坂本眞一 (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 眞一(さかもと しんいち、1972年7月19日 - )は、日本漫画家大阪府出身。男性

1990年、『キース!!』で週刊少年ジャンプ 第70回ホップ☆ステップ賞に入選。同作でデビュー。写実的で筋骨隆々な男性描写が得意。同期漫画家の野口賢山根和俊と親交が深い。

代表作に『モートゥルコマンドーGUY』、『益荒王』など。2010年、『孤高の人』で第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

2012年2月22日、漫画家のインタビューネット配信番組「漫画元気発動計画」の第8回 - 11回に出演し、ジャンプ時代のことやアシスタント時代のこと、それに『孤高の人』の裏話を語った。

作風[編集]

  • 初期は原哲夫を思わせる筋骨隆々としたキャラクターの格闘ものを描いていた。『孤高の人』からリアル系描写へとタッチを変えた。『イノサン』からは耽美な描写も加えていった。
  • 『孤高の人』では筆ペンにインクを付けて描いていた。
  • 現在ではフルデジタルで製作している。
  • 『孤高の人』では、写植の文字を一部裏返しにして、精神の混乱を表現する手法を考案した。
  • 大胆な比喩表現を使う。
    • 別次元の表現(例:雪崩→トラックの車列、民衆の歓声→津波)
    • 昔の話であっても現在の描写(例:18世紀の仏貴族→現代日本の女子高生)

作品一覧[編集]

漫画
イラスト

師匠[編集]

アシスタント[編集]

出演[編集]

外部リンク[編集]