中尊寺ゆつこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中尊寺 ゆつこ
本名 小林 幸子
藤原 幸子(旧姓)
生誕 1962年昭和37年)5月28日
神奈川県横浜市磯子区
死没 (2005-01-31) 2005年1月31日(42歳没)
神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1987年 - 2005年
ジャンル 漫画
代表作 『スイートスポット』
テンプレートを表示

中尊寺 ゆつこ(ちゅうそんじ ゆつこ、1962年5月28日 - 2005年1月31日)は、日本漫画家である。1990年代を中心に活躍し、「オヤジギャル」などの流行語を生んだ。

本名:小林 幸子(こばやし ゆきこ)、旧姓:藤原(ふじわら)。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

神奈川県横浜市出身[1]小学生の頃、漫画が上手い少女としてテレビ出演後、14歳まで少女モデルとして活動した[1]。所属していたモデルクラブは、芳村真理などを輩出した老舗クラブであった。

港南台高等学校在学から大学在学時にかけては女性ロック歌手、ケイト・ブッシュの日本でのファンクラブ会長を務め、会報の編集・発行を行っていた。大学受験では1年間浪人し、横浜YMCA予備校にて難関向けクラスのP1クラスに在籍していた。駒澤大学法学部政治学科卒業。

音楽活動[編集]

大学在籍中音楽バンド『ロシアバレエ団』を結成して音楽活動を行い、1984年昭和59年)12月にはナーチャンレコードから自主制作でソノシートのレコード「移動の民/青春は二度とやってこない」を、1986年(昭和61年)にはインディーズレーベル「ナゴムレコード」から、シングル「シンクーム」をリリースした。バレリーナ風のチュチュを着て踊りながら、音程の外れた声で歌うコミックバンド色の強いユニットだった。学生バンドだったため、大学卒業後は解散状態になってしまい、打ち込みの電子音楽を始めることを決意した。

漫画家[編集]

大学卒業後、就職活動はせず1987年(昭和62年)、『週刊漫画アクション』と『ビジネス・ジャンプ』の新人賞に応募して入選し[1](その時の佳作の同期が臼井儀人)、その後は漫画家として活動するようになった。1989年平成元年)、OLを題材にした漫画『スイートスポット』を『SPA!』(扶桑社)で連載開始。同作で描かれた「オヤジギャル」は、当時の女性の「オヤジ化」現象を表した新語として話題になり、1990年平成2年)の新語・流行語大賞新語部門・銅賞を受賞した。

1993年(平成5年)からは、アメリカニューヨークに居住した。その前後から文法書を中心に学習して、苦労して英語を習得。漫画によるアフリカ各国やアメリカのルポも手がけ、政治学科卒の知識を生かした社会派的側面と、ライフスタイルへの詳細な観察眼を併せ持った新しい境地を開拓した。

1995年(平成7年)に帰国後も漫画や時事風刺エッセイ、テレビのコメンテーターなどとして活動した。

2004年(平成16年)5月には在アトランタ日本総領事の招きでアメリカを訪問し、元大統領のジミー・カーターと会見したほか、日本の漫画についての英語による講演を大学で行った。 同年夏ごろからS状結腸癌を患い、執筆活動などをこなしながら闘病を続けていたが、2005年(平成17年)1月31日横浜市内の病院で死去。

ペンネーム[編集]

自分が描いた作品に本名を書くと歌手の小林幸子と混同され、間違われやすいためにペンネームを名乗ったとされるが事実ではない。中尊寺の結婚前の旧姓は、藤原(ふじわら)であり、デビューは結婚前のことである。

『中尊寺ゆつこ』のペンネームは、(奥州)藤原氏岩手県平泉中尊寺、の連想でつけた。個人事務所の名称も、中尊寺金色堂からとって、金色堂とされた。

ゆつこは、ゆきこが変じたもので、小さい頃からのニックネームであった。なお、「ゆつこ」であって促音(ゆっこ)ではなく、「Yutsuko Chusonji」という欧字表記がしばしば併記されていた。

私生活[編集]

夫は音楽ジャーナリスト小林雅明。長女と長男がいる[2]。中尊寺の死後には、彼女の母親と夫との間で、遺産にまつわる裁判が行なわれ、夫側が勝訴した。実母の藤原七生は、その後雑誌で手記を発表した[3]。実父は建築家[4]

作品[編集]

漫画[編集]

  • 『お嬢だん』双葉社 1989-94 のち文庫 
  • 『新・お嬢だん』双葉社 のち文庫
  • 『スイートスポット OLゴルフ説教』扶桑社 1989-92 のち文庫 
  • アメリカンネイバーズ
  • 『プリンセス in Tokyo』マガジンハウス、1989 
  • 『お嬢品経済学』マガジンハウス 1991
  • 『ブレス』ダイヤモンド社、1993 
  • 『ワイルドQ』マガジンハウス、1996 
  • 『マダム陰アンド陽』主婦と生活社、1997 
  • 『うらわか姫』双葉社、1999 
  • ハマのメリーJ(ぶらいじ)さん
  • 『ハマのメリーJさん 中尊寺ゆつこファンキー名作徹底解剖 完全版』ハマJ研究会編 ブルース・インターアクションズ 2010

著作[編集]

  • 『中尊寺ゆつこのスイートゴルフ』マガジンハウス 1991
  • 『自分改造主義』角川書店 1992
  • 『ヨノナカ関係論』朝日新聞社 1992
  • 『ニューヨークネイバーズ』アスペクトセレクション 1995 
  • 『ウィ・アー・ジャパニーズ』毎日新聞社、1995 
  • 『ちょっとあなたはめだちすぎ』アスキー 1998
  • 『ていうか経済ってムズカシイじゃないですか』日本経済新聞社 2001
  • 『アフリカンネイバーズ』木楽舎 2002
  • 『セレブ列伝』廣済堂出版 2002
  • 『新ニューヨークネイバーズ セレブに会えるアメリカ・ガイド』講談社 2005
  • 『やっぱり英語をしゃべりたい! 英語負け組からの華麗なる脱出法』祥伝社 2005 のちちくま文庫 

脚注[編集]

  1. ^ a b c 長谷邦夫『ニッポン漫画家名鑑―漫画家500人のデータブック』データハウス、1994年、220 - 221頁
  2. ^ マンガ家の中尊寺ゆつこさんが死去ナリナリドットコム、2005/01/31
  3. ^ 娘・中尊寺ゆつこを送って5年、いまだ消えない深い傷 婦人公論、2010年3月7日号
  4. ^ NY EXITエピソード6ゲスト紹介So-net Channel 749、2004