酒見賢一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒見 賢一(さけみ けんいち、1963年11月26日 - )は、日本小説家福岡県久留米市出身。福岡県立明善高等学校卒業。1988年、愛知大学文学部哲学科東洋哲学専攻卒業[1]。デビュー作『後宮小説』は、架空の中国史小説(王朝も人物もすべて架空で時代も判然としない)風ファンタジーという異色作だったが、その後は実際の中国史から題材をとることが多い。代表作に『墨攻』『陋巷に在り』『泣き虫弱虫諸葛孔明』他。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 後宮小説』新潮社、1989 のち文庫 
  • 『聖母の部隊』徳間書店、1991 のちハルキ文庫 
  • 『ピュタゴラスの旅』講談社、1991 のち文庫、集英社文庫    
  • 墨攻』新潮社、1991 のち文庫 のち文春文庫
  • 陋巷に在り』全13巻 新潮社、1992―2002 のち文庫 
  • 『童貞』講談社、1995 のち文庫、集英社文庫  
  • 『語り手の事情』文藝春秋、1998 のち文庫  
  • 周公旦』文藝春秋、1999 のち文庫
  • 『泣き虫弱虫諸葛孔明』1-4(刊行中)、文藝春秋、2004―14 のち文庫
  • 『分解』ちくま文庫、2010

その他[編集]

メディア原作[編集]

アニメ[編集]

雲のように風のように
『後宮小説』のアニメ化作品。日本ファンタジーノベル大賞は当初は受賞作をアニメ化することになっており、1990年3月21日に日本テレビ系列で放送された。

コミック[編集]

墨攻森秀樹
登場人物や初期の頃の話は酒見の『墨攻』を下敷きにしているが、途中からは森が自由に物語を組み立てている。
D'ARC ジャンヌ・ダルク伝:近藤勝也
徳間書店より2巻まで刊行。長期の中断により未完。
陋巷に在り-顔回伝奇:羽生生純
『陋巷に在り』の漫画化作品。全3巻。

映画[編集]

墨攻
2007年度映画化。主として森秀樹のコミック版を下敷きにしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 2006年度 愛知大学後援会課外活動奨励賞授与式