鶴巻和哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つるまき かずや
鶴巻 和哉
本名 鶴巻和哉
生年月日 (1966-02-02) 1966年2月2日(55歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県五泉市
民族 日本人
職業 アニメーター
アニメーション演出家
ジャンル アニメ演出
活動期間 1985年 -
主な作品
新世紀エヴァンゲリオン
フリクリ
トップをねらえ2!
龍の歯医者
ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ
テンプレートを表示

鶴巻 和哉(つるまき かずや、1966年2月2日 - )は、日本アニメーション監督アニメーター株式会社カラー取締役新潟県五泉市出身。

概要[編集]

幼少期から漫画やアニメを愛好する。高校卒業後、完全歩合制のアニメーターなら1円も稼げないことはないだろうとの考えで東京の専門学校に入学[1]。専門学校卒業後、摩砂雪の絵柄に憧れてスタジオジャイアンツに入社(実際は入れ違いになる)。高橋ナオヒトに師事したのち、鈴木俊二からのガイナックス作品参加を社長の角谷哲生により断られたことから同社を退社し、学生時代からファンだったガイナックスに移る[1][2]

ふしぎの海のナディア』がガイナックス初参加作品。『新世紀エヴァンゲリオン』の監督庵野秀明からその素質を見込まれて、同作品の副監督を摩砂雪と共に担当し、数々の役職をこなした。2000年には初監督作品の『フリクリ』、2004年には『トップをねらえ2!』を監督している。

2006年より、庵野秀明の誘いを受ける形でカラーに移籍した。現在は、カラーの取締役を務める[3]。『フリクリ』で登場するベスパは、自身の愛車。アイドル好き、メガネっ娘好きで知られる。愛称はマッキー。細田守のファンであることを公言している。エヴァンゲリオンのキャラクターではアスカ派であると度々公言している。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

WEBアニメ[編集]

  • 日本アニメ(ーター)見本市 (2014年 - )企画立案協力
    • 「龍の歯医者」(2014年) アニメーション監督、絵コンテ、原画
    • 「I can Friday by day!」(2015年) 監督、絵コンテ

劇場作品[編集]

ゲーム[編集]

小説[編集]

その他[編集]

出演[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • BS1スペシャル「さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜」(2021年4月29日、NHK BSP[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 好きなアニメーションをつくり続ける|公益社団法人 日本建築家協会 関東甲信越支部” (日本語). 公益社団法人 日本建築家協会 関東甲信越支部. 2021年4月7日閲覧。
  2. ^ 小黒祐一郎「第30回 鶴巻和哉」『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001』飛鳥新社、2006年11月2日、ISBN 4-87031-758-3、497-498頁。
  3. ^ 氷川竜介「スタジオカラーがめざすもの」『月刊ニュータイプ』27巻10号、角川書店2011年5月10日、19頁。
  4. ^ 鶴巻和哉が語る『トップをねらえ2!』秘話WEBアニメスタイル 2006年9月21日
  5. ^ さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜”. NHK (2021年4月16日). 2021年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。

関連項目[編集]