じみへん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
じみへん
ジャンル ギャグ漫画
漫画
作者 中崎タツヤ
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
レーベル スピリッツじみコミックス
発表号 1989年 - 2015年37・38合併号
発表期間 1989年 - 2015年8月10日
巻数 既刊11集
テンプレート - ノート

じみへん』は、中崎タツヤによる日本漫画1989年から2015年37・38合併号まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された15コマ漫画。毎回毎回様々な登場人物(時に作者本人も)がありそうでないような、じみ〜に変な笑いを15コマのなかに織り交ぜられて進んでいく。

2015年8月、中崎が還暦を迎えるのを機に中崎の意向で連載を終了した[1]。最終回掲載号は「感謝企画」として、マンガ家48人による描き下ろしイラストが併せて掲載された。

2016年、第20回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞[2]

単行本[編集]

すべて小学館発行

通常巻[編集]

「スピリッツじみコミックス」として刊行されている。

選集[編集]

  • よりぬきじみへん20世紀版 ISBN 4-09-187721-4 2003年6月(連載初期からの10年分をギュッとよりぬいた傑作選)
  • 20世紀のじみへん ISBN 4-09-196150-1 2012年6月(『よりぬきじみへん20世紀版』の文庫化)

書籍[編集]

じみへん倫理教室(南部ヤスヒロ著、小学館刊、2009年6月)

アニメ[編集]

かつて、TBSで放送されていた『THE・プレゼンター』の中で、アニメ化されたことがあった。声優は三宅裕司率いるスーパーエキセントリックシアターの俳優が担当した。

脚注[編集]

  1. ^ 「じみへん」残り5回で完結!中崎タツヤ、還暦迎えるため連載終了を決意”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年7月6日). 2015年8月11日閲覧。
  2. ^ “手塚治虫文化賞大賞は「鼻紙写楽」&「よつばと!」、新生賞に安藤ゆき”. コミックナタリー. (2016年4月27日). http://natalie.mu/comic/news/185186 2016年4月27日閲覧。 

外部リンク[編集]