近藤信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 信行(こんどう のぶゆき、1931年3月11日 - )は、日本の評論家。著作は登山関連の評論を軸としている。

来歴・人物[編集]

東京生まれ。早稲田大学仏文科卒、同大学院修士課程修了。中央公論社で『中央公論』『婦人公論』などの編集に携わった後、1969年、文芸雑誌『』を創刊する。翌年まで編集長を務め、1973-1976年再度編集長になったあと、退社。1978年『小島烏水 山の風流使者伝』で大佛次郎賞を受賞した。山梨県立文学館館長を2013年3月まで務めた。

著書[編集]

  • 『小島烏水 山の風流使者伝』創文社, 1978/平凡社ライブラリー(上下), 2012-2014
  • 『登山入門』岩波ジュニア新書 1982
  • 谷崎潤一郎 東京地図』教育出版〈江戸東京ライブラリー〉, 1998
  • 『炎の記憶 一九四五・空襲・狂気の果て』新潮社, 2005
  • 深田久彌 その山と文学』平凡社, 2011
  • 『安曇野のナチュラリスト 田淵行男』山と渓谷社、2015

編纂[編集]

  • 小島烏水全集』〈全14巻別巻1〉 大修館書店, 1979-1987
  • 『日本の山の名著・総解説』 自由国民社, 1985
  • 大下藤次郎 紀行文集』 美術出版社, 1986
  • 小島烏水『日本アルプス 山岳紀行文集』 岩波文庫, 1992
  • 田部重治『新編 山と溪谷』 岩波文庫, 1993
  • 『震災復興大東京絵はがき』 岩波書店〈ビジュアルブック江戸東京〉, 1993
  • 『日本風景論』 志賀重昂 岩波文庫, 1995
  • 『山の旅 明治・大正篇』、『山の旅 大正・昭和篇』 岩波文庫, 2003
  • 『山の名著 明治・大正・昭和戦前編』 自由国民社, 2009
  • 奥野信太郎 『荷風文学みちしるべ』 岩波現代文庫, 2011
  • 『山と溪谷 田部重治選集』 山と溪谷社・ヤマケイ文庫, 2011

翻訳[編集]

  • エリック・ニュービイ『世界登攀史 偉大な登頂とその試み』草思社, 1981

参考[編集]

  • 『文藝年鑑』2008
  • 『中央公論社の50年』