乱暴と待機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
乱暴と待機
作者 本谷有希子
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
初出 せりふの時代小学館) vol.38(2005年冬号)
初演 2005年4月、新宿シアターモリエール
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

乱暴と待機』(らんぼうとたいき)は、劇作家本谷有希子による戯曲。本谷主宰の劇団「劇団、本谷有希子」の第9回公演として、本谷の演出で2005年4月に初演された。

本谷自身により小説化され、2008年2月メディアファクトリーより刊行された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

公演詳細[編集]

劇団、本谷有希子」の第9回公演として上演された。また、公演の模様を収録したDVDが2005年12月2日に発売された[1]

小説版[編集]

乱暴と待機
著者 本谷有希子
イラスト 鶴巻和哉
発行日 2008年2月29日
発行元 メディアファクトリー
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
公式サイト mediafactory.jp
コード ISBN 978-4-8401-2176-7
ISBN 978-4-8401-3499-6文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ソフトカバーの単行本の形で2008年2月27日に刊行された。2010年8月25日MF文庫ダ・ヴィンチより文庫化されている。

2010年10月に映画化された。

書誌情報[編集]

映画版[編集]

乱暴と待機
監督 冨永昌敬
脚本 冨永昌敬
原作 本谷有希子
出演者 浅野忠信
美波
小池栄子
山田孝之
音楽 大谷能生
主題歌 相対性理論と大谷能生
乱暴と待機
撮影 月永雄太
編集 冨永昌敬
制作会社 メディアファクトリー
パレード
製作会社 『乱暴と待機』製作委員会
配給 メディアファクトリー
ショウゲート
公開 日本の旗 2010年10月9日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年10月9日テアトル新宿ほか全国にて公開。PG-12指定。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

原作との違い[編集]

  • 登場人物の設定が異なる。
    • 山根が犬の殺処分の仕事をしている設定がない。
    • 番上が山根の同僚ではなく、無職で山根と面識がない。
    • 根拠のない上昇志向の持ち主である番上のキャラクターがグータラなヒモ男に。
    • あずさと番上が恋人関係でなく夫婦に(あずさの名字が金森から番上に)。
    • あずさが妊娠中である。
    • あずさが派遣のOLではなく水商売をしている。
  • あずさと番上が夫婦として山根と奈々瀬の家の近くに越してくるところからストーリーが始まる。
  • 奈々瀬が山根を喜ばせるためのネタ作りをしているエピソードがなく、代わりに写経をしている。
  • 番上が殺処分の仕事に起因する悪夢にうなされているエピソードが排除されており、そのため奈々瀬を口説く理由が異なる。
  • 番上と奈々瀬のセックスを山根が覗き見していたことが露呈した後の展開が異なる。あずさと番上が離婚し、その後、奈々瀬が番上と暮らしている家に山根が現れ、そこで山根の両親の死の真相が明らかにされる。その後は小説版通りの結末。
  • 全体的にコミカルな部分が強調されている。

関連商品[編集]

DVD[編集]

2011年5月11日に通常版と初回限定版の2種類が発売された。販売元はキングレコード

  • 通常版
    • 通常トールケース、ブックレット封入
    • 特典映像:予告編、TV CM
  • 初回限定版
    • 封入特典:ブックレット、外箱ケース付き・デジパック仕様、スゴロク「ゲーム人生」
    • 映像特典:「ReMIX of 乱暴と待機」(メイキング映像、監督&キャストインタビュー)、初日舞台挨拶、予告編、TV CM

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]