お笑い第四世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お笑い第四世代(おわらいだいよんせだい)とは、1990年代前半から20代前半で台頭してきた若手お笑い芸人と、彼らと同世代ながら2000年代以降で30代に遅咲きでブレークしたお笑い芸人を総称した俗称。

概要[編集]

年号が平成となった1989年以降に結成された芸人が第四世代とされているが、厳密な定義はない。

「ミドル世代」[1]と呼ばれることもある。また、放送作家の小笠原英樹は「ゴールデンエイジ」と称している[2]

ホンジャマカさまぁ〜ず爆笑問題月亭方正松村邦洋森脇健児第三世代と第四世代の狭間の世代である[3]

FUJIWARAバッファロー吾郎極楽とんぼナインティナインキャイ〜ンネプチューンくりぃむしちゅーココリコよゐこオアシズロンドンブーツ1号2号など『吉本印天然素材』、『新しい波』、『めちゃ2イケてるッ!』、『進め!電波少年』、『ボキャブラ天国』世代及び同世代の芸人が第四世代と呼ばれている[4]

M-1グランプリ』、『R-1ぐらんぷり』、『キングオブコント』、『THE MANZAI』、『人志松本のすべらない話』など大会でブレイクした芸人も多い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年6月号「日経エンタテインメント!」
  2. ^ 2008年4月号「日経エンタテインメント!」
  3. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “さまぁ~ず語る平成のお笑い ネタより個人の力で勝負|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2019年5月20日閲覧。
  4. ^ 千原兄弟、FUJIWARA、極楽とんぼ…なにかと“もめ事”が多い平成元年結成コンビ” (日本語). リアルライブ. 2019年5月20日閲覧。

テンプレート[編集]