東直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東 直己
(あづま なおみ)
誕生 (1956-04-12) 1956年4月12日(60歳)
北海道札幌市白石区
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1992年 -
ジャンル ハードボイルド小説
代表作 ススキノ探偵シリーズ・畝原探偵シリーズ・榊原シリーズ
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(2001年)
デビュー作 探偵はバーにいる
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

東 直己(あづま なおみ 1956年 - )は、北海道札幌市白石区[1]出身の日本の小説家探偵を主人公にしたハードボイルド小説を中心に作品を発表している。

来歴・人物[編集]

札幌市立東白石中学校[1]北海道札幌東高等学校卒業、小樽商科大学中退、北海道大学文学部哲学科中退。

大学中退後、土木作業員、ポスター貼り、カラオケ外勤、タウン雑誌編集者など様々な職を転々とした後、1992年、『探偵はバーにいる』で作家デビューした。以後、「俺」を探偵役にしたススキノ探偵シリーズ、探偵畝原シリーズ、榊原シリーズなどの作品を発表し、気鋭のミステリー作家として注目を浴びる。小説エッセイの他、自ら取材のために刑務所に服役して著した異色のルポタージュ『札幌刑務所4泊5日体験記』などがある。札幌市在住であり、同市および北海道を舞台にした作品が多く、北海道のローカル情報番組「のりゆきのトークDE北海道」(uhb)では長年にわたってコメンテーターとしても活躍している。

2001年、『残光』で第54回日本推理作家協会賞を受賞した。

作品[編集]

小説シリーズ[編集]

ススキノ探偵シリーズ[編集]

  • 探偵はバーにいる(1992年5月 早川書房 / 1995年8月 ハヤカワ文庫JA
  • バーにかかってきた電話(1993年1月 早川書房 / 1996年1月 ハヤカワ文庫JA)
  • 消えた少年(1994年10月 早川書房 / 1998年6月 ハヤカワ文庫JA)
  • 向う端にすわった男(1996年9月 ハヤカワ文庫JA)※短編集
    • 収録作品 :「向う端にすわった男」「調子のいい奴」「秋の終わり」「自慢の息子」「消える男」
  • 探偵はひとりぼっち(1998年4月 早川書房 / 2001年11月 ハヤカワ文庫JA)
  • 探偵は吹雪の果てに(2001年12月 早川書房 / 2004年2月 ハヤカワ文庫JA)
  • 駆けてきた少女[2](2004年4月 早川書房 / 2006年10月 ハヤカワ文庫JA)
  • ライト・グッドバイ(2005年12月 早川書房 / 2007年10月 ハヤカワ文庫JA)
  • 探偵、暁に走る(2007年11月 早川書房 / 2010年1月 ハヤカワ文庫JA)
  • 旧友は春に帰る(2009年11月 早川書房 / 2011年8月 ハヤカワ文庫JA)
  • 半端者 -はんぱもん-[3](2011年3月 ハヤカワ文庫JA)
  • 猫は忘れない(2011年9月 早川書房 / 2012年11月 ハヤカワ文庫JA)

榊原健三シリーズ[編集]

探偵・畝原シリーズ[編集]

  • 渇き(1996年12月 勁文社
    • 【改題】待っていた女・ 渇き(1999年12月 ハルキ文庫) ※「待っていた女」追加
  • 流れる砂(1999年11月 角川春樹事務所 / 2002年11月 ハルキ文庫)
  • 悲鳴(2001年1月 角川春樹事務所 / 2004年5月 ハルキ文庫)
  • 熾火(2004年6月 角川春樹事務所 / 2006年5月 ハルキ文庫)
  • 墜落(2006年5月 角川春樹事務所 / 2009年4月 ハルキ文庫)
  • 挑発者(2007年5月 角川春樹事務所 / 2010年5月 ハルキ文庫〈上・下〉)
  • 眩暈(2009年2月 角川春樹事務所 / 2012年2月 ハルキ文庫)
  • 鈴蘭(2010年5月 角川春樹事務所 / 2013年8月 ハルキ文庫)

探偵・法間シリーズ[編集]

  • 逆襲(2001年6月 光文社文庫) ※短編集 表題作のみ法間登場
    • 収録作品 :「春休み」「気楽な女」「人ごろし殺人事件」「本物」「渋多喜村UFO騒動」「守護神」「安売り王を狙え」「逆襲」
  • 古傷(2004年11月 光文社文庫)
  • 探偵法間 ごますり事件簿(2012年7月 光文社)※短編集
    • 【改題】探偵ホウカン事件日誌(2014年12月 光文社文庫)
    • 収録作品 :「ほちわ」「マラソンの夜」「美しい目」「二十個のケーキ」「捨てられなかった」「時カクテル」「アロハ」

ハーフボイルドシリーズ[編集]

  • ススキノ・ハーフボイルド(2003年7月 双葉社 / 2006年1月 双葉文庫 / 2011年11月 双葉文庫〈新装版〉)
  • 後ろ傷(2006年10月 双葉社)
    • 【改題】ボーイズ、ビィ・アンビシャス (2011年12月 双葉文庫)

南支署シリーズ[編集]

  • 誉れあれ 札幌方面中央警察署 南支署(2009年8月 双葉社 / 2012年7月 双葉文庫)
  • 誇りあれ 札幌方面中央警察署 南支署(2011年5月 双葉社 / 2015年8月 双葉文庫)

その他の小説[編集]

  • 沈黙の橋(サイレント・ブリッジ)(1994年4月 幻冬舎 / 2000年2月 ハルキ文庫)
  • ソープ探偵くるみ事件簿(1997年5月 廣済堂文庫
    • 【改題】探偵くるみ嬢の事件簿(2002年6月 光文社文庫
  • 死ねばいなくなる(2001年12月 角川春樹事務所)※短編集
    • 【改題】逢いにきた男(2013年5月 ハルキ文庫)
    • 収録作品 :「困ってる女」「梅雨時雨」「死ねばいなくなる」「路傍の石」「ビデオ・ギャル」「逢いにきた男」
  • ライダー定食(2004年9月 柏艪舎 / 2008年2月 光文社文庫)※短編集
    • 収録作品 :「ライダー定食」「納豆箸牧山鉄斎 」「ペレニウム・ハペリタリア」「炭素の記憶」「一九九三年八月十六日」「間柴慎悟伝」
  • 立ちすくむとき(2004年9月 ハルキ文庫)※24篇からなるショートショート集
  • 義八郎商店街(2005年2月 双葉社 / 2008年12月 双葉文庫)
  • スタンレーの犬(2005年8月 角川春樹事務所)
    • 【改題】名もなき旅(2008年5月 ハルキ文庫)
  • 英雄先生(2005年12月 角川書店 / 2010年2月 ハルキ文庫)
  • 抹殺(2007年5月 光文社 / 2010年5月 光文社文庫)
  • 立ち向かう者たち(2009年6月 光文社 / 2011年12月 光文社文庫)※短編集
    • 収録作品 :「立ち向かう者」「作り話」「悪酔い男」「重り」「疑惑」「責任」「ケンシの人」
  • 坂口安吾盗難事件&坂口安吾作品集(2011年2月 柏艪舎)
    • 収録作品 :「投手殺人事件」「心霊殺人事件」「正午の殺人事件」「南京虫殺人事件」「能面の秘密」「アンゴウ」以上 坂口安吾 / 「坂口安吾盗難事件」東直己

アンソロジー[編集]

「」内が東直己の作品

  • 男たちの長い旅(2004年1月 トクマノベルス / 2006年1月 徳間文庫)「Bar Osamu」
  • 事件を追いかけろ(2004年12月 カッパノベルス)「立ち向かう者」
  • utage・宴 北の作家書き下ろしアンソロジーvol.1(2008年9月 柏艪舎 )「京都の宿」
  • 私の風景(2009年4月 柏艪舎)「都会の夜」
  • utage・宴 北の作家書き下ろしアンソロジーvol.2(2010年10月 柏艪舎)「満月と街と白い猫の店」
  • 誇り (2010年11月 双葉社)「猫バスの先生」
  • サイドストーリーズ(2015年3月 角川文庫)「街で立ち止まるとき[6]

エッセイ・その他[編集]

  • 札幌刑務所4泊5日体験記(1994年9月 扶桑社ミステリー文庫 / 2004年6月 光文社文庫)
  • 自衛隊 おとなの幼稚園(1996年3月 三一書房
  • すすきのバトルロイヤル(2000年3月 北海道新聞社
  • ススキノハードボイルドナイト(2001年4月 寿郎社)
  • 酔っ払いは二度ベルを鳴らす(2005年6月 光文社文庫)[7]
  • さらば愛しき女と男よ ススキノエッセイ(2006年1月 光文社文庫 )[8]
  • 札幌 深夜プラス1(2006年10月 光文社文庫)[9]
  • ミステリーの書き方(2010年11月 幻冬舎)

雑誌連載中、掲載作品[編集]

  • 「街角」「秋の終り」(2011年9月 早川書房 ミステリマガジン10月号)
  • 「南支署3」(2012年8月 双葉社 小説推理10月号~)※南支署シリーズ
  • 「ゴマ擂り命 法間謙一」(2012年7月 光文社 小説宝石8月号)※エッセイ
  • 「拉致」(2012年12月 宝石 ザ ミステリー2)※抹殺 2
  • 「庶務係」(2013年2月 光文社 小説宝石3月号)※抹殺 2

映像化作品[編集]

脚注欄[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『熱弁三十年 白石区中学生の主張発表会30周年記念誌』、白石区ふるさと会、2000年3月
  2. ^ 本作と畝原シリーズ 熾火、ハーフボイルドシリーズ ススキノ・ハーフボイルドの3冊で完結するひとつの物語となっている。
  3. ^ 俺(便利屋)の大学生時代を描くエピソード0的作品
  4. ^ 俺、高田、松尾、桐原の登場するオールスターキャスト出演作品
  5. ^ 上記の人物の他、畝原も登場
  6. ^ ススキノ探偵シリーズ番外編
  7. ^ 「すすきのバトルロイヤル」と「ススキノハードボイルナイト」を再編集
  8. ^ 「すすきのバトルロイヤル」と「ススキノハードボイルナイト」を再編集
  9. ^ 「すすきのバトルロイヤル」と「ススキノハードボイルナイト」を再編集