おかべりか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかべ りか
生誕 (1950-11-10) 1950年11月10日
日本の旗 日本・埼玉県浦和市(現:さいたま市)
死没 (2017-07-08) 2017年7月8日(66歳没)
職業 漫画家、挿絵画家
テンプレートを表示

おかべ りか1950年11月10日 - 2017年7月8日[1])は、日本の女性漫画家挿絵画家埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身。

人物[編集]

おもに児童書絵本育児誌などを中心に漫画や挿絵、翻訳などを手がける。子供の視点を中心にした、鋭い観察眼と人物描写に基づくユーモラスな作風が特色。

福音館書店より刊行していた月刊誌『おおきなポケット』では漫画作品を断続的に連載。うち『とちめんぼう劇場』『よい子への道』などを単行本化。

2002年より北澤楽天顕彰会理事。他、さいたま市民漫画展(のち北澤楽天漫画大賞)審査員、さいたま市文化財等選考委員を務める。

『おばけやさん』は初の物語作品シリーズで、2011年より年一回ペースで刊行され、全7巻が発売された。

2017年7月8日、虚血性心疾患のため死去。66歳没。

親族[編集]

父は漫画家の岡部冬彦。弟は作家、軍事評論家岡部いさく。妹はイラストレーターの水玉螢之丞

主な作品[編集]

文・絵[編集]

  • コミック コドモの定番(学陽書房
  • パワー全開!!!赤ちゃんのお通〜り(主婦の友社
  • イロイロあるぞ彼らの事情(フレーベル館
  • とちめんぼう劇場(福音館書店
  • よい子への道(福音館書店)
  • よい子への道2(福音館書店)
  • やきゅうじょうにいこう(福音館書店『かがくのとも』448号)
  • あゆみ?(読売新聞 教育欄掲載)
  • おだんごちゃん(童心社
  • 「おばけやさん」シリーズ(偕成社

挿絵[編集]

[編集]

  • よるにきこえるおと (絵:大島妙子、フレーベル館)

翻訳[編集]

  • まよなかのたたかい(文:ティエリー・デデュー、レミ・クールジョン、フレーベル館)
  • もこもこはどこ?(文:マリー・ワッブ、フレーベル館)

脚注[編集]

  1. ^ 漫画家・おかべりかさんが66歳で死去 「よい子への道」など”. livedoor news (2017年7月18日). 2017年7月18日閲覧。