鈴木貴久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 貴久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道旭川市
生年月日 (1963-11-20) 1963年11月20日
没年月日 (2004-05-17) 2004年5月17日(40歳没)
身長
体重
175 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 ドラフト5位
初出場 1986年5月4日
最終出場 2000年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大阪近鉄バファローズ (2001 - 2004)

鈴木 貴久(すずき たかひさ、1963年11月20日 - 2004年5月17日)は、北海道旭川市出身のプロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

高校2年時の1980年に開催された第62回全国高等学校野球選手権大会において、北北海道代表・旭川大学高校の一員として出場。同校は北北海道代表校として初めて2勝を挙げた。高校卒業後、社会人野球電電北海道を経て、1984年のプロ野球ドラフト会議にて5位で指名した近鉄バファローズに入団した。

1987年から4年連続20本塁打以上を打つ強打者として名を馳せ、出身地から「北海の荒熊」の愛称で親しまれた。打席ではファンから「道産子パワーだ、タ・カ・ヒ・サ」と応援された。

1988年10月19日川崎球場で行われたロッテオリオンズとのダブルヘッダーでは、第1試合の9回表二死二塁の場面で二塁走者として梨田昌孝適時打でホームインし、決勝点となる得点を挙げた(第2試合に引き分け優勝は逃した)。(→10.19

2000年引退したあとも二軍打撃コーチとして近鉄に留まり、若手選手の育成に努めた。だが2004年5月17日未明、急性気管支炎のため40歳の若さで急逝。前日には早退こそしたものの、球場に顔を出し、愛犬の散歩もしていた。告別式の出棺の際には、同い年で共に近鉄でプレーした金村義明が号泣していたという。

選手としての特徴・人物[編集]

現役時代の外野守備は、怪我を恐れないプレースタイルだった。客席に飛び込むことやフェンスにぶつかることも恐れなかった。近鉄の9年ぶりのリーグ優勝が懸かった1989年10月14日福岡ダイエーホークス戦では9回表、フェンスに激突しながらも打球を好捕し、大喝采を浴びた。1987年のシーズンオフに放送された『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』(フジテレビ)に出演した際には、自分のプレーが映し出された後「(ボールを追うのに夢中で)フェンスは見えていない。気が付いたらフェンスの向こう側に行っていた」と語り、審査員だった土橋正幸から「(今では)珍しいプレー。飛び込めと言われてもなかなか飛び込めない。素晴らしい」と賛辞を受けていた。

開幕戦に強く、本塁打を1990年1996年1997年に打っている。このうち1997年は大阪ドーム(現:京セラドーム大阪)公式戦初本塁打であり、そのボールが入った箇所には記念プレートが付けられている。また、1989年の日本シリーズでも第1戦に斎藤雅樹読売ジャイアンツ)から本塁打を打っている。

1986年7月13日1999年9月11日と2度にわたって工藤公康ノーヒットノーランを阻止している(前者は9回、後者は8回)。

コーチ時代は、当時二軍でくすぶっていた大西宏明の打撃センスをいち早く有望視し、熱心に指導をした。大西は鈴木の死後も鈴木を最大の師と仰いでいる。2007年、鈴木の命日である5月17日のオリックス・バファローズ福岡ソフトバンクホークス戦で大西が同点2点適時打を打った際には、大西は「鈴木さんが打たせてくれた」と語っている。

近鉄時代、当時活躍してとんがっていた村上隆行(プロでは1年先輩だが年齢は2つ下)に対し、「人間、いい時ばかりではない。そんなことでは人は離れていくぞ。」と諭した。このことは村上の人間形成に大きな影響を与えている。

ゴルフはシングル級で、スキーは指導員レベルだった(日刊スポーツのプロ野球選手写真名鑑より)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 近鉄 63 135 127 13 30 3 0 9 60 15 0 0 1 0 7 0 0 27 2 .236 .276 .472 .749
1987 119 487 450 46 118 21 0 21 202 54 4 4 3 3 25 4 6 89 11 .262 .308 .449 .757
1988 123 428 378 41 93 11 1 20 166 54 1 0 7 6 34 2 3 71 13 .246 .309 .439 .748
1989 118 452 412 50 118 15 1 20 195 57 1 3 1 3 32 1 4 64 6 .286 .341 .473 .815
1990 122 480 422 65 114 21 0 22 201 71 4 1 10 3 40 1 5 59 11 .270 .338 .476 .815
1991 127 495 431 50 116 20 2 18 194 63 2 1 1 3 55 2 5 75 10 .269 .356 .450 .806
1992 61 195 167 16 31 6 0 9 64 26 3 1 1 2 22 1 3 42 5 .186 .289 .383 .672
1993 86 304 276 28 58 9 0 10 97 37 0 1 1 2 24 0 1 45 8 .210 .274 .351 .625
1994 120 483 430 56 113 21 0 19 191 73 1 0 0 2 47 0 4 74 12 .263 .340 .444 .784
1995 123 481 423 35 107 12 0 16 167 50 1 0 5 2 45 1 6 69 11 .253 .332 .395 .727
1996 122 488 426 45 114 21 1 9 164 50 3 4 5 5 47 2 5 76 11 .268 .344 .385 .729
1997 125 489 436 45 114 18 3 10 168 53 9 4 7 2 42 1 2 67 10 .261 .328 .385 .713
1998 108 307 278 23 76 16 0 5 107 36 4 0 2 4 21 0 2 38 8 .273 .325 .385 .709
1999 73 113 101 6 22 2 0 4 36 16 0 0 1 1 8 1 2 10 7 .218 .286 .356 .642
2000 11 20 20 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 6 1 .100 .100 .100 .200
通算:15年 1501 5357 4777 520 1226 196 8 192 2014 657 33 19 45 38 449 16 48 812 126 .257 .324 .422 .746

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1991年6月25日、対福岡ダイエーホークス10回戦(平和台球場)、6回表に杉本正から左越ソロ ※史上165人目
  • 150本塁打:1995年5月13日、対オリックス・ブルーウェーブ6回戦(藤井寺球場)、3回裏に星野伸之から左越同点2ラン ※史上100人目
  • 1000試合出場:1995年7月2日、対福岡ダイエーホークス16回戦(藤井寺球場)、4番・右翼手として先発出場 ※史上325人目
  • 1000本安打:1996年9月17日、対千葉ロッテマリーンズ19回戦(藤井寺球場)、8回裏に成本年秀から左前安打 ※史上184人目
  • 1500試合出場:2000年4月16日、対西武ライオンズ2回戦(大阪ドーム)、5番・左翼手として先発出場 ※史上128人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 44 (1985年 - 1989年)
  • 2 (1990年 - 2000年)
  • 72 (2001年 - 2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]