林木林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 木林(はやし きりん)は、日本の詩人絵本作家作詞家を中心に、絵本童謡作詞など、言葉にまつわる作品を幅広くてがける[1]

来歴[編集]

山口県生まれ。「うにまる」というペンネームで詩の投稿を始め、ユリイカ新鋭詩人、抒情文芸最優秀賞、サンリオ詩とメルヘン特別賞などを受賞。2004年詩のボクシング全国大会優勝。2005年防府市市民栄光賞受賞。2006年詩と思想新人賞受賞。2007年に第1詩集『植星鉢(ぷらねたぷらんた)』出版[2]。2019年に『ひだまり』で第66回産経児童出版文化賞産経新聞社賞受賞。

主な著作[編集]

詩集[編集]

絵本[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『かえうた戦隊 タマゴレンジャー』ISBN 978-4564018640 作者紹介
  2. ^ 『植星鉢(ぷらねたぷらんた)』』ISBN 978-4812016398 作者紹介

外部リンク[編集]