スタジオジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有限会社スタジオジャイアンツ
種類 特例有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
176-0011
東京都練馬区豊玉上2丁目5番7号
三田桜台ソレイユ103号
北緯35度44分17.9秒 東経139度39分56.6秒 / 北緯35.738306度 東経139.665722度 / 35.738306; 139.665722座標: 北緯35度44分17.9秒 東経139度39分56.6秒 / 北緯35.738306度 東経139.665722度 / 35.738306; 139.665722
本店所在地 176-0003
東京都練馬区羽沢2丁目9番8号
設立 1979年6月24日(創業は1975年
業種 情報・通信業
法人番号 3011602005481 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーション制作、作画、動画仕上げ、撮影、CG
代表者 破産管財人 甲村文亮[1]
関係する人物 角谷哲生(創業者)
角谷浩(前社長)
外部リンク 公式サイト - ウェイバックマシン(2022年3月3日アーカイブ分)
特記事項:2022年2月2日破産手続開始決定。
テンプレートを表示

有限会社スタジオジャイアンツは、かつて存在した日本アニメ制作会社

概要[編集]

1975年創業。創業者の角谷哲生は、古沢日出夫が創業した日動新プロ出身のアニメーターである。日動新プロは東映動画系のスタジオで、角谷は木村圭市郎の指導下で『ゲゲゲの鬼太郎』『あかねちゃん』など東映動画作品の原画・動画を担当し、経験を積んだ。そして、1979年に安東信悦らと作画作業を行なうスタジオとしてスタジオジャイアンツを設立した。

2000年にはCG部門としてStudio GAOHを立ち上げ、CG作品にも対応するようになった(5年前より動画、CG部門は休止している)。

2021年8月31日をもって映像制作事業部を解体し、アニメーション制作事業から撤退するのと同時に活動停止に陥る。

活動停止の後、2022年2月2日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた[1]

作品履歴[編集]

グロス請け[編集]

脚注[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]