にはウォーリー以外で探して欲しい人の一覧がページごとに載っており、読者を飽きさせない工夫が凝らされている。

登場人物[編集]

ウォーリー (Wally)
本作の主人公縞模様・長靴下・帽子ジーパンを身に着て、眼鏡をかけてを突いている。茶髪で、細長い体形。しろひげの命令で、あらゆる異世界に行っては命令を遂行している。常に笑顔で、明るく聡明。アニメでは魔法使いのおじいさんから依頼を受け、おじいさんから託された魔法の杖で異世界の事件を解決していくが、並大抵のことでは驚いたり、怖気づいたりしないタフな精神領域を持つ。
日本版での呼称は原著と同じ「ウォーリー」であるが、北米版は「Waldo」(ウォルド)、フランス版は「Charlie」(シャルリ)、ドイツ版は「Walter」(ウォルター)など、他国版では呼称が変更されているものもある[1][2]
ウーフ (Woof)
白い。ウォーリーと同じような服を身に着けている。作品中にはしっぽしか登場しない。アニメ版ではカタコトだが言葉が話せる。また、赤と白の縞模様だったしっぽが白一色になっている。
ウェンダ (Wenda)
ウォーリーのガールフレンド。ウォーリーと同じような服を身に着けており、下半身のみ専用のデニムスカートと紅と白の縞模様のタイツを履いている。杖は持っていない。作品によっては名前が「ウィルマ」になっている。アニメでは映画館の受付を行っており、彼女が持ち込んだカメラで事件を解決した事がある。
しろひげ (Wizard Whitebeard)
魔法使い。赤い服、青い帽子を着ている。赤・白・青の杖を突いている。白髭をとても長く伸ばしている。アニメでは「魔法使いのおじいさん」という名前で統一され、様々な世界で起きている事件の解決をウォーリーに依頼し、解決へのヒントを教えて居なくなるが、話によってはモブキャラクターとして登場することもある(その時は赤と白の縞模様のポールを持っている)。
オドロー (Odlaw)
ウォーリーに外見が似た悪役。黄色の縞模様の服と帽子、黒い長ズボンを着ていて、灰色レンズの眼鏡をかけ、口髭を生やしている。ウォーリーの杖を狙うが、いつも失敗ばかり。作品によっては「オズロー」と表記されている。アニメではその話の悪役と共同戦線を張ることもあるが、大抵は邪魔者扱いされてしまったり終始物語に加わること無く知らず知らずに酷い目に遭ったりするのがほとんどである。また、ウォーリーたちと同じく丸形だった眼鏡が半円型になっている。
ウォーリー親衛隊(しんえいたい) (Wally Watchers)
リメイク版『新ウォーリーのえほん』シリーズから登場。ウォーリーに付いて行く総勢25人の子供の集団。ウォーリーと同じ服装をしているが眼鏡はかけていない。作品中には1、2ページに1人はいる。また、それぞれの絵本で親衛隊の内の1人が必ずポンポンを落としている。

タイトル(日本語版)[編集]

  1. 『ウォーリーをさがせ!』 - 1987年、ISBN 4577005565ISBN 9784577005569
  2. 『タイムトラベラーウォーリーをおえ!』 - 1988年、ISBN 4577005603ISBN 9784577005606
  3. 『ウォーリーのふしぎなたび』 - 1989年、ISBN 4577005611ISBN 9784577005613
  4. 『ウォーリーのおもしろゲームブック』 - 1991年、ISBN 4577005638ISBN 9784577005637
  5. 『ウォーリーハリウッドへいく』 - 1993年、ISBN 4577005980ISBN 9784577005989
  6. 『ウォーリーとあそぼう! びっくりどっきりゲームブック(1)』- 1994年、ISBN 4577010364ISBN 9784577010365
  7. 『ウォーリーとあそぼう! びっくりどっきりゲームブック(2)』 - 1994年、ISBN 4577010372ISBN 9784577010372
  8. 『ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!』 - 1997年、ISBN 4577018128ISBN 9784577018125
    • 『NEWウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!』 - 2017年、ISBN 9784577044780
  9. 『ウォーリーをさがせ! きえた名画だいそうさく!』 - 2006年、ISBN 4577031620ISBN 9784577031629
    • 『NEWウォーリーをさがせ! きえた名画だいそうさく!』 - 2017年、ISBN 9784577044803
  10. 『ウォーリーをさがせ! 謎のメモ大追跡!』 - 2010年、ISBN 9784577038505
  11. 『ウォーリーをさがせ! クイズ&ゲームブック』 - 2014年、ISBN 9784577041918
  12. 『ウォーリーをさがせ! THE COLOURING BOOK ぬりえブック』 - 2016年、ISBN 9784577043943
  13. 『ウォーリーをさがせ! THE TREASURE HUNTたからさがしブック』 - 2017年、ISBN 9784577045220
  14. 『ウォーリーをさがせ! THE COLOURING COLLECTION』 - 2017年、ISBN 9784577045787
ポケット判
  1. 『ポケット判 ウォーリーをさがせ!』 - 1995年、ISBN 4577014599ISBN 9784577014592
  2. 『ポケット判 タイムトラベラー ウォーリーをおえ!』 - 2002年、ISBN 4577014602ISBN 9784577014608
  3. 『ポケット判 ウォーリーのふしぎなたび』 - 1996年、ISBN 4577016974ISBN 9784577016978
  4. 『ポケット判 新ウォーリーハリウッドへいく』 - 2002年、ISBN 4577024853ISBN 9784577024850
  5. 『ポケット判 ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!』 - 2004年、ISBN 457702991XISBN 9784577029916
大型絵本
  1. 『大型絵本 新ウォーリーをさがせ!』 - 2004年、ISBN 4577027615ISBN 9784577027615
  2. 『大型絵本 新ウォーリーハリウッドへいく』 - 2004年、ISBN 4577027623ISBN 9784577027622

発行部数[編集]

2018年時点で世界38か国で30言語に翻訳されており、全世界でのシリーズ累計発行部数は6500万部に達する[2]

2018年時点での日本語版の累計発行部数は以下の通り(『新 - 』『NEW - 』といった改訂版を含む)。

  1. 『ウォーリーをさがせ!』 - 230万部[3]
  2. 『タイムトラベラーウォーリーをおえ!』 - 203万部[3]
  3. 『ウォーリーのふしぎなたび』 - 213万部[3]
  4. 『ウォーリーハリウッドへいく』 - 134万部[3]
  5. 『ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!』 - 122万部[3]
  6. 『ウォーリーをさがせ! きえた名画だいそうさく!』 - 20万部[3]
  7. 『ウォーリーをさがせ! 謎のメモ大追跡!』 - 11万部[3]

テレビ版[編集]

1991年9月14日から同年12月14日までアメリカ合衆国CBSで全13話のテレビ版が放送された。ウォーリーの声はタウンゼンド・コールマンがあてている。日本では1992年4月にWOWOWが先行放送され、同年5月からTBSで放送された。日本語版のウォーリーは堀内賢雄が担当。堀内はウォーリーがタウンページのテレビCMなどで採用されたときなども声をあてている。

各話のタイトルは次のとおり。

話数 タイトル 邦題 脚本
1 Ahead of the Future ウォーリーとロボットNo.9 ジョージ・アトキンス
2 Draining the Deep ウォーリーと人魚と海の仲間たち ビル・マテニー
デヴィッド・シュワルツ
3 Forest Women ウォーリーと森の女たち ロウビー・ゴレン
4 The Great Ball Game ウォーリーとボールゲーム デヴィッド・シュワルツ
5 It's a Gruel, Gruel World! ウォーリーとおなかがすく国 ビル・マテニー
イーヴリン・AR・ガバイ
6 The Land of the Carpet Flyers ウォーリーと空飛ぶじゅうたん大レース ジュリアン・クレム
7 The Land of the Lost Pyramid ウォーリーとピラミッドの秘密 ジョージ・アトキンス
8 The Living Exhibits ウォーリーと盗まれた宝物 ビル・マテニー
デヴィッド・シュワルツ
9 My Left Fang ウォーリーとよわむし吸血鬼 ロウビー・ゴレン
10 A Stone Age Story ウォーリーと動物たちのストライキ ビル・マテニー
デヴィッド・シュワルツ
11 The Underground Hunters ウォーリーとドラゴンは友達
12 The Unfriendly Giant ウォーリーといじわる大男
13 Viking Fling ウォーリーと魔法のホルン ロウビー・ゴレン

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

テレビゲーム版[編集]

ウォーリーをCMに起用した日本企業[編集]

類似作品[編集]

書籍[編集]

  • 安野光雅の「旅の絵本」(1977年初版)で各ページに描かれた小さな旅人をさがし出す遊びが1970年代後半に流行したことや、安野光雅が1984年に国際アンデルセン賞を受賞したこともあり、当初日本では「旅の絵本のパクリ」と言われた。
  • 日本では「とこちゃんは どこ」(作:松岡享子、画:加古里子、1970年4月1日発行、福音館書店)という、本書と同様に絵の中から主人公を探し出す絵本が出版されている。
  • 他に類似した絵本に「ミッケ!」がある。
  • イギリスでは2009年に、BBCの人気番組『トップ・ギア』に登場するスティグを主人公とした『Where's Stig?』という同種の書籍が発売されている。

備考[編集]

  • 北米版第1作 Where's Waldo? は、アメリカのいくつかの図書館・学校から受け入れを拒絶された。理由はトップレスの女性が描かれていることによるが、1997年の改訂版で修正された。また、宗教上の問題や危険行為を誘発させるイラストについては改訂版で修正が行われている[4]
  • 初版のウォーリーは顔が下膨れであったが、以後の作品のウォーリーは顔がスッキリしている。『新ウォーリーをさがせ!』のウォーリーも作者本人の希望で中肉中背で描き直されている[5]。それ以外にも新シリーズではウォーリーの位置が変更されたり、一部の人物の服装などが修正されている。
  • 映画「裸の銃を持つ男」シリーズ最終作第3弾、『裸の銃(ガン)を持つ男 PART33 1/3 最後の侮辱』(1994年)のラストシーンの劇場観客場面の中にウォーリーに扮した人物がいる。
  • 『タイムトラベラーウォーリーをおえ!』には戦国時代の日本が登場する。日本語版の巻末のチェックリストには初版では「せんごくじだい」と書かれていたが、ミニ絵本版では「むかしのにほん」と変更されていた。
  • 2017年10月8日、ハウステンボスにウォーリーの仮装をした4626人が集結しギネス世界記録に認定された[6]

参考文献[編集]

  • 「30周年 貴重な原画が初来日 ウォーリーをさがせ!」『MOE』2018年5月号、4-33頁。

脚注[編集]

  1. ^ 「ウォーリーを探せ」のウォーリーには国別の呼び名があるそうですギズモード・ジャパン、2014年11月15日 7:00。
  2. ^ a b 『MOE』2018年5月号、18頁。
  3. ^ a b c d e f g 『MOE』2018年5月号、19頁。
  4. ^ 『MOE』2018年5月号、20頁。
  5. ^ 『MOE』2018年5月号、8頁。
  6. ^ 3度目の正直!ついに、ギネス世界記録®達成!「ウォーリーの仮装をした最多人数」、ハウステンボス株式会社、2017年10月8日 19:30。

関連項目[編集]