末吉暁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

末吉 暁子(すえよし あきこ、1942年8月27日 - 2016年5月28日)は日本児童文学作家

略歴[編集]

神奈川県横浜市に生まれ、3歳のときに両親の出身地である静岡県沼津市に移住。青山学院女子短期大学英文科卒業。1991年より2006年まで同大学の非常勤講師も務める。卒業後講談社に入社。主に児童図書の編集を担当する。編集者時代、佐藤さとるにすすめられて創作活動を開始。この縁から挿絵は、佐藤と名コンビである村上勉の担当作品も多い。1975年、講談社退社後の『かいじゅうになった女の子』(偕成社)でデビュー。

『星に帰った少女』で1977年に日本児童文芸家協会新人賞、1978年に日本児童文学者協会新人賞受賞。

1983年、編集者や作家仲間と同人誌『鬼ヶ島通信』を創刊。同誌は現在も年2回のペースで刊行中。

1985年『だっくんあそぼうよ』シリーズでサンケイ児童出版文化賞受賞。

1986年『ママの黄色い子象』で野間児童文芸賞受賞。

1996年より放送開始のNHK教育テレビの人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」の脚本を執筆。小学校低学年の道徳の授業の教材としても使用される。

1997年『地と潮の王』で産経児童出版文化賞推薦。

1999年『雨ふり花さいた』で小学館児童出版文化賞受賞。

2011年『赤い髪のミウ』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。

ロングセラー「ぞくぞく村のおばけ」シリーズや「ざわざわ森のがんこちゃん」のような、幼い子どもの心をつかむ楽しい幼年童話と、論理性と空想性が一致した長編ファンタジーの分野との両輪で書き続けた。女性ながら、恐竜や怪獣を使った作品が多いのも特徴の一つ。

JBBY(日本国際児童図書評議会)会員・日本ペンクラブ「子どもの本委員会」委員。

2000年ごろからは、「子どもの本まつり」のイベントや小学校などで、声優たちとコラボの「ペープサート(紙人形劇)」の上演を行い、小学校や被災地を訪問。

2016年5月28日、肺腺癌のため死去[1]。73歳没。

主な作品[編集]

  • かいじゅうになった女の子 1975年(大橋歩、偕成社)
  • ママ、あててみて 1976年(林明子、偕成社)
  • 星に帰った少女 1977年(赤星亮衛、偕成社)1978年日本児童文学者協会新人賞及び日本児童文芸家協会新人賞 2003年に新装版出版(こみねゆら、偕成社)
  • ひとりっ子ジュン 1977年(大橋歩、文研出版)
  • もりのかくれんぼう 1978年(林明子、偕成社)
  • きりんのえんぴつ 1980年(水村まどみ、佼成出版社)
  • じてんしゃにのったてんとうむし 1980年(ヴィヴ・オールブライト、偕成社)
  • ハニーちゃんのいちごつみ 1980年(ダン・ボンフィリ、金の星社)
  • ハニーちゃんのやきゅうせんしゅ 1980年(ダン・ボンフィリ、金の星社)
  • ハニーちゃんのケーキづくり 1980年(ダン・ボンフィリ、金の星社)
  • はらぺこさんふたり? 1980年(宮本忠夫、偕成社)
  • ねずみのえいがかん 1980年(田沢梨枝子、太平出版社)
  • ぞうさんれいぞうこ 1981年(田沢梨枝子、偕成社)
  • ねこのえっちゃん 1981年(奈良坂智子、講談社)
  • デパートねずみにプレゼント 1981年(黒岩明人、偕成社)
  • 2級魔法使い黒ばらさん 1981年(牧野鈴子、文研出版)
  • ちょうちょいろのワンピース 1982年(田中槇子、PHP研究所)
  • にんぎょのいちごゼリー 1982年(黒井健、フレーベル館)
  • 学校で泣いたことある? 1982年(宮本忠夫、岩崎書店)
  • 霧のふる部屋 1982年(牧野鈴子、講談社)、1987年に「いつか王子様が…」に改題し、講談社青い鳥文庫より出版。
  • ポストのなきむしおばけ 1982年(中島きよし、講談社)
  • にげだした魔女のほうき 1983年(宮本忠夫、岩崎書店)
  • でしゃばりおばけのおはるさん 1983年(和歌山静子、偕成社)
  • まほうはないしょでかけようね 1984年(牧野鈴子、ひくまの出版)
  • あみだくじでおたんじょう会 1984年(伊勢英子、あかね書房)
  • こうかん日記で魔法をかけて 1984年(小泉るみ子、偕成社)
  • トキメキおまじない作戦 1985年(小泉るみ子、偕成社)
  • えんそくこわいぞあぶないぞ1985年(和歌山静子、偕成社)
  • あの町この町吸血鬼 1990年(和歌山静子、偕成社)
  • いらっしゃいませかいじゅうです 1985年(西川おさむ、秋書房)
  • かいじゅうズングリのピザやさん 2002年(西川おさむ、ポプラ社)
  • だっくんあそぼうよシリーズ(伊勢英子ブックローン出版)1985年産経児童出版文化賞
  • ママの黄色い子象(講談社)1985年「鬼ヶ島通信」に連載した作品の出版。野間児童文芸賞を受賞し、2010年に講談社青い鳥文庫より新装出版。
  • いたずら子鬼のおくりもの 1987年(垂石眞子、あかね書房)
  • きせかえくまちゃん 1987年(藤田三保、ケイエス企画)
  • おしゃれなべべちゃん 1988年(藤田三保、ケイエス企画)
  • 妖精のこぶたチョコレート 1988年(小泉るみ子、偕成社)
  • まちこさんのふしぎな海の旅 1988年(徳田秀雄、講談社)
  • ミステリーゾーン進学塾 1989年(こぐれけんじろう、旺文社)
  • ぞくぞく村のおばけシリーズ(垂石眞子あかね書房、1989年~)
    • ぞくぞく村のミイラのラムさん
    • ぞくぞく村の魔女のオバタン
    • ぞくぞく村のちびっこおばけグー・スー・ピー
    • ぞくぞく村の子鬼のゴブリン
    • ぞくぞく村のおおかみ男
    • ぞくぞく村のドラキュラのむすこ
    • ぞくぞく村の妖精レロレロ
    • ぞくぞく村のとうめい人間サムガリー
    • ぞくぞく村のがいこつガチャさん
    • ぞくぞく村の雪女ユキミダイフク
    • ぞくぞく村の雨ぼうずピッチャン
    • ぞくぞく村の魔女のオバタンの使い魔
    • ぞくぞく村のゾンビのビショビショ
    • ぞくぞく村の怪鳥ホヤホヤ
    • ぞくぞく村ののっぺらぼうペラさん
    • ぞくぞく村のかぼちゃ怪人
    • ぞくぞく村の魔法少女カルメラ
    • ぞくぞく村のランプの精ジンジン
    • ぞくぞく村のにじ色ドラゴン
  • 黒ばらさんの七つの魔法 1991年(牧野鈴子 偕成社)
  • 黒ばらさんの魔法の旅だち 2007年(牧野鈴子 偕成社)
  • おばけのおはるさんととらねこフニャラ 1989年(むかいながまさ、偕成社)
  • おばけのおはるさんはかわいこちゃん? 1989年(むかいながまさ、偕成社)
  • おばけのおはるさんのきもだめし 1990年(むかいながまさ、偕成社)
  • おばけのおはるさんディスコにいく 1991年(むかいながまさ、偕成社)
  • ごめんねさとしくん 1990年(太田大八、佼成出版社)
  • たんていかぎだぬき 1991年(西川おさむ、国土社)
  • ないしょにしてね 1992年(緒方直青、文溪堂)
  • ホラーゾーン小学校 1993年(中川大輔、旺文社)
  • きょうりゅうほねほねくんシリーズ 1993年~(岡本颯子、あかね書房)
  • チョコレートくまちゃん 1994年(伊東美貴、偕成社)
  • 赤い羽のアラ姫 1995年(高橋由為子、偕成社)
  • シルカ小学校のブキミともだちシリーズ 1996年(原ゆたか、偕成社)
  • ざわざわ森のがんこちゃんシリーズ(武田美穂講談社、1996年~)NHK教育テレビ人形劇の書籍化。
    • あたらしいおともだち
    • いじわるバンバン
    • おかあさんきらい
    • 学校へいくのいや
    • 学校おばけのなぞ
    • たまごの子もり
    • 森のキノコまじょ
    • フーフーまるがやってくる!
  • 新・ざわざわ森のがんこちゃんシリーズ(武田美穂、講談社、2012年~)
    • がんこちゃんはアイドル
    • うんちしたの、だあれ?
    • おばあちゃんのねがいごと
  • テレビ版ざわざわ森のがんこちゃんシリーズ(スタジオノーヴァ、フレーベル館)
  • 地と潮の王 1996年(藤川秀之、講談社) 1997年産経児童出版文化賞推薦
  • 雨ふり花さいた 1998年(こみねゆら、偕成社)1998年小学館児童出版文化賞受賞。
  • 世界一おじょーひんなチリチリ姫 1996年(大留希美江、ポプラ社)
  • チリチリ姫のぜったいないしょの冒険 1997年(大留希美江、ポプラ社)
  • 魔法のおみやげシリーズ 1999年(原ゆたか、ポプラ社)
  • へんな犬パンジー 2001年(宮本忠夫、あかね書房)
  • ひこうきブルルーン! 2004年(ふくだゆうこ、あかね書房)
  • テーブルがおかのこうめちゃん 2005年(仁科幸子、岩崎書店)
  • かいじゅうぼうやも一年生 2005年(山口みねやす、小学館)
  • 本の妖精リブロン 2007年(東逸子、あかね書房)
  • とうさんねこのたんじょうび 2008年(たるいしまこ、BL出版)
  • 水のしろたえ 2008年(丹地陽子、理論社)
  • やまんば妖怪学校シリーズ 2008年(おかべりか、偕成社)
  • クルミ森のおはなしシリーズ 2009年(多田治良、ゴブリン書房)
  • 赤い髪のミウ 2010年(平澤朋子、講談社)2011年産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞
  • 波のそこにも 2015年(佐竹三保、偕成社)
  • テーブルがおかのモンスターの日 2016年(デイヴィッド・リュー、平野キャシー、AFCC)

村上勉挿絵作品[編集]

  • けしゴムおばけ(小学館、1977年)
  • まどからきたとびうお(講談社、1978年)
  • ねこにごようじん(ポプラ社、1978年)
  • アミアミ人形の冒険(偕成社、1980年)
  • とらざえもんはまじょのねこ?(小峰書店、1983年)
  • つばきの花のおよめさん(偕成社、1985年)
  • とらざえもんとねずみのかげつかい(小峰書店、1986年)
  • ぼくおばけだぞ(やったぜ!ねこのとらざえもん)(小峰書店、1988年)
  • まいごのかえるちゃん(やったぜ!ねこのとらざえもん)(小峰書店、1988年)
  • けんかだいすき(やったぜ!ねこのとらざえもん)(小峰書店、1988年)
  • きょうはへんな日(ベネッセコーポレーション、1998年)

岡本颯子挿絵作品[編集]

  • おばけのおはるさん(秋書房、1980年3月)(日本標準、2008年)
  • きょうりゅうほねほねくん(きょうりゅうほねほねくんシリーズ、あかね書房、1993年6月)
  • ほねほねくんサーカスにいく(きょうりゅうほねほねくんシリーズ、あかね書房、1994年7月)
  • ほねほねくんスキーにいく(きょうりゅうほねほねくんシリーズ、あかね書房、1995年10月)
  • ほねほねくんの地下めいろ(きょうりゅうほねほねくんシリーズ、あかね書房、1996年12月)
  • ほねほねくんとなぞの手紙(きょうりゅうほねほねくんシリーズ、あかね書房、2002年12月)
  • チップのふしぎなかみひこうき(くいしんぼうチップシリーズ、あかね書房、1999年12月)
  • チップのぼうけんたんじょう日(くいしんぼうチップシリーズ、あかね書房、2001年12月)
  • チップとびっくりおばけやしき(くいしんぼうチップシリーズ、あかね書房、2003年7月)
  • チップとまほうのフラッペ山(くいしんぼうチップシリーズ、あかね書房、2005年2月)
  • チップとなぞのビー玉めいろ(くいしんぼうチップシリーズ、あかね書房、2009年2月)
  • おばけのおはるさんととらねこフニャラ(日本標準、2009年4月)

脚注[編集]

外部リンク[編集]