小栗かずまた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小栗 かずまた
本名 小栗 又一郎
生誕 (1974-11-18) 1974年11月18日(43歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1994年 -
ジャンル 少年漫画
代表作花さか天使テンテンくん
受賞 週刊少年ジャンプ第40回赤塚賞準入選
テンプレートを表示

小栗 かずまた(おぐり かずまた、本名:小栗 又一郎、1974年11月18日[1] - )は漫画家東京都出身。

経歴[編集]

1994年、『トウフノカド』で第40回赤塚賞に準入選。同作が『週刊少年ジャンプ 1994年 Summer Special』(集英社)に掲載されてデビュー1997年から2000年にかけて『週刊少年ジャンプ』で『花さか天使テンテンくん』を連載し、同作はテレビアニメ化もなされた。

2008年には集英社の児童書レーベル「わくわくキッズブック」において『グータラ王子』シリーズ(全7冊)の刊行をスタートさせ、児童書にも活動の場を広げた。2009年以降は漫画家の活動と平行しそちらの活動も本格化させ、前述作のほか、同社より『にげだせ!ジョニー』シリーズを、ポプラ社より『ヒャッハー!ふなっしーとフルーツ王国』シリーズを刊行している。

また、小栗吉忠を祖とする三河小栗氏の17代目当主であり、2005年に『よこすか開国祭』にて、自身の先祖にあたる小栗上野介をモチーフとしたキャラクター「オグリン」をペリー提督をモチーフとしたキャラクター「ペリリン」と共にデザインした[2]。2008年には小栗上野介の玄孫として、徳川家当主の徳川恒孝とともに駿河台で行われたお成り行列に参列した[3]。その後も横須賀との縁は続き、2015年には小栗上野介が設立を推し進めた横須賀製鉄所創設150周年に際し、レオンス・ヴェルニーをモチーフとしたキャラクター「ヴェルニン」をデザインしている[4]

作風[編集]

幼年漫画に近い少年向けギャグ漫画を主に描いている。ストーリーやギャグなど全体的なデザインをおおむね低年齢層に合わせたシンプルなものにしているため、小学生を中心とした低年齢層の読者に評価されている。『着け鼻着け口』のような横顔は小栗独自の画風である。また、作風に反した写実的タッチやリアルな劇画調のキャラクターも描ける。

最初の連載作品『花さか天使テンテンくん』は、藤子不二雄以来の児童漫画の王道路線に、現代的なセンスを取り込み、人気を得た。

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

花さか天使テンテンくん(全17巻)
週刊少年ジャンプ』に1997年11号 - 2000年30号まで連載。
初連載にして大きな人気を得る。アニメ化もされた。
もののけ!にゃんタロー(全2巻)
『週刊少年ジャンプ』に2001年51号 - 2002年11号まで連載。
学園探偵エンラクくん(全1巻)
月刊少年ジャンプ』に2005年2月号 - 9月号まで連載。
ヘンテコ忍者 いもがくれチンゲンサイ様(全3巻)
最強ジャンプ』に2011年号 - 2014年9月号まで連載。『VOMIC』にて2012年1月よりヴォイスコミック版も全4話で配信された。
最強ボスザル伝アラシ!!!(既刊2巻)
『最強ジャンプ』に2014年11月号より連載。

読み切り他[編集]

トウフノカド
週刊少年ジャンプ 1994年 Summer Specialに掲載。※ 第40回赤塚賞準入選作品。
楽しい!ドワーフファミリー
週刊少年ジャンプ 1995年 Spring Specialに掲載。
親切くん
週刊少年ジャンプ 1996年 Winter Specialに掲載。
花さか天使テンテンくん
週刊少年ジャンプ 1996年45号に掲載。連載の原型となった作品。
解決!!クエスチョンマンくん
週刊少年ジャンプ増刊 ジャンプGAG Special 2002に掲載。
はちゃめちゃスゴ犬伝 いぬみち!
2007年別冊コロコロコミック6月号に掲載。
キン肉マン』トリビュート 秋のマッスル4コマ祭り開催!!
2007年、週刊プレイボーイ11/05日号に掲載。
ぎゃる・エン
2008年月刊ヤングジャンプ創刊号に掲載。珍しい青年誌作品。
『キン肉マン』トリビュート!! 祝30周年!! 真夏の肉4コマ祭り
2008年、週刊プレイボーイ08/17日号に掲載。
ガンバレ! ロビンくん
2009年、週刊プレイボーイ06/02日特大号に掲載。

児童書[編集]

グータラ王子シリーズ
グータラ王子のぐ〜たら大ぼうけん(2008年5月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック2〉) - ISBN 978-4-08-315002-9
グータラ王子のぐ〜たらはつめい大バトル!(2008年7月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック6〉) - ISBN 978-4-08-315006-7
グータラ王子のぐ〜たらおばけ大レース!!(2008年12月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック10〉) - ISBN 978-4-08-315010-4
グータラ王子のぐ〜たらなぞのちかていこく(2009年7月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック14〉) - ISBN 978-4-08-315014-2
グータラ王子のぐ〜たらミラクルクリスマス(2009年12月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック17〉) - ISBN 978-4-08-315017-3
グータラ王子のぐ〜たら ばくしょう かいじゅう島(2010年7月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック20〉) - ISBN 978-4-08-315020-3
グータラ王子のぐ〜たらきょうふの大まおうのしろ(2010年12月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック23〉) - ISBN 978-4-08-315023-4
にげだせ!ジョニーシリーズ
にげだせ!ジョニー あくまのけいむしょ(2010年7月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック22〉) - ISBN 978-4-08-315022-7
にげだせ!ジョニー ちょうのうりょくけいむしょ(2010年12月初版発行、集英社〈わくわくキッズブック25〉) - ISBN 978-4-08-315025-8
ヒャッハー! ふなっしーとフルーツ王国シリーズ
ヒャッハー! ふなっしーとフルーツ王国 おうごんのなしをとりもどせ!(2016年4月初版発行、ポプラ社) - ISBN 978-4-59-114976-8
ヒャッハー! ふなっしーとフルーツ王国 なぞのブドウまじん(2016年10月初版発行、ポプラ社) - ISBN 978-4-591-15124-2
ヒャッハー! ふなっしーとフルーツ王国 びっくりフルーツ大うんどうかい(2017年4月初版発行、ポプラ社) - ISBN 978-4-591-15425-0
ヒャッハー! ふなっしーとフルーツ王国 パインかいぞくだんと すごいおたから(2017年10月初版発行、ポプラ社) - ISBN 978-4-591-15604-9

その他[編集]

ペリリン&オグリン
ペリー提督と小栗忠順をモデルに、2005年に制定されたよこすか開国祭のキャラクター。キャラクターデザインを担当。
ヴェルニン
フランソワ・レオンス・ヴェルニーをモデルに、2015年に制定された横須賀製鉄所のキャラクター。キャラクターデザインを担当。

師匠[編集]

アシスタント[編集]

関連人物[編集]

木多康昭
『花さか天使テンテンくん』連載と同時期に『幕張』を連載していた漫画家。親しかったらしく『幕張』の作中に小栗本人をモデルとしたキャラクターが登場している。しかしそのキャラクターが作中で酷い扱いをされたため小栗が抗議をし、突如として登場しなくなった。そのため木多との不仲説が流れたが、小栗本人はそれを否定している。その後小栗は木多の作品『泣くようぐいす』の単行本 6巻に、やや皮肉めいたコメントを寄稿している。また、『幕張』のキャラクターが全裸に羽根の飾りを付けた、テンテンくんの格好をネタにしたコスプレで登場した後、『花さか天使テンテンくん』の表紙窓にリアルテンテンくんとして登場するなど、交流の深さを示すエピソードも存在する。
小栗忠順
幕末幕臣官位は「上野介」。小栗は彼の玄孫に当たる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『週刊少年ジャンプ 1994年 Summer Special』558ページ
  2. ^ ペリリン&オグリン公式HP(2013年8月15日時点のアーカイブ
  3. ^ 小栗上野介企画展記念講演会関連行事 御成り行列、駿河台を行く東善寺公式サイト
  4. ^ 一般財団法人横須賀観光協会

外部リンク[編集]