高橋のぼる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 のぼる
生誕 (1964-11-08) 1964年11月8日(57歳)
日本の旗 日本千葉県野田市
職業 漫画家
ジャンル 青年漫画
代表作土竜の唄
受賞 第59回小学館漫画賞一般向け部門(『土竜の唄』)
テンプレートを表示

高橋 のぼる(たかはし のぼる、1964年11月8日[1] - )は、日本漫画家男性[1]千葉県野田市出身[1]

経歴・人物[編集]

楳図かずおアシスタントをつとめた後、1988年に『ビッグコミックオリジナル増刊』(小学館)掲載の『強引(ゴーイング)'マイウェイ』でデビューする[1]。主に青年漫画雑誌で活動する。初の単行本となったのは『恋するもも』である。

凄腕整体師を描いた『健康師ダン』が1998年にVシネマ化されている。また、非合法カジノでのギャンブルを描いた『リーマンギャンブラーマウス』は、ヒロインである「インドまぐろ子」の女体盛りシーンがたびたび登場することから、ウェブサイトの私的なレビューなどでは「女体盛り漫画」との評価を受けることもある。

2005年8月より『土竜の唄』を『週刊ヤングサンデー』にて連載、2008年に同誌が休刊となった後は『ビッグコミックスピリッツ』に移籍して連載中[2]。同作は2014年に第59回小学館漫画賞一般向け部門を受賞[3]。さらに2014年[4]、2016年[5]、2021年に実写映画化されている[6]。また同作品の外伝として、2013年8月より『土竜の唄外伝 狂蝶の舞』を『月刊!スピリッツ』にて2017年2月まで連載[7]

2009年12月より『阿呆鳥の唄』を『ビジネスジャンプ』にて連載開始[8]。同作はシリーズ読み切りから連載化されている[8]

『月刊!スピリッツ』が創刊6周年を迎え、2015年9月にそれを記念した原画展が東京都のかもめブックス内のギャラリーondo kagurazakaにて開催[9]。高橋も同誌の作家の一員として参加している[9]

2016年12月19日に短編集『どてっぱら』を刊行[10]。同書は高橋留美子から絶賛されている[10]

2017年4月15日から「がんばれクマモト!マンガよせがきトレイン」が南阿蘇鉄道で運行[11]。「『熊本復興の助けになりたい』という趣旨に賛同した小学館の漫画家」のひとりとして、高橋も参加[11]。同年7月、『ビッグコミック』にて中国史劇『劉邦』を連載開始[12]

2018年4月より高橋が原作を務める『鉄の警察』が『月刊!スピリッツ』にて連載開始[13]。「熱き鉄道警察ドラマ」が描かれており、作画は黒江ゆきが担当している[13]。同年9月28日から開催されたゲーム「モンスターストライク」のイベント「モンスターストライク展」にて、アーティストの一員として高橋も参加[14]

2019年6月4日、三田紀房の『アルキメデスの大戦』の実写映画を上映する「漫画家特別試写会」が開催[15]。三田が漫画家の仲間たちへ試写を案内し、高橋も参加している[15]

2019年に創刊40周年を迎えた『週刊ヤングジャンプ』が、それを記念して2020年1月に「賞金総額最大1億円40漫画賞」を創設[16]。高橋が審査員のひとりとして選ばれた[16]。2019年と2020年に『グランドジャンプむちゃ』と『グランドジャンプ』に掲載された読み切り『最強の弁護士』が[17][18]、2020年8月より『グランドジャンプ』で連載化されている[19]

主な作品[編集]

漫画[編集]

読み切り[編集]

  • ジャンロック(『近代麻雀』掲載)
  • 爆音男 〜BOMBERMAN〜(『ビッグコミックスピリッツ』2011年9号掲載[22]) - 湘南乃風とコラボ漫画、湘南乃風との対談も同号に掲載[22]。同グループが漫画化されるのは初[23]
  • 虎子に愛タイガー(『ビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号』掲載[24]、2015年) - 阪神タイガースを題材とした漫画[24]
  • セカンド・ハーフ 〜人生の後半戦〜(『ビッグコミック』2016年1号掲載[25]
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ〜菊川玲二編〜(『ビッグコミックスピリッツ』2016年30号掲載[26]) - 映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」とのコラボ漫画、高橋と監督の宮藤官九郎の対談も同号に掲載[26]
  • ふぉ〜ゆ〜とのコラボマンガ(『ビッグコミックスピリッツ』2018年9号掲載[27]
  • 結婚にまつわるマンガ(『ビッグコミックスピリッツ』2018年21・22合併号掲載、「結婚大論争」特集[28]

漫画原作[編集]

イラスト[編集]

  • 30周年おめでとうイラスト(『ビッグコミックスピリッツ』創刊30周年記念企画展示「スピリッツmeets PARCO」[30]、2010年)
  • 弘兼憲史増刊』お祝いイラスト(2015年3月30日発売[31]
  • 映画「ヘイル、シーザー!」キャラクター描きおろしイラスト(2016年5月[32]) - ジョージ・クルーニーのイラスト担当[32]
  • 「日本国憲法全文」小冊子(『ビッグコミックスピリッツ』2016年32号付録[33]) - 「日本の情景」の描きおろしイラスト[33]
  • Perfumeのイラスト(『ビッグコミックスピリッツ』2017年40号、Perfume特集[34]
  • 4人の響子さん(『ビッグコミックスピリッツ』2020年45号[35]) - 創刊40周年記念で『めぞん一刻』の音無響子を描きおろす企画[35]
  • 映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」イラスト(2021年8月[36]

アンソロジー[編集]

  • アカギアンソロジー『ざわ‥ざわ‥増刊』(2011年6月3日発売[37]竹書房
  • 福本ASオフィシャルアンソロジー(2014年8月[38]、竹書房)

その他[編集]

  • さいとう・たかをとの対談(『月刊!スピリッツ』2013年12月号掲載[39]
  • じみへん』最終回感謝企画「じみへん時代」(『ビッグコミックスピリッツ』2015年37・38合併号掲載[40]) - イラストとコメント[40]
  • 佐藤衣里子の衣装考案(『ビッグコミックスピリッツ』2015年42・43合併号掲載[41]
  • 漫画家本 ジョージ秋山本(2021年5月28日発売[42]) - インタビュー収録[42]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 高橋 のぼる(漫画家)”. マンガペディア. 2021年8月13日閲覧。
  2. ^ “「土竜の唄」連載200回記念でQUOカードプレゼント”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年11月16日). https://natalie.mu/comic/news/23816 2021年8月13日閲覧。 
  3. ^ “第59回小学館漫画賞に土竜の唄、マギ、カノ嘘など輝く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月22日). https://natalie.mu/comic/news/108250 2021年8月13日閲覧。 
  4. ^ “映画「土竜の唄」豪華キャスト、岡村隆史が猫語のヤクザに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年5月2日). https://natalie.mu/comic/news/89894 2021年8月13日閲覧。 
  5. ^ “映画「土竜の唄」劇中で女装姿の生田斗真、本田翼に胸揉まれ「悪くはない!」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年12月5日). https://natalie.mu/comic/news/212045 2021年8月13日閲覧。 
  6. ^ “映画「土竜の唄」ファイナルが11月公開!舞台は超豪華客船、特報&ビジュアル到着”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年6月28日). https://natalie.mu/comic/news/434423 2021年8月13日閲覧。 
  7. ^ “「土竜の唄」外伝が月スピでスタート、水木しげる付録も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年8月27日). https://natalie.mu/comic/news/98121 2021年8月13日閲覧。 
  8. ^ a b “安達哲、ビージャンで金と嘘が渦巻く原作付き新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年12月2日). https://natalie.mu/comic/news/24629 2021年8月13日閲覧。 
  9. ^ a b “月スピ作家23名の原画展、おかざき真里・松田奈緒子・ゆうきまさみトークも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年9月7日). https://natalie.mu/comic/news/159314 2021年8月13日閲覧。 
  10. ^ a b “高橋のぼる短編集に「土竜の唄」ラスボス・轟周宝の外伝、高橋留美子も推薦”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年12月19日). https://natalie.mu/comic/news/213877 2021年8月13日閲覧。 
  11. ^ a b “がんばれクマモト!青山剛昌、萩尾望都ら参加のラッピング列車が4月より運行”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年3月2日). https://natalie.mu/comic/news/223005 2021年8月13日閲覧。 
  12. ^ “「土竜の唄」高橋のぼるの新連載、エンタメ中国史劇「劉邦」をビッグコミックで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年7月10日). https://natalie.mu/comic/news/240189 2021年8月13日閲覧。 
  13. ^ a b “「土竜の唄」の高橋のぼる×新鋭・黒江ゆきが描く鉄道警察ドラマ、月スピで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年4月27日). https://natalie.mu/comic/news/280086 2021年8月13日閲覧。 
  14. ^ “「モンスト展」浅野いにおのモンストローズなど展示の一部画像が到着”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月28日). https://natalie.mu/comic/news/301624 2021年8月13日閲覧。 
  15. ^ a b “「アルキメデスの大戦」マンガ家だらけの試写会に藤子不二雄(A)、福本伸行ら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年6月6日). https://natalie.mu/comic/news/334425 2021年8月13日閲覧。 
  16. ^ a b “集英社青年誌による新マンガ賞創設、テーマは40種類&賞金総額1億円”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月9日). https://natalie.mu/comic/news/362557 2021年8月13日閲覧。 
  17. ^ “「EX-ARM」新章がグラジャンむちゃで、高橋のぼるが描く弁護士読切112Pも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月28日). https://natalie.mu/comic/news/345342 2021年8月13日閲覧。 
  18. ^ “高橋のぼる104ページで描く法廷もの読切「最強の弁護士」がグラジャンに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年2月5日). https://natalie.mu/comic/news/366058 2021年8月13日閲覧。 
  19. ^ “凄腕弁護士描く高橋のぼるの法廷ドラマがグラジャンで連載化、9月に1巻発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月5日). https://natalie.mu/comic/news/390610 2021年8月13日閲覧。 
  20. ^ “「土竜の唄」の高橋のぼるが過去語る、悪さと禊とまんが道”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年2月14日). https://natalie.mu/comic/news/109826 2021年8月13日閲覧。 
  21. ^ “最強の弁護士と称される男描く、高橋のぼるの法廷ドラマ1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年9月18日). https://natalie.mu/comic/news/397026 2021年8月13日閲覧。 
  22. ^ a b “湘南乃風がスピでマンガ化、サウンドテロリスト大暴れ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年1月31日). https://natalie.mu/comic/news/44252 2021年8月13日閲覧。 
  23. ^ “「土竜の唄」の高橋のぼる、湘南乃風をスピでマンガ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年1月12日). https://natalie.mu/comic/news/43269 2021年8月13日閲覧。 
  24. ^ a b “付録は阪神ユニフォームのラムちゃん!タイガース増刊に高橋留美子ら豪華布陣”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年5月28日). https://natalie.mu/comic/news/148746 2021年8月13日閲覧。 
  25. ^ “「土竜の唄」の高橋のぼるが描く、ドラマチックな読み切りがビッグコミックに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年12月25日). https://natalie.mu/comic/news/170606 2021年8月13日閲覧。 
  26. ^ a b “玲二が地獄に落ちたら…?土竜の唄×TOO YOUNG TO DIE!コラボ、長瀬智也も嫉妬”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年6月9日). https://natalie.mu/comic/news/190187 2021年8月13日閲覧。 
  27. ^ “三十路超えジャニーズ所属ユニット・ふぉ~ゆ~と「土竜の唄」高橋のぼるがコラボ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年1月29日). https://natalie.mu/comic/news/267212 2021年8月13日閲覧。 
  28. ^ “「結婚アフロ田中」開幕記念!スピリッツで結婚特集、畑健二郎らマンガ掲載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年4月23日). https://natalie.mu/comic/news/279227 2021年8月13日閲覧。 
  29. ^ “スリ、痴漢、テロから乗客の平和を守る!高橋のぼる×黒江ゆきが描く鉄道警察隊”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月30日). https://natalie.mu/comic/news/310316 2021年8月13日閲覧。 
  30. ^ “スピ30th企画展を渋谷パルコで開催、コラボT販売など”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年10月5日). https://natalie.mu/comic/news/38535 2021年8月13日閲覧。 
  31. ^ “オリジナルの弘兼憲史増刊に柴門ふみ、高橋のぼる、三田紀房ら豪華執筆陣”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年3月30日). https://natalie.mu/comic/news/142419 2021年8月13日閲覧。 
  32. ^ a b “高橋のぼる、窪之内英策ら、映画「ヘイル、シーザー!」出演陣を描き下ろし”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年5月11日). https://natalie.mu/comic/news/186584 2021年8月13日閲覧。 
  33. ^ a b “スピ付録「日本国憲法全文」にマンガ家13名が寄稿、「森山中教習所」特別編も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/193237 2021年8月13日閲覧。 
  34. ^ “Perfumeが9年ぶりにスピリッツ登場、藤田和日郎や丹羽庭ら7名がイラスト執筆”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年9月4日). https://natalie.mu/comic/news/247292 2021年8月13日閲覧。 
  35. ^ a b “スピリッツ40周年!歴代作品オマージュマンガや「テセウスの船」東元俊哉の新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年10月5日). https://natalie.mu/comic/news/399262 2021年8月13日閲覧。 
  36. ^ “「土竜の唄」高橋のぼる、“クソやばい”「ザ・スーサイド・スクワッド」の面々描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年8月13日). https://natalie.mu/comic/news/440698 2021年8月13日閲覧。 
  37. ^ “「アカギ」アンソロざわ‥ざわ‥増刊にCLAMPら参加”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年6月3日). https://natalie.mu/comic/news/50619 2021年8月13日閲覧。 
  38. ^ “おかざき真里ら参加の福本伸行ASアンソロジー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年8月11日). https://natalie.mu/comic/news/123348 2021年8月13日閲覧。 
  39. ^ “「重版出来!」ゆうきまさみら総勢12人とのコラボカバー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年10月26日). https://natalie.mu/comic/news/102264 2021年8月13日閲覧。 
  40. ^ a b “スピにてねむようこら新連載!「じみへん」は完結、豪華メンバー48名寄稿”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/156522 2021年8月13日閲覧。 
  41. ^ “ジョージ朝倉がバレエに魅せられた少年描く新連載、スピにて始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年9月14日). https://natalie.mu/comic/news/159958 2021年8月13日閲覧。 
  42. ^ a b “ジョージ秋山の軌跡を追う「漫画家本」新作、すがやみつる・浅野忠信ら語る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月28日). https://natalie.mu/comic/news/430186 2021年8月13日閲覧。 
  43. ^ “高橋のぼるも絶賛!?“変態”木馬コメディ1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年7月18日). https://natalie.mu/comic/news/121556 2021年8月13日閲覧。 

外部リンク[編集]