高信太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高 信太郎(こう しんたろう、1944年9月19日[1] - )は、日本漫画家芸能評論家タレント愛知県蒲郡市出身[1]。本名は高橋信夫[1]血液型B型[1]

公認候補者として所属した自由連合では文化局長を務めた。

人物[編集]

1944年、左官の家に生まれる。県立蒲郡高校在学中の1962年兎月書房より貸本単行本『ゆり子の窓から』で漫画家デビュー[1]。当時のペンネームは高原信也だった[1]。卒業後は家業を継ぐ意志が無かったことから、上京し印刷会社へ勤務。後にあすなひろしアシスタントも務めた[2]

ナンセンス系の作品を執筆し、1980年前後にはマニア層からの強い支持を得る。

その一方で、演芸に対する造詣の深さを買われてテレビバラエティ番組にアドバイザーとして関わり、自身もコメンテーターとして出演する機会が多かった。著書『ビートたけしの賞味期限』にあるとおり、初期のビートたけしのブレイン役だったが、のち、たけしに切り捨てられた。

芸能人との個人的つきあいも多いが、小林信彦の「天才伝説 横山やすし」では、やすしの滞在先ホテルに居合わせた高の酔態が(小林が酔っ払いを嫌うこともあり)手厳しい描写で書かれている。やすしにただ酒をせびる酔っぱらいとして描かれていたが、実際の高は、酒席の勘定はすべて自分で持つ金払いの良い人物であった。主宰していた野球チーム「ハイボーズ」(無名時代の伊集院静、ビートたけしが在籍)の打ち上げもすべて高のおごりだった。

また、韓国文化に興味を抱き、韓国に関する著書も多数刊行している。

1998年第18回参議院議員通常選挙において自由連合公認で東京都選挙区より出馬するが、定数4に対し第10位で落選。2000年第42回衆議院議員総選挙においても、東京都第3区より出馬するものの定数1に対して第7位で落選している。以後も自由連合のサイト上で1コマ4コマ漫画を掲載していた。

だが、徳田毅自民党入党に伴い自由連合が政党要件を失ったのに前後して、綿貫民輔亀井静香郵政民営化法案に反対し自民党を離党した議員が結成した国民新党へ移籍。現在は、国民新党のサイト上で4コマ「ふざけるな! 喝!」を不定期掲載している[3]

作風[編集]

4コマ漫画及び数ページ程度のギャグ漫画作品が大部分を占める。長編・大作の類いはない。

作風としては駄洒落パロディが中心で、特に駄洒落には異常なまでにこだわりがあり、ほとんどのすべて作品が駄洒落でできている、と言える程。

博識で、特にSFに造詣が深くパロディ作品も多い。例えば『スター・ウォーズ』のパロディに「ゲターウォーズ」(下駄の国にクーツ・ベーラーを先頭に靴の国が侵略する)や「アホのヨーダはかく語りき」(アホースの使い手である老師ヨーダがその使い方について弟子のルーク・スカイアホカーに語る)などがある。また、特に若い読者層には理解が困難と思われる日本の古典芸能(特に落語)などもよくネタにする。

1980年に刊行された『幻想の明治』は、唯一の非ギャグ作品集で、明治に起った不思議なできごとをそのまま漫画にした異色作である。

師匠[編集]

著作[編集]

  • 怪人二重面相(1972年)青林堂
  • 日本チャンバラ伝(1976年)青林堂
  • 元禄大変記(1977年)奇想天外社
  • 漫画日本むつかし話(1979年)奇想天外社
  • ぜんぶ冗談(1979年)立風書房
  • ヨッ!夢先案内人(1979年)立風書房
  • 幻想の明治(1980年)けいせい出版
  • 起承転外(1982年)奇想天外社
  • 高信のクソップ物語(1982年)立風書房
  • そして誰も見なくなった(1982年)三一書房
  • 頭痛にコーシン(1987年)青林堂
  • イヤー・優勝だ!オブ・ザ・中日ドラゴンズ 高信太郎,横田順弥共著(1988年)大陸書房
  • コーシンの風雲芸人帳(1988年)たる出版
  • 高信太郎のまんがドラゴンズ倶楽部(1989年)名古屋テレビ
  • 超日本むつかし話(1992年)講談社
  • おもろい韓国人(1994年)こーりん社
  • もっとおもろい韓国人(1995年)こーりん社
  • まんがハングル入門(1995年)光文社
  • ビートたけしの賞味期限(1996年)恒友出版
  • マンガで韓国語がしゃべれる(1997年)光文社
  • マンガ傑作落語大全 ウソとマコトの巻(1998年)講談社
  • マンガ傑作落語大全 イキとヤボの巻 (1998年)講談社
  • とっさのひとこと韓国語(1998年)光文社
  • まんが中国語入門(1999年)光文社
  • 誰も言わなかった韓国人のホンネの裏側(2002年)青春出版社
  • 超簡単まんがハングル(2002年)光文社
  • マンガ落語大全まずはここから(2003年)講談社
  • マンガ落語大全笑う門には福きたる(2003年)講談社
  • ひっそり始める「禁煙」実践ガイド(2003年)角川書店
  • 超簡単まんが中国語(2003年)光文社
  • まんが漢字でハングル(2004年)光文社
  • マンガちょっとHな江戸の小噺200(2004年)講談社
  • マンガよりぬき江戸川柳(2005年)講談社
  • 3日で丸覚え!マンガ「百人一首」(2006年)講談社
  • マンガ落語大全横町の事情(2007年)講談社
  • マンガ落語大全鰻の幇間(2009年)講談社

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『ニッポン漫画家名鑑』P136 長谷邦夫 データハウス
  2. ^ 『劇画狂時代 ―「ヤングコミック」の神話』 岡崎英生 飛鳥新社
  3. ^ なお、国民新党の結成直後にサイト上で公表された3本の4コマ(現在は「過去の4コマ」として掲載)は高の作品ではない(作者不明)。

関連項目[編集]

  • ビートたけし - 高は1980年代前半までたけしと交友関係に有り、ブレーンも務めていたが高田文夫にその地位を奪われる。その経緯を書いた『ビートたけしの賞味期限』というたけしに対する愛憎入り混じった著書も発表している。
  • 大瀧詠一 - 交友があり、70年代に連載のネタにしたり、アルバムLET'S ONDO AGAINのジャケット(一部)を描いている。
  • 怨獄紅』 - 高と交友関係にあった上村一夫の連作漫画作品。その中の1話に「高信太郎」という題名の短編があり、高も登場している。

外部リンク[編集]