平松禎史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひらまつ ただし
平松 禎史
本名 平松 禎史
生年月日 (1963-03-17) 1963年3月17日(54歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県豊川市
民族 日本人
職業 アニメーター
アニメーション演出家
ジャンル アニメ演出
活動期間 1988年 -
事務所 株式会社カラー
主な作品
彼氏彼女の事情』(キャラクターデザイン·総作画監督)
アベノ橋魔法☆商店街』(キャラクターデザイン·作画監督)
Re:キューティーハニー』(キャラクターデザイン·作画監督)
寄生獣 セイの格率』(キャラクターデザイン·作画監督)

平松 禎史(ひらまつ ただし、1963年3月17日 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナーイラストレーターアニメ演出家愛知県豊川市出身。2016年現在はフリーランス[1]

経歴[編集]

サラリーマン生活を経て、アニメ作画プロダクションの中村プロダクションに入社、1987年に『ミスター味っ子』で原画デビュー、1990年には『ミスター味っ子』で知り合った加瀬政広が、アニメアールから独立し主宰したフリー作画スタジオ「スタジオかあたん」に宮崎なぎさらと参加し、ガイナックスの『ふしぎの海のナディア』で初作画監督を務めた。

キャラクターデザインとなった1998年の『彼氏彼女の事情』は、1990年代最大のヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督の次回作ということもあり注目度も高く、アニメ雑誌アニメージュ』1999年4月号で「カレカノを支えたふたり」として平松にスポットライトを当てた記事が掲載されるなど、平松の認知を高める仕事となった。ガイナックス作品を中心にフリーで活動する。

大のクラシック好きであり、『フリクリ』の「マルラバ」では選曲をしている。可愛い女の子を描くのが趣味で、同作のキャラクター「ニナモリ」は服装や髪型の設定を毎回変えている。

近年は政治的な意見を述べることも多く、自身のブログTwitterでも財政出動新自由主義大阪都構想に関してなど、三橋貴明藤井聡に対して賛意を示している。三橋に関しては倉山満との民事訴訟にも言及し、倉山およびその周辺の言論活動に対して懐疑的な立場を表明している。大阪都構想に対しては否定的な見解を示しているが、野党が対案した調整会議(大阪会議)や総合区に対しては、特に見解がなく触れていない。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

著書[編集]

  • 平松禎史 アニメーション画集(2016、スタイル)

脚注[編集]

  1. ^ 平松禎史著『平松禎史 アニメーション画集』スタイル、2016年、231p。
  2. ^ Re:キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]